×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

とうきょうせいとく

東京成徳大学

私立大学 東京都

応用心理学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

臨床心理学科(112名)
健康・スポーツ心理学科(60名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●人の力になるための理論と技術が学べる
●将来すぐに役立つ実践的な学びが体験できる
●人間の心に対する理解を深め、社会に生かせる心理学の習得がめざせる

心をケアする方法や、心の健康を維持する技法を習得します。

【キャンパス】東京キャンパス(十条)
【学生数】697名(2020年5月1日現在)
【専任教員数】32名(2020年5月1日現在)
【大学院】心理学研究科/臨床心理学専攻

臨床心理学科

講義・学問分野

心理学概説、発達心理学、学習心理学、臨床心理学概論、臨床心理査定法、心理療法概論、心理学基礎実験、心理学研究法、心理データ処理、心理療法持論、ポジティブ心理学、発達臨床心理学、学校心理学、児童心理学、教育心理学、社会心理学、組織・産業心理学、コミュニケーションの心理学など

閉じる

健康・スポーツ心理学科

講義・学問分野

一般心理学、発達心理学、教育心理学、教育相談、心理データ処理I、健康・スポーツ心理学入門、基礎ゼミI、基礎ゼミII、健康心理学、健康心理学特講、スポーツ心理学、スポーツ運動学、ポジティブ心理学、ポジティブ心理学特講、スポーツボランティア、救急法など

閉じる

学部の特色

人の力になるための理論と技術が学べる

本学部の心理学の基本は対人関係で生じる心の変化を学ぶことです。臨床心理学科では、悩める人のサポートを、健康・スポーツ心理学科では、自他の心身を健康に導くことが目標です。そして人間のこころに対する理解をもとに、他者の言葉にしっかりと耳を傾け、他者の気持ちに配慮し、他者を元気づけることのできる、繊細で強い心を持った人を育成します。

閉じる

将来すぐに役立つ実践的な学びが体験できる

「臨床心理査定法」では、現場で実際に使用される心理検査を体験的に学修します。

閉じる

人間の心に対する理解を深め、社会に生かせる心理学の習得がめざせる

人間の心に対する理解をもとに、他者の言葉にしっかりと耳を傾け、他者の気持ちに配慮し、他者を元気づけることのできる、繊細で強い心を持った人間になってほしいと思います。本学部においては、心理学を社会に生かす若者の育成をめざしています。


閉じる

学べること

臨床心理学科

心に悩みを抱えた人を援助するため、心理学の理論や実践方法を習得

悩める人をサポートするために、基本的な理論から実際の援助方法までを幅広く学べます。知識だけでなく、体験を重視した学びが特徴となっています。少人数制ならではのカウンセリングのロールプレイ、学外の小・中学校での学習支援実習など豊富なプログラムを用意しています。「自分のこころや他者のこころに対する理解力」「医療・福祉、教育、会社などの現場における人の心理に関する知識」そして「豊かな人間関係の礎となるコミュニケーションスキル」を身に付けます。

【授業・講義】
社会生活における人間関係をよりスムーズにする知識を心理学の視点から学ぶ

【基礎心理学の科目】心理学概説、発達心理学、学習心理学など
【臨床心理学の基礎科目】臨床心理学概論、臨床心理査定法、心理療法概論など
【心理学の研究・演習】心理学基礎実験、心理学研究法、心理データ処理など
【心理療法・カウンセリングの展開の科目】心理療法特論、ポジティブ心理学、発達臨床心理学など
【学校・子どもの臨床心理学の科目】学校心理学、児童心理学、教育心理学など
【社会・産業の臨床心理学の科目】社会心理学、組織・産業心理学、コミュニケーションの心理学など
【社会調査資格関連の科目】社会調査入門、社会調査実習、社会調査質的分析法など

閉じる

健康・スポーツ心理学科

スポーツに心理学の視点を盛り込み学んでいく

スポーツ心理学、健康心理学、ポジティブ心理学の授業、課外活動、ボランティア体験を通じて修得した心理学の知識とスキルを広く社会で生かせる人材を育成します。「心身を元気づける心理技法と知識」「健康やスポーツに関するイベントの企画・実施・運営能力」「チームワークを最大限に引き出すリーダーシップ力」を身に付けます。

【授業・講義】
実務を通じてスポーツ指導者に必要な知識を身に付ける

【健康・スポーツ心理学基礎】一般心理学、発達心理学、教育心理学、心理データ処理、健康・スポーツ心理学入門、セルフコントロール、ウェルネス論など
【健康心理学】健康心理学、健康心理カウンセリング、ヘルス・プロモーション論、ニュースポーツ、アダプテッドスポーツなど
【スポーツ心理学】スポーツ心理学、メンタルトレーニング論、コーチング論など
【ポジティブ心理学】ポジティブ心理学、ポジティブ心理学特講など

閉じる

アドミッションポリシー

アドミッションポリシー

●臨床心理学科
1.求める学生像
(1)自他の心の理解を深め、さらに良好な人間関係を作り出すことに興味・関心のある人
(2)心の支援やケアにかかわる諸資格取得に意欲のある人
(3)将来、心のケア、支援にかかわる仕事(スクールカウンセラー、医療・福祉領域における心理職など)や職場などの対人関係にかかわる仕事を目指す人
2.入学までに身につけておいてほしいこと
(1)高等学校の教育課程で学修した基礎的な知識・技能を修得している。
(2)人間や社会の様々な問題について関心を持ち、資料やデータを基に筋道を立てて考え、説明することができる。
(3)学部学科で学んだ知識や技能を、卒業後、社会で生かしたいという目的意識と勉学意欲がある。
(4)学校でのグループ学習、課外活動やボランティア活動等の経験があり、他の人たちと協力しながら課題をやり遂げることができる。
(5)入学前教育として求められる課題に最後まで取り組むことができる。

●健康・スポーツ心理学科
1.求める学生像
(1)自他の心身の健康を守り、育てることに興味・関心のある人
(2)カウンセリングやメンタルトレーニング、フィットネストレーニングなどにかかわる資格取得と、他者を援助できる知識やスキルの修得に意欲のある人
(3)将来、周囲の人々の元気づくりを支援する仕事(ウェルネス産業やカウンセラー、メンタルトレーナーなど)をめざす人
2.入学までに身につけておいてほしいこと
(1)高等学校の教育課程で学修した基礎的な知識・技能を修得している。
(2)人間や社会の様々な問題について関心を持ち、筋道を立てて考え、説明することができる。
(3)学部学科で学んだ知識や技能を、卒業後、社会で生かしたいという目的意識と勉学意欲がある。
(4)学校でのグループ学習、課外活動やボランティア活動等の経験があり、他の人たちと協力しなが
ら課題をやり遂げることができる。
(5)入学前教育として求められる課題に最後まで取り組むことができる。

3.入学者選抜方針(両学科共通)
(1)上記1.2.を兼ね備えた入学者を適正に選抜するために、下記の通り(※)多様な入試種別及び選考方法を実施し、本学が求める資質・能力を多面的総合的に評価する。
(2)特に、総合型選抜・学校推薦型選抜においては、受験生が目的意識を持った学科選択を行っているか評価する。
※各入試の選考方法や評価の観点に関しては、学生募集要項でご確認ください。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ