きんじょう

金城大学

私立大学 石川県

看護学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

看護学科(80名)

所在地

1~4年:石川

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●豊かな人間性と医療人としての高い倫理観を培う
●地域に根差したケアシステムの構築をめざす
●エビデンスに基づく看護実践能力を磨く

医療・福祉が感化しあう学びで、地域ニーズに応える看護師を育成します。

【学生数】263人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】24人(2017年5月1日現在)

看護学科

講義・学問分野

解剖生理学、臨床栄養学、石川県・白山市の保健医療事情、成人看護論、母性看護学演習、在宅看護学演習、チーム医療演習、高齢者の心理、ボランティア活動 など

閉じる

学部の特色

豊かな人間性と医療人としての高い倫理観を培う

看護師は、生老病死という重要なライフイベントに関わる大きな役割と責任があり、現場が求める仕事のレベルも高まる一方。だからこそ、4年間かけて、豊かな人間性と看護の基礎を大切に育てる必要があります。その上にはじめて、高い専門性を重ねていくことができるからです。本学では、基礎を徹底し、主体的な学びと成長、医療人としての倫理観の形成に繋がる教育をめざします。

閉じる

地域に根差したケアシステムの構築をめざす

住み慣れた地域で医療や介護のサービスを受けられる「地域包括ケアシステム」の構築が各地で進んでいます。そのような中、白山市でも地域に根ざした看護師育成を望む声が高まり、本学の看護学部は設立されました。大学として地域の保健活動に貢献し、多職種をめざす学生がともに学び合う環境で、切れ目のないケアを提供する地域包括ケアをリードできる看護師を育成します。

閉じる

エビデンスに基づく看護実践能力を磨く

臨床で看護師に求められるのは、エビデンス(根拠)に基づく看護です。金城大学では、段階を経てその看護実践力を磨いていきます。1年次から始まる臨床実習でも、丁寧に振り返りをし、そこから見出した課題を、次の学びへと生かしていきます。その積み重ねが、最終学年で自己の看護観を認識することへとつながるのです。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

看護学科

理論と実践で チーム医療への理解を深める

多職種連携は、看護師にとっても非常に重要。看護学部では3年次前期に「チーム医療論」でさまざまな症例におけるサポート体制を学び、後期からの実習で具体的に理解を深めていきます。実習先では、理学療法士・作業療法士はもちろん社会福祉士・介護福祉士といった福祉スタッフとの連携も体験できる環境が整えられています。また、看護学部の学びはグループワークや、さまざまな課題に対して自分で資料を集め、解決策を見出していく学習方法「PBL(Problem Based Learning)」を中心に進められます。そのため、少人数教育が基本。「臨地実習」では、成人看護・高齢者看護・母性看護など、領域ごとに学びを体験します。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ