れいたく

麗澤大学

私立大学 千葉県

麗澤大学/工学部の詳細情報

新設※2024年4月新設

学科・定員・所在地

学科・定員

工学科/情報システム工学専攻(学科計:100名)新設※2024年4月新設工学科/ロボティクス専攻(学科計:100名)新設※2024年4月新設

所在地

1~4年:千葉

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●人や社会をテクノロジーと共感でつなぐエンジニアを育てる
●工学部が重視するデザイン思考
●現代が直面する課題の本質を見据え、課題解決のデザインをする人材を育成

2024年に開設の工学部*は、情報システム工学専攻*とロボティクス専攻*の2専攻を構想しています。デザイン思考を中心に据え、デジタル技術を駆使して課題を解決する工学教育を展開。本学の特長となる文理融合の強みを生かし、工学的な知識だけでなく、社会・経済・文化・歴史・論理を考える機会をつくり、多角的な視座が持てるエンジニアをめざすことができます。結果として大学卒業後も自分が成長していく幸せなエンジニア人生がおくれます。

*2024年4月開設

工学科/情報システム工学専攻※2024年4月新設

【講義・学問分野】

麗澤流エンジニア、計算機科学の基礎、ソフトウェア工学基礎、システム開発の基礎、UX/UIデザイン、C/C++プログラミング、未来工学特論、デザイン思考、プロジェクトデザイン、プロジェクトマネジメント、SDGs技術、グローバルエンジニア、データベース設計、アプリケーション開発、ウェブシステム回8つ、セキュリティ、システムエンジニア特論、ソフトウェアマネジメントなど

工学科/ロボティクス専攻※2024年4月新設

【講義・学問分野】

物理基礎、力学、機械工学基礎、ロボット設計、ロボティクス基礎、社会ロボティクス、メカトロニクス基礎、ロボット制御、ロボット機構学、センシング工学、アクチュエータ工学、制御工学、知能ロボットシステム、ロボティクス特論など

学部の特色

人や社会をテクノロジーと共感でつなぐエンジニアを育てる

AI、IoT、ロボティクスなど、最先端のデジタル技術やソフトウエアの知識やスキルを学ぶだけでなく、学んだ知識をどのように活用するかという、デザイン思考と工学的思考も鍛えます。
豊かな人間性を他者に貢献する技術を備えた、未来の幸福を創るエンジニアを育成します。具体的には(1)調査をもとに課題の焦点を明らかにし、アイデア実現までを計画立てて考える(デザイン思考)。(2)最先端のデジタル技術や工学の知識を活用し、課題解決のための方法を模索する(工学的思考)。(3)社会のさまざまな課題と向き合い、解決策とデザイン技術を用いて実行できる力を身に付ける。という流れで学びを習得していきます。

工学部が重視するデザイン思考

工学教育の中心に据えられているのが、「デザイン思考」です。例えば道路標識のように、デザインは“ある目的”を伝える役割があります。その目的を果たすデザインを考案するために、クリエーターは「デザイン思考」を展開。問題解決をゴールとし、〈1〉共感〈2〉問題定義〈3〉アイデア創出〈4〉プロトタイプ〈5〉テストを繰り返してソリューション(解決策)を生み出します。
バイアスや固定観念を取り去り、前例にも促されないことが特徴となります。

現代が直面する課題の本質を見据え、課題解決のデザインをする人材を育成

デザイン思考・工学的思考法を中心に、課題解決手法の方法論の教授と実践機会を提供し、解決策のデザイン力を養います。また、これからの時代に必要な技術者倫理について、自らの考えを養成します。学生の成長を“Ed Tech”がサポートします。これは最先端情報技術を活用して、入学後の成長をデータ化。日々の学習支援に加え、一人ひとりに最適な勉強やキャリア提示など、データにもとづく精密なサポートを実現します。卒業後の進路としては、DXの推進・IoT技術・ロボットの活用などを必要とする各種行政機関や企業(イノベーションを手がけるシステム開発会社、コンサルティング会社、商社、メーカー)など、をめざします。

学べること

工学科/情報システム工学専攻

より良い社会をかなえるための情報技術の活用を、技術力にとらわれない幅広い視点から探究する

人々の暮らしに共感し、情報技術を活用して社会の課題を解決する力を学びます。社会や企業における情報技術の実践事例を交えつつ、アプリケーションの制作などに取り組むプロジェクト型授業や、企業や自治体と連携する授業を展開。一人ひとりが自身の目標達成を目指して、モチベーション高く学び続けられる環境が特徴です。数学の学力に不安がある、はじめてプログラミングを学ぶといった場合でも安心して学べる段階的なカリキュラムを用意。ソフトウェア、プログラミングなどの開発のスキルを中心に習得するエキスパートコースと、プロジェクトマネジメントや社会システム全体を中心に学ぶアントレプレナーコースの2コースを設置します。

工学科/ロボティクス専攻

ハードウェアとソフトウェアの両方の技術を土台により良い社会に貢献するロボットを創造する

プログラミングやデータ分析といったソフトウェアの分野だけでなく、ロボットなどの各種機器を実際につくり上げるハードウェアの分野をあわせて学ぶことが特徴です。現場に足を運び、実際に触れて、体験的に学習する機会を大切に、ロボット製作などを通じて、実際に手を動かしながら知識を定着させていきます。またロボット製作の技術だけではなく、「ロボットをどのように社会や人の役に立てるか」を考える力を重視し、ロボット技術を社会で普及させる端野方法も学習します。数学、物理、機械工学とロボティクスの専門性を磨くエキスパートコースと、ロボティクスをベースとしたプロジェクトマネジメントを学ぶアントレプレナーコースの2コースを設置します。

問い合わせ先

【住所・電話番号】

千葉県柏市光ヶ丘2-1-1
大学入試・広報課
(04)7173-3030

【URL】

https://www.reitaku-u.ac.jp/

他の学部・学科も調べる

学費や就職などの項目別に、
大学を比較してみよう!

他の大学と比較する

このページをシェアしよう

ツイート LINEで送る

リストに追加しました

ページの先頭へ