学校パンフ取り寄せで図書カードGET

あざぶ

麻布大学

私立大学 神奈川県

大学トップ

ここに注目!
  • 実践教育を支える充実した施設・設備
  • 学びの可能性が広がる61の研究室
  • 専門性を身に付け、スペシャリストとして社会で活躍する卒業生

大学の特色

地球規模でものごとを考え、社会に貢献できる人材を育成

地球共生系 ~人と動物と環境の共生をめざして~

1890(明治23)年に開設された東京獣医講習所を起源とする麻布大学は、わが国でも数少ない「人、動物、環境」をテーマに総合的な教育研究を行う理系大学です。創始者 與倉東隆先生の建学の精神「学理の討究と誠実なる実践」である“実学”主義を重視してきました。現在では、獣医学部、生命・環境科学部の2学部において、地球上に生きる人と動物との共存および自然環境との調和「地球共生系~人と動物と環境の共生をめざして~」を探求しています。

閉じる

ペンシルバニア大学での研修

国境を越えて地球規模で活躍する人材になる

本学では、高度な専門知識に磨きをかけるだけでなく、バランスのとれた国際感覚や実践的な語学力を身に付けるための国際交流を積極的に展開しています。学術協定を結んでいる協定校への留学、共同研究、長期プログラムも多彩。そのための準備・支援体制も万全に整え、国境を越えて地球規模での活躍をめざす学生の第一歩を力強くサポートしています。

閉じる

正門のすぐ奥に広がる馬場

動物と触れ合える環境 

正門を入ってすぐの馬場では乗馬している学生を見かけ、キャンパスを歩けば犬が散歩し、研究室によっては、犬や猫などの小動物を飼育しています。施設に出向けば馬や牛といった大動物も。人と動物と環境の共生をめざしている麻布大学ならではの「地球共生系」をカタチにした環境のなかで、動物に触れることからさまざまなことを学び、興味のある分野を発見することができます。

閉じる

教育環境

充実した設備を備える学部棟

充実した設備を備える学部棟

獣医学部棟(2006年完成)は、獣医療に対応した設備を揃え、臨床現場と直結した実践的な教育・研究環境を整えています。生命・環境科学部棟(2011年完成)は、自然エネルギーを最大限に利用し、環境負荷を最小限に抑える施設として設計されています。また、両学部棟は、地震対策として耐震や免震設計されています。

閉じる

獣医臨床センター

獣医臨床センター(附属動物病院)

獣医学部棟に隣接する獣医臨床センター(附属動物病院)は、がん治療に効果を発揮する放射線治療装置「リニアック」を初め、X線CT装置やMRI装置など最先端の医療機器を備え、全国のホームドクターから紹介された年間約13,000件もの難しい症例について診療を行い、臨床データも豊富。学生の臨床教育を実施する施設として理想的な環境を整えています。

閉じる

産業動物臨床教育センター

産業動物臨床教育センター

産業動物臨床教育センター(2014年完成)は、牛や馬など大動物(産業動物)を対象に診療・実習を行う施設です。出入り口には、防疫対策として消毒室を設置。大動物の衛生的・効率的な運搬が行えるように、各搬入口から手術室や実習室へは、電動式天井クレーンでつながっています。また、大動物をさまざまな角度から手術できる油圧式手術台を備えています。

閉じる

学部

【2018年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2018年度実績】

獣医学部
・獣医学科/2,577,740円
・動物応用科学科/1,824,660円
生命・環境科学部
・臨床検査技術学科/1,824,660円
・食品生命科学科/1,824,660円
・環境科学科/1,824,660円
※諸費用を含む。

学生生活を支援する充実の奨学金制度

約40%の学生が奨学金制度を利用しています。支給対象は全学年に及んでいます。

麻布大学奨学金貸与制度
継続して修学を希望しながら、経済的事情により修学が困難となった学生を対象にしています。貸与金額は、所属する学科または研究科の学納金相当額です。
麻布大学父母会奨学金貸与制度
継続して修学を希望しながら、経済的事情により修学が困難となった学生を対象にしています。貸与金額は、所属する学科の年間学納金相当額です。
麻布大学同窓会奨学金制度
継続して修学を希望しながら、経済的事情により修学が困難となった学生に対し貸与しています。貸与金額は、1人につき年間学納金の半期相当、在学中1回を限度とします。他の奨学金と重複して申請することができます。
日本学生支援機構奨学金制度
日本学生支援機構は、国の育英奨学事業を行っている機関です。奨学金の貸与を希望する人は、日本学生支援機構の奨学規程に基づき選考のうえ、採用されます。毎年、春に募集があります。
その他奨学金
地方公共団体や民間団体が独自に設けている奨学金があります。大学に募集案内が届いていない奨学金制度もありますので、各市区町村役場への問い合わせやインターネットによる検索など、個々で情報収集することも必要です。

閉じる

住環境

駅から徒歩約4分の立地ながら、緑豊かなキャンパス。全学科全学年がワンキャンパスで学び、落ち着いたアットホームな雰囲気で学生生活を送れます。東京、神奈川だけではなく、全国から学生が集まっています。

閉じる

クラブ・サークル活動

本学では、スポーツ系クラブ、動物を扱うクラブ、社会問題に取り組むクラブなど、共通の興味を持つ仲間が集まって活発な活動を展開しています。クラブ・サークルを通して培われる人間関係は、大学時代、そしてこれからの人生の大きな財産になるはずです。

体育会系クラブ

麻布大學應援團、麻布大学空手道豪友会、柔道部、剣道部、空手道部、麻布大学ラグビー部、麻布大学サッカー部、ボクシング部、準硬式野球部、麻布大学体育会合気道部、麻布大学体育会弓道部、馬術部、陸上競技部、硬式庭球部、総合空手拳和道、探検部

文化系クラブ

美術部、茶道部、野鳥研究部、軽音楽部、麻布大学吹奏楽部、童遊会、動物研究会、写真部

同好会・愛好会

CAPCコンパニオンアニマルプラクティスクラブ、麻布大学バレーボール同好会、バドミントン同好会、地球サークル環境村、A.T.P jovial、ソフトボール同好会、ZERRIA、blossom、矢部鍵盤、tier ~人と動物の関係を考える会~、英会話サークル ESS、デジタルツール研究会、ハンドボール同好会、麻舞TRIBE、フォークソングサークル~Light's~、Snow Leopard、JAVS(日本獣医学生協会)麻布支部、D.D.、農村文化研究会、Sea Dancer、テニスサークル スマッシュ、弦楽サークル sforzando、麻布大学ブラジリアン柔術サークル、A.T.C ぱぴんぽん、UNVERSE、Diving Team ‐ZABUZABU‐、Choeur~クール~、Sunrise、女子ハンドボール愛好会、ラクロス愛好会、♪Swing♪ 、Free Style、B→S、ミュゼット

閉じる

大学院・併設の大学

麻布大学大学院~地球の未来を拓く先端科学と専門知識を追求

「獣医学部」と「生命・環境科学部」の学びをさらに発展させる麻布大学大学院の2つの研究科は、動物の生命科学、食糧生産、環境科学、バイオテクノロジー、先端医療など、まさに「地球の未来」を支える21世紀の先端科学を教育研究対象としています。教員と大学院生が少人数制でともに論議しながら、それぞれの専門分野における高度で独創的な研究を進めています。また、働きながら修士・博士の取得をめざす方には、修業条件に必要な授業科目の時間割を組み、学位取得をサポートします。さらに、時間的制約の多い社会人の方には「長期履修学生制度」により、標準修業年限を超えて学ぶことができます。詳しくは、各研究科の指導教員にご相談ください。

●獣医学研究科
獣医学専攻/博士課程(博士:獣医学)
動物応用科学専攻/博士前期課程(修士:動物応用科学)、博士後期課程(博士:学術)

●環境保健学研究科
環境保健科学専攻/博士前期課程(修士:環境保健科学)、博士後期課程(博士:学術)

閉じる

パンフ・願書

本学についてもっと知りたい方は、「大学案内」などの資料を取り寄せよう!本学の歴史や学部・学科のカリキュラム、キャンパスライフや卒業後の進路など、在学生・卒業生のコメントを含め紹介しています。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71
JR横浜線「矢部」駅下車、北口から徒歩4分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒252-5201
神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71
広報・IR室

電話番号

(042)769-2032(直通)

URL

http://www.azabu-u.ac.jp/

URL(携帯)

http://www.azabu-u.ac.jp/sp/

E-Mail

koho@azabu-u.ac.jp

その他

【FAX】(042)850-2505(専用)

閉じる

みんなのQ&A

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ