麻布大学/生命・環境科学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

あざぶ

麻布大学

私立大学 神奈川県

生命・環境科学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

臨床検査技術学科(80名)
食品生命科学科(80名)
環境科学科(80名)

所在地

1~4年:神奈川

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●チーム医療を実践する一員としてふさわしい、人の健康維持を支える臨床検査技師を志す〈臨床検査技術学科〉
●食の安全・安心を守り、人の健康を支える食品科学のスペシャリストをめざす〈食品生命科学科〉
●環境問題をさまざまな視点から分析・評価し、適切な対策を実践できる環境のスペシャリストに〈環境科学科〉

1965(昭和40)年の麻布公衆衛生短期大学開学当時から、人と環境を中心とした公衆衛生の分野において積み重ねてきた実績を基盤に、「医療」「食」「環境」を通して、生命の共生をリードするスペシャリストを育成します。

【学生数】1,110名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】41名(2017年5月1日現在)
【大学院】環境保健学研究科/環境保健科学専攻(博士前期課程・博士後期課程)

臨床検査技術学科

講義・学問分野

組織学、解剖学、生理学、薬理学、微生物学総論・実習、生化学、免疫学、病理学、臨床血液学、衛生・公衆衛生学、遺伝子検査学、臨床検査リスクマネジメント、臨床遺伝学、病理検査学、臨床生理学、臨床免疫学、総合臨床検査学 ほか

閉じる

食品生命科学科

講義・学問分野

分子細胞生物学、生化学、微生物学総論、食品分析学、食品バイオテクノロジー、食品機能学、食品アレルギー論、栄養学、病原微生物学、薬理学、衛生動物学、機器分析学、食品加工学・保蔵科学、バイオインフォマティクス ほか

閉じる

環境科学科

講義・学問分野

地球環境科学、水環境学、大気環境学、生化学、衛生動物学、社会調査法、環境生態学、食品衛生学、公衆衛生学、環境衛生学、分析化学、機器分析学、環境計量分析学、環境影響評価学、環境生態学、環境修復技術論、下水・産業排水処理工学 ほか

閉じる

学部の特色

臨床検査技術学科

チーム医療を実践する一員としてふさわしい、人の健康維持を支える臨床検査技師を志す〈臨床検査技術学科〉

医療従事者に不可欠の高い倫理観を持ち、チーム医療を支える一員として高度な知識と技術を実践できる臨床検査技師のほか、保健衛生の観点から病気の予防や健康管理に取り組むスペシャリストの養成をめざします。

閉じる

食品生命科学科

食の安全・安心を守り、人の健康を支える食品科学のスペシャリストをめざす〈食品生命科学科〉

人の公衆衛生および保健衛生学を基礎として、食品科学・栄養学および衛生学を学び、食の安全・安心に関わるリスク評価と食品の機能性に関わる専門性の高い食品衛生、食品科学および公衆衛生分野で活躍する人材を育成します。

閉じる

環境科学科

環境問題をさまざまな視点から分析・評価し、適切な対策を実践できる環境のスペシャリストに〈環境科学科〉

環境問題を環境基礎、環境分析、環境衛生、環境保全および環境評価の5つの観点から正確に把握し、科学的根拠に基づいた的確な評価・判断・予測などの実践的能力を身に付け、環境問題解決能力で社会貢献できる人材の育成をめざします。

閉じる

学べること

病理学実習

臨床検査技術学科

疾病の基礎知識から実践まで、専門科目の実習を数多く経験し、国家試験合格をめざすカリキュラム

カリキュラムは、医療分野に不可欠な倫理観を養う「生命倫理学」「応用数学」「基礎化学・分析化学」「基礎生物学」など、基礎学力の育成に幅広い知識の修得と、「生理学」「微生物学」「公衆衛生学」など、専門分野の基礎科目を配置。2年次からは臨床検査学の専門領域や、医学系の科目である専門科目に加え、国家試験出題科目の全てを必修として、早期から国家試験対策を行い、3年次には8週間の「臨床実習(臨地実習)」によって、実際の臨床検査の現場で体験的に学ぶと同時に本格的な臨床検査学の専門科目や医学系の科目を受講します。卒業後は、高い倫理観を持った臨床検査技師として医療・検査機関に従事するほか、食品衛生関連の公的機関や企業、治験受託企業、臨床検査試薬の開発・製造を行う製薬企業などにおける専門技術者、疾病予防・健康管理などに従事するスペシャリストとしての活躍が期待されます。

【授業・講義】
病理学実習~病理標本の作り方を体得

診断の基となる病理組織標本の作製方法やヒトの病変材料を用いて、一般染色および特殊染色の方法を習得します。染色後は、1人1台の顕微鏡で観察し、スケッチにより組織構造や染色結果を確認します。

閉じる

栄養学実習

食品生命科学科

人の公衆衛生および保健衛生学を基礎としながら、食品科学・栄養学および衛生学について学び、多くの実習で実践力を身に付けるカリキュラム

カリキュラムは、1年次から、食の安全や生命科学に関する専門基礎科目と実習を行い、多面的かつ倫理的に物事を考察するための能力を身に付けます。さらに2年次以降は、食育教育と食の健康・医療分野への応用(フードアプリケーションサイエンス分野)と行政機関・食品検査機関、食品品質検査などでの応用(フードレギュラトリーサイエンス分野)を学びます。3年次からは、研究室に所属し、卒業論文等に取り組むことによって、情報収集能力と問題発見・解決に関わるコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を身に付けます。また、1~4年次にわたり、英語を主とした語学力の向上と情報処理およびデータ解析能力の基礎を学びます。
卒業後は、食品衛生監視員や食品衛生管理者として食品検査機関や食品製造業、化学工業、各種サービス業など、幅広く食の分野で専門技術を生かした活躍が期待されています。

【授業・講義】
栄養学実習~生活に密着したテーマから栄養学を実感

3大栄養素の糖質(炭水化物)、脂質、タンパク室と食物繊維の特徴をヒトやマウスの生体試料で確認し、論理的に考察します。

閉じる

環境計量分析学実習

環境科学科

複雑な環境問題を基礎から段階的に学ぶことで、環境問題を正確に把握し、科学的根拠に基づいて環境問題に対応できるカリキュラム

1年次に複雑な環境問題の全体像を把握するために、環境基礎分野の専門科目を学びます。2~3年次では、環境衛生分野、環境分析分野、環境評価分野、環境保全分野の各専門科目について学び、環境問題の解決や環境保全に必要な科学的知識、分析技術、結果の評価などの能力を修得します。また、環境の専門家として、環境調査や環境・衛生管理技術などの能力を育成します。さらに、卒業論文、議題研究などを発展・展開分野として学び、科学的根拠に基づいた的確な評価・判断・予測などの実践対応能力を養い、環境問題解決能力によって社会貢献できる人材を育成します。
卒業後は、環境衛生監視員や環境衛生指導員として公務員、環境分析機関、企業の環境関連部門の専門技術者、環境コンサルタントなどでの活躍が期待されています。

【授業・講義】
環境計量分析学実習~微量の汚染物質を調べるための分析方法を学ぶ

試料の前処理、測定、データ解析など、環境分析を行うための一連の操作を通じて、環境の質を把握するための分析方法を学びます。また、分析により得られる各種データを、的確に解釈できる能力を養います。

閉じる

アドミッションポリシー

臨床検査技術学科

臨床検査技術学科

日々進歩を遂げている臨床検査医学にあって、命の尊厳を尊重し、臨床検査技師としてチーム医療の中で活躍できる人を育成するために、次の様な人材を求めている。
1 臨床検査技師として医療分野で活躍したい人
2 臨床データと疾患との関連に興味を持てる人 
3 臨床検査学を身につけるために必要な基礎学力(特に生物と化学)を有する人

閉じる

食品生命科学科

食品生命科学科

食品生命科学科では、生命・環境科学部の教育理念に基づき、幅広く深い教養とともに、食の安全・安心に関わるリスク評価と食品の機能性に関する専門性を持つ人材を育成することを教育理念・目的とする。この目的が達成されるため、次のような資質を持つ人材を求めている。
1 食品生命科学についての専門的知識を学ぶために、高校までの基礎学力(特に、生物、化学、英語、など)を有する人。(知識・理解)
2 食の安全・安心と人の健康に関わる問題に解決に科学的に強い興味を持ち、論理的な判断を行うことができる人。(倫理観、思考・判断)
3 食品生命科学に関わる問題を解決するための検証実験や調査に主体的・自律的に取り組むことができる人。(自律性、関心・意欲)
4 地域や社会における食の安全・安心と食の健康に関わる問題を身につけた知識やプレゼンテーション・コミュニケーション能力をこれらの解決に役立てたいと考えている人。(多様性、理解、態度、技能・表現)

閉じる

環境科学科

環境科学科

健康な環境の創成を目標に、様々な環境の問題を発見し、その問題を解決することに粘り強く取り組める人材を育成するために、次のような人を求めている。
1 化学、生物、英語などの基礎学力を有している人。
2 環境保全や環境問題に強い関心がある人。
3 環境科学やその対策技術について学習意欲がある人。
4 環境科学科の教育理念、教育方針、教育内容等を理解し、環境保全や環境問題解決に貢献する強い意欲を持っている人。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71
広報・IR室
(042)769-2032(直通)
 【URL】http://www.azabu-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ