よこはましょうか

横浜商科大学

私立大学 神奈川県

大学トップ

最新情報

2018/04/25NEW

ここに注目!
  • 国際都市「横浜」をフィールドに徹底した実用的な学問を学ぶ
  • 基礎教育と少人数制教育でビジネスの基礎を身に付ける
  • 1人あたり33社以上の求人数。幅広い出口が選べる

大学の特色

ビジネスの本質を国際都市「横浜」で学ぶ

経営やビジネスの世界で活躍する方々の講義や、有数の商業地域である「横浜中華街」「野毛商店街」や区役所、地元企業と連携して行う講義など、キャンパスだけでは得られない実践的な学びの場がここにあります。さらに、専門性と実学を重視する本学の教員は、民間企業やシンクタンク(研究所)出身者が多く、実際の企業社会に即した実践的かつ専門的な教育を展開しています。また、多様な教養科目を開講。ビジネスの世界で活躍できる、幅広い知識を習得することができます。

閉じる

少人数の教育体制で学ぶ

少人数制教育の実践により、教職員と学生の距離が近いのが特徴です。一人ひとりの個性や学習達成度、目標に合わせたきめ細かい指導を可能にしています。

閉じる

基礎教育で将来のキャリアを見据える

4年間を通じ、国際化への対応や社会人としての基礎的能力と希望する進路への専門分野を強化する内容です。入学してからの初年次ではアクティブラーニングを導入。「やる気」「気づき」を刺激し、コミュニケーションやコラボレーション能力などの社会人基礎力を身に付ける講義と自身のキャリア設計の講義を同時に受講します。

閉じる

アドミッションポリシー

横浜商科大学のアドミッションポリシー

横浜商科大学では、社会への関心を強く持ち、自ら考えて学習し、積極的に行動する意欲に富むとともに、本学の建学の精神を理解し、グローバル化した社会で活躍する良き市民、よきビジネスパーソンを志す学生を求めています。
高校までの学習課程で様々な科目に興味を持って積極的に学習してきたことのみではなく、課程外でも主体的に活躍してきたことを評価します。

閉じる

教育環境

観光・文化都市横浜エリアへのアクセスも抜群のキャンパス

横浜港を見渡す高台にあり、横浜駅から約30分。大学からベイブリッジが見える横浜らしい環境です。約21万冊を所蔵する図書館や常時使用可能なパソコン実習室、体育館、学生相談室などを設置。学生生活を支えます。また2018年3月には、新3号館(開学50周年記念棟)が完成、アクティブラーニングに対応した教室を更に増設します。また最上階には、学生ラウンジ・カフェも開設。学びに加え、憩いの場も提供します。

閉じる

多彩な留学プログラム

本学の留学制度には、在学中に派遣留学生として1年間にわたり留学できる制度(交換留学)と、夏期・春期休暇を利用して短期で海外研修できる制度(海外研修)の2種類があります。いずれも修得単位として認められているプログラムで、多くの学生が国際的視野を広げるため、積極的に利用しています。

閉じる

学部

【2018年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

【2018年度実績】

●商学部
【学科名(専攻など)】全
【初年度納付金】1,289,000円
【うち授業料】700,000円
【うち入学金】300,000円

横浜商科大学独自のさまざまな奨学金給付制度

●資格取得奨学生(授業料全額免除)/入学前に英検2級以上、日商簿記2級のいずれかを取得した者が入学した場合、最大4年間の授業料が免除になります。
●授業料50%免除/入学前に漢検2級以上、または一般入試A日程もしくは本学のセンター利用選抜試験で合格した上位10%の者が入学した場合、最大4年間の授業料が50%免除になります。
●横浜商科大学特待生(1)/各学年各学科の学業成績優秀者に対し、1年間の授業料相当額を給付します。
●横浜商科大学特待生(2)/日商簿記1級合格者や税理士試験科目合格者に対し、1年間の授業料相当額を給付します。
●横浜商科大学同窓会奨学金/2~4年次で、各学年、学科の成績優秀者に対し、年間40万円の奨学金を給付します(上記特待生をのぞく)。
●AO入試(カレッジリーダー特別選抜入試)入学者/入学金の50%相当額を給付します。
●入学金給付制度/入学者で全商協会主催の珠算・電卓実務、簿記実務、ビジネス文書、情報処理(ビジネス情報部門・プログラミング部門)、英語、商業経済の1級および会計実務検定試験から3種目以上の合格者に入学金相当額を給付します。
●資格取得奨励奨学金/在学中に本学が指定する資格を取得すると奨学金が給付されます。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2017年)

学生数、教員数

【学生数】1244人
【外国籍の学生数】106人
【教員数】110人
【外国籍の教員数】0人

2016年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 15人
6か月以上1年未満3人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】5
【大学独自の奨学金】有
【奨学金給付人数】20人以下
【奨学金給付金額総額】500万円未満
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

留学プログラムについて

海外提携校派遣留学制度

【留学先】アメリカ・その他の州
【留学期間】6か月以上1年未満
【対象人数】3名まで
【留学開始時期】2018/08/01
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】特に定めはないがTOEIC500点程度
【問い合わせ先】
部署:学生総合センター国際交流センター課

海外提携校派遣留学制度

【留学先】中国
【留学期間】6か月以上1年未満
【対象人数】1〜2名
【留学開始時期】2018/04/01
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】中国語の基礎能力があること
【問い合わせ先】
部署:学生総合センター国際交流センター課
電話番号:0455713901

海外研修

【留学先】ドイツ
【留学期間】6か月以上1年未満
【対象人数】1〜2名
【留学開始時期】2018/09/01
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】ドイツ語の基礎能力がある者
【問い合わせ先】
部署:学生総合センター国際交流センター課
電話番号:0455713901

閉じる

住環境

学生が大学4年間を主に過ごす「つるみキャンパス」は小高い丘陵地に位置し、豊かな緑と眺めのよさで、開放感あふれる学習環境となっています。
また、観光・文化都市横浜エリアとのアクセスもよいことから、活発なフィールドワークを展開することができ、社会状況に即した適応能力のある人材育成を行っています。
さらに、全教室に無線LANを敷設し、学生は全員ノートPCを持ちこみ、講義を受講することとなります。

閉じる

クラブ・サークル活動

クラブ・サークルに参加すれば、本学のアットホームな特色がさらに魅力あるものに感じられることでしょう。好きなことに打ち込む楽しさだけでなく、年次や学科を超えた人の絆が生まれます。ぜひ積極的に参加して、思い出をたくさん作りましょう!

体育会系クラブ

アーチェリー部、アメリカンフットボール部、空手道部、弓道部、剣道部、硬式野球部、ゴルフ部、サッカー部、自動車部、ソフトテニス部、軟式野球部、バスケットボール部、バドミントン部、バレーボール部、ハンドボール部、フットサル部、ラグビー部、Hip hop culture同好会

文化系クラブ

軽音楽部、JAZZ研究部、商大ネットワーク部、ホスピタリティ研究会、ドイツ文化研究、ボランティアサークルフロンティア、国際交流サークルMAP、商大ツーリングクラブ

閉じる

パンフ・願書

本学をよく知るために、「大学案内」の資料を取り寄せよう。 大学案内には、学部・学科ごとの詳しいカリキュラム、在学生の体験談や、卒業生の社会での活躍、 キャンパスライフなど知りたい情報が載っています!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

つるみキャンパス

●横浜市鶴見区東寺尾4-11-1
「横浜」駅東口から市営バスで「岸谷」バス停下車、徒歩5分
京浜急行線「生麦」駅下車、徒歩15分
JR横浜線「大口」駅下車、徒歩20分
東横線「菊名」駅、JR「鶴見」駅西口から市営バスで「飯山」バス停下車、徒歩5分

みどりキャンパス(総合グラウンド)

●横浜市緑区西八朔町761
JR横浜線「十日市場」駅北口下車、徒歩20分
JR横浜線「中山」駅北口下車、青葉台駅行きバス(市営・東急・神奈川中央交通)で「宮前」バス停下車、徒歩5分
東急田園都市線(東京メトロ半蔵門線に乗り入れ)「青葉台」駅下車、青葉台⇔みどり台循環バスで「横浜商科大入口」バス停下車、徒歩3分。または中山駅行バス(市営・東急・神奈川中央交通)で「宮前」バス停下車、徒歩5分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒230-8577
横浜市鶴見区東寺尾4-11-1
入試・広報センター

電話番号

(045) 571-3901(代)

URL

http://www.shodai.ac.jp

その他

【FAX】(045) 571-4125

閉じる

みんなのQ&A

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ