日本工業大学/基幹工学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

にっぽんこうぎょう

日本工業大学

私立大学 埼玉県

基幹工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

機械工学科(200名)
電気電子通信工学科(170名)
応用化学科(80名)

所在地

1~4年:埼玉

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●先人の技術を継承し、進化する工学、電気、化学の技術を実践的に学ぶ
●豊かな未来に向け、革新的な技術開発を担う
●工業製品、情報機器、医薬品のエキスパートになる

未来へ向かって進化し続ける科学技術。しかし、それを支える基盤技術は不変です。産業界の基盤となる機械、電気、化学等の技術を実践的に学び、産業機器設計や電子回路設計、あるいは工学材料、バイオなど、それぞれの分野において技術の要である設計、生産技術に精通した技術者を育てます。

機械工学科

講義・学問分野

自動運転/モバイルマッピング/産業用ロボット/機械加工/建設機械/福祉機器/船舶/航空宇宙/自動車/鉄道/自然エネルギー発電/超精密加工/光テクノロジー/マイクロマシン/センサー/カーボン材料/CAD/CAM/工業デザイン/人間工学

閉じる

電気電子通信工学科

講義・学問分野

太陽光・風力発電/電力の送配電/建物の電気設備管理/電子部品の開発/ゲーム機等の電子回路設計/家電製品の設計開発/新たな無線通信方式の開発/アンテナの開発/高品質通信の開発/電子部品や材料の開発

閉じる

応用化学科

講義・学問分野

化学分析・構造解析/創薬・医療・健康/機能性材料・先端材料/物質創製(物質デザイン・材料設計)/バイオエンジニアリング/グリーンケミストリー/光・熱エネルギー変換・反応化学/半導体デバイスセンサー/高分子・ソフトマテリアル

閉じる

学部の特色

先人の技術を継承し、進化する工学、電気、化学の技術を実践的に学ぶ

科学技術は未来へ向かって絶え間なく進化しています。しかし、進化を支える基盤技術は不変です。その基盤技術を過去から未来へとしっかり継承すべく、応用化学科、機械工学科、および電子電機通信工学科を擁する基幹工学部を設置しました。

閉じる

豊かな未来に向け、革新的な技術開発を担う

本学部は、産業界の基幹となる機械、電気、化学の分野で求められる基礎的知識や技術を修得し、既存の技術を展開させ、付加価値の高い技術を創造する実践的能力を身に付けた技術者を育成します。

閉じる

工業製品、情報機器、医薬品のエキスパートになる

本学部では卒業後の進路として

【機械工学科】
大学院進学、機械製品の研究・開発技術者、生産技術分野の研究・開発技術者、機械関連の設計技術者、新素材の研究・開発技術者、プラントエンジニア、生産管理技術者、工業デザイナー、教員・公務員

【電気電子通信工学科】
大学院進学、回路・システム設計者、半導体技術者、情報通信技術者、無線通信士、電気主任技術者、設備管理者、生産技術・生産管理・プロセス開発者、品質管理・品質保証者、システムエンジニア、サービスエンジニア、セールスエンジニア、研究開発者、教員・公務員

【応用化学科】
大学院進学、化学分析技術者、薬品生産技術者、プラスチック・ゴム製品生産技術者、製薬研究・開発技術者、医療機器開発技術者、電子部品・デバイス生産技術者、精密機器生産技術者、光学部品製造技術者、化粧品開発技術者、食品生産技術者、環境分析技術者、教員・公務員

などを想定しています。

閉じる

学べること

機械工学科

工学の基盤となる機械工学の「伝統」と「最先端」を学ぶ

機械工学の基本となる「デザイン・設計」「エネルギー・制御」「生産技術」の分野を中心に、科学技術のハード面を支える確かな基礎能力と優れた柔軟性を兼ね備えたエンジニアを育成します。

学びのポイント
・講義と実験・実習を並行して学ぶことで基礎を深く理解することができる。
・豊富な演習やアクティブラーニングにより実践的能力が身に付く。

閉じる

電気電子通信工学科

社会を支える動力設備からスマート情報機器、そして人をつなぐ情報通信を学ぶ

インターネットや携帯電話の誕生は世の中を大きく変え、スマートフォンはいまや私達の生活に欠かせません。情報機器の中身や信号の送受信、それらを動作させるための電気、自動車や家電製品などのすべてが電気電子通信工学科の学びです。人々の生活の土台を支える分野で活躍できる知識と技術を修得します。

学びのポイント
・技術者に必要不可欠な実践的な計測技術や開発技術を修得できる。
・あらゆる産業で基礎となる電気技術に関する幅広い基礎知識を理解することができる。

閉じる

応用化学科

化学+科学全般の知識をベースに、スマートなものづくりを学ぶ

これまでにない新たな物質の合成や製造など、化学には私達の生活を大きく変える可能性が秘められています。化学だけでなく、物理や生物など幅広い分野を学び、化学関連産業に関わる人材に必要な豊かな基礎知識を修得します。

学びのポイント
・最先端の研究に取り組み、応用化学に関する実践的な技術と経験を身に付ける。
・化学関連産業に関わる人にとって必要な幅広い基礎知識を得る。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4-1
入試室
(0480)33-7676(直)

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ