×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

れいたく

麗澤大学

私立大学 千葉県

外国語学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

外国語学科/英語コミュニケーション専攻(学科計:220名)
外国語学科/英語・リベラルアーツ専攻(学科計:220名)
外国語学科/ドイツ語・ドイツ文化専攻(学科計:220名)
外国語学科/中国語・グローバルコミュニケーション専攻(学科計:220名)

所在地

1~4年:千葉

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●コミュニケーション力を高める[語学+人間力]で、卒業までに2か国語以上の外国語を使いこなすことをめざす
●充実の[海外留学制度]に加え、外国人留学生との交流が盛ん
●ANAエアラインスクールの講座が学内で受講できる!

キーワードは「語学力・コミュニケーション力」×「国際教養・異文化理解」。単に会話を学ぶのではなく、言葉の内に見え隠れする“文化背景”も広く深く学んで、相手を理解・尊重し、適応性を身に付けた<国際的教養人>を育成します。本学部には4つの主専攻があり、自分に合った学修スタイルで専門知識と幅広い視野を身に付けることを目的としています。
また、充実した留学制度を多数そろえており、本学部では、3人に1人が留学を経験しています。それぞれの専門分野、目的や希望に応じて多くの提携校へ学生を送り出しています。

【学生数】1405名(2018年5月1日現在)
【専任教員数】62名(2018年5月1日現在)

外国語学科/英語コミュニケーション専攻

講義・学問分野

Discussion on Culture & Society、英語科教育法、異文化コミュニケーション研究、ホスピタリティ入門など

閉じる

外国語学科/英語・リベラルアーツ専攻

講義・学問分野

Speaking for Academic Purposes、現代イギリス文化・社会、国際関係概説、コモンウェルス諸国の社会など

閉じる

外国語学科/ドイツ語・ドイツ文化専攻

講義・学問分野

ドイツ語会話、ドイツ語研究、Workshop Deutsch、ヨーロッパの現代、ヨーロッパの社会など

閉じる

外国語学科/中国語・グローバルコミュニケーション専攻

講義・学問分野

中国語ディスカッション、中国語通訳演習、中国民族入門、中国史入門、中国ビジネス研究など

閉じる

学部の特色

語学だけでなくコミュニケーションに必要な知識も広く養う

コミュニケーション力を高める[語学+人間力]で、卒業までに2か国語以上の外国語を使いこなすことをめざす

「多言語」「多文化」への理解をベースにした実践重視の教育により、国際社会で活躍できる「モラルとスキル」を身に付けます。「英語コミュニケーション」「英語・リベラルアーツ」「ドイツ語・ドイツ文化」「中国語・グローバルコミュニケーション」の4つの専攻で、専門的な知識を深めることができます。

閉じる

目的や希望に合わせてさまざまなスタイルの留学が選べる

充実の[海外留学制度]に加え、外国人留学生との交流が盛ん

海外留学制度が充実していることも、大きな特徴の一つ。4つの専攻ではそれぞれの専門分野に応じて、多くの提携大学への留学制度を設けています。半年~1年間の正規の留学や、2〜6週間の短期語学研修、海外インターンシップや海外ボランティアなど実践重視のプログラムもあります。
また、主専攻言語と第二外国語を同時に学べる、一度で2つおいしいクロス留学も行っています。

閉じる

空港で実務を経験

ANAエアラインスクールの講座が学内で受講できる!

本学はANAビジネスソリューションと教育連携協定を結び、学内で“ANAエアラインスクール”を開講しています。この講座は、ベーシックコースを4日間に凝縮し、集中講義と成田空港での実務体験によって、言葉遣い・立ち居振る舞い・ビジネスマナーなどの基本や航空業界の仕事、おもてなしの心を学びます。キャビンアテンダントやグランドスタッフ、グランドハンドリングをめざす人だけでなく、ホテル、トラベル、ブライダルなど、将来“おもてなし人財”として活躍したい人にとっても有意義な学びで、将来の夢や希望にグッと近づく貴重なチャンスです。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

外国語学科/英語コミュニケーション専攻

英語で伝え合うだけでなく、ディベートやプレゼンテーションなどでも使える英語のコミュニケーション力を向上させる

「英語学」「英語教育」「コミュニケーション学」の3つを柱に「ホスピタリティ論」を加え、「おもてなしの心」と「リサーチ力」、「論理力」を磨きながら学ぶ専攻です。1・2年次ではディスカッションの授業を通して英語で考える習慣を身につけます。ディスカッションなどの演習の授業のほとんどはオールイングリッシュで行われ、少人数制のクラスでネイティブを含めた教員3人が1チームとなり、週2コマずつ×3人=6コマで徹底的な指導により、グローバル社会で通用する英語力を身に付けます。3・4年次では、Discussion/DebateやTop Level Englishなどの授業を通して、さらに専門性の高いテーマを英語でコミュニケーション(ディスカッション/プレゼンテーション)できる力を身に付けます。

【授業・講義】
英語で世界の文化に触れる【Discussion on Culture & Society】

様々な国の文化に関するテーマをディスカッションし、1)異文化について広い知識を身につけ、2)英語に不可欠な4技能+語彙などのスキルを習得します。1)では、自分の文化とは異なる価値観に触れ、多様性を理解します。これは留学時の選択にも大いに役立ちます。2)では、グループワーク、プレゼンテーションなどの手法を取り入れ、PCソフトやアプリケーションなども積極的に活用し、どんな場面でも自信を持って英語が使えるようトレーニングします。

閉じる

外国語学科/英語・リベラルアーツ専攻

実践的な英語力とグローバルな視野、人間、そして総合力を培う

学びの中心に“世界の文化”を据え、英語力、プレゼン力、論理力の3つの力を養い、ネイティブスピーカーの教員による、4技能のスキルアップを目指します。情報を収集して、他の人にわかりやすく伝えるプレゼンテーションのトレーニング。プレゼンテーションを行うまでの過程で身につける論理的思考。これら3点を頂点とした三角形をつくり、その領域を広げることで、人間としての総合力を高めていきます。また、本専攻では、“世界の文化”も学んでいきます。対象地域は、イギリス、アメリカのみならず、カナダ、オーストラリア、香港、ドイツ、韓国、台湾など世界各国におよび、テーマも映画、広告、音楽、文学、歴史、宗教、環境と多岐にわたります。こうしたバリエーション豊富な科目によってめざすのは、グローバルな視点の獲得。世界には多様な文化や人、考え方が存在することを認識し、国際的教養人へと成長していきます。

【授業・講義】
社会で通用するディスカッション技法を学ぶ【Speaking for Academic Purposes】

教育、技術、環境、メディア、社会、雇用など、学生に関連する幅広い学術的トピックをテーマに、アカデミックなディスカッション技法を学びます。グループワークなどを通して、賛成・反対、言い換え、他者の理解・把握など、社会で通用する標準的かつフォーマルなディスカッションスキルと英語で自分の意見を表現する方法を習得することが大きな目標。将来の学業や留学、ビジネスキャリアに活かすことができる、高度なコミュニケーション力を身に付ける大きなチャンスです。

閉じる

外国語学科/ドイツ語・ドイツ文化専攻

初心者を4年後にはドイツ語を含めた複数言語を流暢に話せるグローバルシチズンへ育てる

1-2年次は教科書なし。オリジナル教材で、総合的な語学力が身につくユニークな学習方法で勉強をします。たとえば、ドイツ語で書かれた料理レシピを、経験から推測して読み解く、レシピの文章を「これは動詞?」と分析するなど、これまで身につけてきた知識を総動員して取り組むことから学習が始まります。そうした鍛錬を重ねることで、1年次の7月くらいには、ドイツ語運用能力の基礎が身につくほど。ドイツ語の授業は週に6コマありますが、教員同士連携して学生の学びをサポートしています。また、ドイツ語・ドイツ文化専攻は、50年以上の歴史を持ち、30年以上前から留学に力を入れています。これまでドイツへ送り出した学生は1000人を超え、現在でも留学率は90%以上に上ります。旅行も含めると、ドイツに行ったことがある学生は卒業までにほぼ100%です。

【授業・講義】
ネイティブ教員に学ぶドイツ語【ドイツ語会話】

授業で使う教科書はなく、性格・好きなこと・家族など、学生にとって“身近な” 話題を中心にしたオリジナル教材を使用します。授業はグループワークを中心に、話しやすい雰囲気の中、ドイツ語の文法の間違いを気にせず、“ 話す・聞く”からドイツ語の習得を始めます。それにとどまらず、グループワークによって、自ら皆の前で発表する主体性やコミュニケーション能力、自分と相手の意見の違いなどを受け入れ多様性を認める力などを磨くことも、この授業の目標です。

閉じる

外国語学科/中国語・グローバルコミュニケーション専攻

中国語は発音が命。まずは発音の基礎をマスター

1クラスは約20人。教員一人に対して20人の学生という少人数で、授業はマンツーマンに近い進め方。一人の学生に発音してもらい、教員が即座にほめたり、修正したり。これをすべての学生に対し、何度も繰り返します。一人ひとりのレベルに合わせたきめ細かな指導で、ネイティブと同等の“自然でキレイな発音”を目指します。発音=話すをクリアすると、聞く・読む・書くも自然とできるようになります。学生の多くは、2年次後期から3年次前期にかけて留学します。留学先は、中国の天津財経大学、天津理工大学、台湾の淡江大学。発音、文法、語彙といった語学そのものを向上させることはもちろんですが、中国や台湾の文化、歴史、習慣などをも学び、さらに異文化への適応力や自立心も養います。

【授業・講義】
授業まるごと中国語【中国語上級演習】

世界中の中国語ニュースサイトから、日本や中国、中国語を話す地域の重大ニュース、文化・生活関連ニュースをピックアップし、聴解練習を行います。毎回テーマは予告なし。しかも授業は解説を含めほぼ中国語。最初は聞き取ることができない学生がほとんどですが、経験を積むごとに聴解力がUPし、当該ニュースに対する自らの意見を中国語で話せるまでに成長しています。留学経験のない学生が一番優秀な成績を手にしたこともあり、正しく努力すれば、誰でも成果を得られます。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受入れの方針

語学力・コミュニケーション能力・多文化理解能力を備えた、国際的教養人を育成するという本学部の教育目標を達成させるため、以下の知識・能力・態度を身に付けている者を求め、受け入れます。
(1)本学外国語学部の学習内容を理解し、関心を持つ者
(2)外国語学部での学習に必要な基礎的知識を持つ者
(3)外国語の基礎的な運用技能を持つ者
(4)外国語学部で学ぶ目的意識の強い者
(5)高等学校時代の学習及び諸活動において成果を挙げた者

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

問い合わせ先

【住所・電話番号】千葉県柏市光ヶ丘2-1-1
入試広報グループ
(04)7173-3030
 【URL】https://www.reitaku-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ