かなざわせいりょう

金沢星稜大学

私立大学 石川県

人間科学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

スポーツ学科(75名)
こども学科(68名)

所在地

1~4年:石川

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●人間の心・体・頭の総合的な発達と能力の開発について科学的にアプローチする
●少人数ゼミナール制で人間性と専門知識を養う
●地域社会で、人間関係を育み、自分の役割を探究

「スポーツ」と「こども」の分野から人間を探求しながら、その知見を実社会で生かせる社会人を育成します。

【学生数】567人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】32人(2017年5月1日現在)

スポーツ学科

講義・学問分野

スポーツ科学概論、スポーツ教育学、特別支援教育総論、野外スポーツ演習、スポーツ指導法、スポーツ医科学論、スポーツ実技、スポーツ心理学 ほか

閉じる

こども学科

講義・学問分野

こども学総論、器楽、保育者論、こどもと福祉、社会福祉論、算数科基礎、幼児教育原理、学級経営論、保育内容総論、初等教育実習、幼児教育実習 ほか

閉じる

学部の特色

競技にとどまらず、さまざまな視点でスポーツを研究

人間の心・体・頭の総合的な発達と能力の開発について科学的にアプローチする

『人間を探究し、人間が持つ無限の可能性を発見し、人間に対する理解と洞察を深め、自らの人間力を高める』ことをめざします。多様な地域活動に参加し、問題を発見・解決する能力と人間関係を形成する能力を身につけ、スポーツで地域を支える人材、未来を創るこどもたちを育てられる人材を育成します。
●スポーツ学科/スポーツを科学的に探究し、心身のしくみと機能を学び、豊かな知性と人間性を備えた『スポーツリーダー』を育成。「スポーツ教育」「スポーツマネジメント」「スポーツアスリート」の3分野からあらゆるスポーツに関係して、実践的に学びます。
●こども学科/幼児・児童という垣根を超えて、多様な能力が開花する時期(0~12歳)を一貫する『こども教育』を重視し、こどもの視点で考える力とこどもに負けない自由な発想と教育力を備えた『こどもスペシャリスト』を育成。小学校教諭と幼稚園教諭の一種免許状、保育士資格が取得できます。

閉じる

学生個人の意見を尊重できるよう、演習形式による授業を展開

少人数ゼミナール制で人間性と専門知識を養う

1年次からのゼミナールを必修科目に採用し、基礎学力と社会人の基礎となる教養を身につける基礎ゼミナールをスタート。4年次までの少人数制による演習形式の授業で、豊かな人間性と厚みのある専門知識を養います。

閉じる

地域の図書館で子ども向けのイベントを定期開催

地域社会で、人間関係を育み、自分の役割を探究

本学部の特色である2年次の「フィールド基礎演習」、3年次の「スポーツフィールド演習」と「こどもフィールド演習」を通じて、地域社会の中で行われているさまざまな活動に実際に参画。学外の人たちと協力しながら企画立案や運営、問題解決などにあたることを通して、自身の人間性を高めていきます。また、地域の教育や文化、伝統に直接触れることによって、社会の中で自らが果たすべき役割について学び、地域社会を育てるキーパーソンをめざします。
本学は、経済学部の実績を生かし、人間科学部においても充実した実学教育を実施しています。授業科目や研究面で多角的に経済学部と連携し、ビジネスパーソンとしての知識とセンスを養います。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

スポーツ学科

スポーツが関連するあらゆる分野で役立つ知識と実践力を備え、人々の健康の維持・増進に貢献

「スポーツ教育分野」「スポーツマネジメント分野」「スポーツアスリート分野」の3分野からなる本学科の学びは、将来の目標に合わせて学べるカリキュラムを編成しています。教育分野では体育教員やスポーツ指導者、リーダーなど、マネジメント分野ではスポーツ組織の運営者など、アスリート分野では高いレベルの競技者、指導者などを育成します。
オリンピック代表経験者やプロ経験者などから、実践的な指導を受けられるほか、全国で初めて導入されたブルートラックの陸上競技場、2つのアリーナからなる二層構造の体育館、最新設備を備えた星稜スポーツセンター、科学的な運動管理のための健康生態測定室など、スポーツを学ぶための学習環境が充実しています。

【授業・講義】
スポーツビジネスの現場を体験し、課題と解決策を考察

「スポーツマネジメント論」は、プロスポーツクラブ、フィットネスクラブなどスポーツビジネスの現場を体験し、そこにある経営上の課題と、自分なりの解決策を提案する実践的な授業です。学内外の人たちとの交流を通じて、社会性やコミュニケーション能力を身につけます。

閉じる

地域密着型のイベントで児童理解を深める

こども学科

こどもや教育が抱える諸問題を、こどもの視点になって考え、問題を解決することができる「こどもスペシャリスト」を育成

少子化の時代に重要視されるのは、幼児教育・児童教育という垣根を超えた「こども教育」。本学科では、「こどもスペシャリスト」をめざして、幼児教育と児童教育の2つの専門分野を同時に修得し、小学校教諭一種と幼稚園教諭一種の免許状、保育士資格が取得できます。
学ぶ環境も充実を図っており、こども教育を実践的に学ぶ自由な創造空間「ピアッツァ工房」は、「あそび」「リズム」「表現」「造形」「実験」「ナーサリー」「クッキング」の7工房で構成され、本学科の中心的な学びの場で、子育ての場としても開放されており、地域の親子と触れ合うことができます。
また、石川県教育委員会指導主事経験者や小学校の教諭・教頭経験者、音楽・芸術分野における専門家などの多彩な指導陣が、充実した学びを提供しています。

【授業・講義】
地域の小学生と触れ合いながら教員に必要な構想力・実践力・コミュニケーション能力を身につける「ワークショップ・キャラバン隊」

教員をめざす学生が地域の小学校を訪問し、補充教室・自然体験活動・遠足などで学習や行事を支援する「ワークショップ・キャラバン隊」。これは授業ではなく、SEIRYO JUMP PROJECTと呼ばれる学生独自の活動です。ワークショップ型の授業を通し、授業構想力や授業実践力、コミュニケーション能力、児童との人間関係の構築方法のスキルを身につけます。

閉じる

アドミッションポリシー

私たちが求める人

●人間が持っている無限の可能性を探究したい人
●人間を愛し、自らの人間力を高めたい人
●地域社会を愛し、地域社会で創造的な活動をしたい人

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

問い合わせ先

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ