×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

むさし

武蔵大学

私立大学 東京都

人文学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

英語英米文化学科(115名)
ヨーロッパ文化学科(105名)
日本・東アジア文化学科(105名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●実践的な言語力と国際感覚を養う
●留学を徹底的にサポートする制度や研修が充実
●「グローバル・スタディーズコース」で文化理解力と語学力を磨く

多様な文化や価値観を認め、自分の考えや自国の文化を外国語を用いて発信し、異文化と対話する能力を持つ人材育成が目標です。さまざまな言語について系統的な学習プログラムを用意。「グローバル・スタディーズコース(GSC)」はグローバル人材を育成する特訓コースです。

【学生数】1518名(2019年5月1日現在)
【専任教員数】43名(2019年5月1日現在)
【大学院】人文科学研究科(M/D)/欧米文化専攻、日本文化専攻

英語英米文化学科

講義・学問分野

観光文化論(英米)、アメリカ文化論/イギリス文化論、アメリカ文学ゼミナール、リミーディアル・イングリッシュ、ジャパノロジー・イングリッシュ、異文化コミュニケーション論、英語ワークショップ、コミュニケーション・ゼミナール、Academic Presentation Seminar ほか

閉じる

ヨーロッパ文化学科

講義・学問分野

ヨーロッパの神話と伝説、越境文化論、比較芸術論、ドイツ語圏の芸術、フランス文学史、現代ヨーロッパ論、ヨーロッパ対外交流史、オーストリア・東欧文化論、ドイツ語学 ほか

閉じる

日本・東アジア文化学科

講義・学問分野

日本民俗史、日本服飾文化史、日本芸能史、中国史、日本幻想文学論、現代韓国論、日本の言語文化、イスラム圏交流史、日本中世史 ほか

閉じる

学部の特色

実践的な言語力と国際感覚を養う

本学部では複眼的思考を養う観点から複数の外国語を必修としていますが、どの言語についても、系統的な学習プログラムを用意しています。また、全学科共通で英語力の向上をめざし、就職試験でスコアの提出を求められることが多くなったTOEIC(R)L&Rや、海外留学のためのTOEFL iBT(R)、IELTS(TM)の学習をサポートする環境を整えています。

閉じる

留学を徹底的にサポートする制度や研修が充実

海外協定大学との留学制度「協定留学」、自ら調査計画を立てて夏季または2~3月に実施する「学生海外研修」など、国際交流プログラムが充実。留学準備を支援するための「留学準備講座」も用意しています。受け入れ留学生との異文化交流も盛んで、日本を相対的に捉える機会にも恵まれています。

閉じる

「グローバル・スタディーズコース」で文化理解力と語学力を磨く

「グローバル・スタディーズコース(GSC)」は、高い語学力と異文化理解力を養う少人数の特訓コース。どの学科の学生でも所属でき、講義とゼミのほとんどを英語で行う「英語プログラム」のほか、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国・朝鮮語のプログラムがあり、いずれも半年または1年間の留学を推奨しています。専門科目は、「Global Relations」「Global Literature」「Global Japanese Studies」など、社会学の知見も加えつつ現代社会の課題に人文学の専門知を生かすための科目群を用意。

閉じる

学べること

英語英米文化学科

高度な英語力の習得をめざしながら、英米文化を広く深く学ぶ

英語の4技能(聞く、話す、読む、書く)の向上を目的とした英語クラス、プレゼンテーションの基礎を学ぶ授業、テーマ別の実習クラスなど系統的かつ多様なカリキュラムを通して、実践的な英語運用能力を身につけます。また、英語圏の文化や歴史を幅広く学び、グローバル社会におけるコミュニケーションの質を高めていきます。

【コース】
言語・言語教育コース、文学・芸術コース、歴史・社会・文化コース、グローバル・スタディーズコース(GSC)[英語プログラム]

閉じる

ヨーロッパ文化学科

文化研究と外国語学習の二本柱で、ヨーロッパ文化を総合的に学ぶ

フランスやドイツを中心に、広くヨーロッパ世界の文化と現象を、近年の動向も視野に入れながら学びます。言語と文学、芸術と生活、歴史と思想、環境と社会といった研究領域が設定されています。ドイツ語もしくはフランス語を第一外国語とし、語学力の向上を図るとともに、現地実習や留学を生かして国際人となる素養を磨きます。

【コース】
言語と文学コース、芸術と生活コース、歴史と思想コース、環境と社会コース、グローバル・スタディーズコース(GSC)[ドイツ語プログラム、フランス語プログラム、英語プログラム]

閉じる

日本・東アジア文化学科

躍動する東アジアの視野から、日本文化を複眼的に学ぶ

日本文化および東アジア諸国の文化を、歴史や思想、芸術、文学などさまざまな分野から多角的に学びます。<ことば・文学・思想><芸術・身体・環境><歴史・民俗・宗教>の3分野に、方法論と地域研究を組み合わせた授業を展開。学生は、自らが掲げたテーマをゼミで深く研究していきます。国内でのフィールドワークを実施するほか、東アジアへの留学も推奨しています。

【コース】
日本文化コース、東アジア文化コース、比較・交流文化コース、グローバル・スタディーズコース(GSC)[中国語プログラム、韓国・朝鮮語プログラム、英語プログラム]

閉じる

アドミッションポリシー

英語英米文化学科

1.「言語・言語教育」「文学・芸術」「歴史・社会・文化」の3領域を中心として、イギリス・アメリカをはじめとする英語圏の文化に強い関心をもつ人
2. 英語を集中的に学んでコミュニケーション能力を高め、海外留学に挑戦し、グローバル化する21世紀の世界において活躍できる実践力を身につけ、将来、英語を使う仕事に就きたいと願う人

閉じる

ヨーロッパ文化学科

1.「言語と文学」「芸術と生活」「歴史と思想」「環境と社会」の4領域を中心として、ヨーロッパ世界の文化に強い関心をもつ人
2. 英語だけでなくドイツ語やフランス語を集中的に学び、国際的なコミュニケーション能力を身につけ、海外留学に挑戦し、グローバル化する21世紀の世界において活躍できる実践力を身につけ、将来、社会人として日本とヨーロッパの交流の担い手になる意志のある人。GSCドイツ語プログラム、フランス語プログラムに関しては、高度かつ集中的な語学教育と授業外指導を特別に受け、留学をはじめとする国際交流に能動的に取り組み、当該言語での口頭発表や論文執筆などにも挑戦したい人

閉じる

日本・東アジア文化学科

1.「ことば・文学・思想」「芸術・身体・環境」「歴史・民俗・宗教」の3領域を中心として、日本および東アジアの歴史と文化に強い関心をもつ人
2. 英語だけでなく中国語や韓国・朝鮮語を集中的に学び、国際的なコミュニケーション能力を身につけ、海外留学に挑戦し、グローバル化する21世紀の世界において活躍できる実践力を身につけ、将来、社会人として国際的に活躍したいと願う人。GSC中国語プログラム、韓国・朝鮮語プログラムに関しては、高度かつ集中的な語学教育と授業外指導を特別に受け、留学をはじめとする国際交流に能動的に取り組み、当該言語での口頭発表や論文執筆などにも挑戦したい人

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都練馬区豊玉上1-26-1
入試課
(03)5984-3715
 【URL】https://nyushi.musashi.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ