さく

佐久大学

私立大学 長野県

大学トップ

ここに注目!
  • 充実したベテラン講師陣
  • 地域の医療機関と連携し実践的な力を養う
  • 臨床とともに人間性を重視した教育

大学の特色

人に寄り添い、「患者中心の看護」とは何かを考える

人が一生のうちに出合う重大な局面に「出産・病気・老い・死」の4つがあります。看護師はそのすべてのシーンに直接関わり、患者さんの人生に寄り添う仕事です。近年では医師の指示のもと、あるいは医師と相談して看護師が行う医療行為も増えており、プロフェッショナルな医療人としての地位がより向上しつつあります。
医療技術の急激な進歩とともに、現場での看護技術の向上にも終わりがありません。まずは佐久大学で看護の基礎をしっかり学ぶことで一生の基礎となる知識と技術・態度を身につけ、職業人生のスタートを切ってみませんか?
本学では、人間の健康とさまざまな生活・環境・文化・社会について学び、基本的な病態・症状・兆候や適切な対処について理解を深めていきます。これらの理解のうえに立って、多様な人間の健康レベルのありようを個人、家族、地域、世界といった視点から捉え、看護を展開していく能力を養います。

閉じる

地域医療先進エリアで知識と経験を培う

看護職としての実践的な学びに適した佐久地域。
戦後間もない頃から、佐久地域は病いと貧困に苦しむ農村の人々の健康を守るため、病気の予防と高齢者医療に取り組んできました。
長年にわたり、医療機関・地域・行政が一体となって健康教育・疾病予防・訪問看護・訪問診療など先進的な地域医療に取り組んだ結果、平均寿命全国でも上位の長野県の中でもさらに長寿な「地域医療先進エリア」として、全国に知られるまでになりました。
今後、佐久市が目指すのは、他に類を見ない健康な都市「世界最高健康都市」。こうした特別な地域で看護学を学び、実習を経験できることは、看護職を目指す人にとってまたとないメリットであり、豊かな見識と経験知を積み重ねることができます。

閉じる

導入基礎演習

高校教育から大学教育への円滑な移行ができるように、1年生前期に導入基礎演習という科目が組まれています。大学生になって一番不安に思うことは友人ができないのではないか、学習についていけないのではないかということだといわれています。そこで、導入基礎演習ではPBL(Problem Based Learning)という学習方法を使って、大学での基本的な学習技術(自分で問題を見いだし、調べ、検討し、考察する)プロジェクトチームと個人での活動を通して身につけます。プロジェクト学修ではPBLsに則ってグループワークを、個人学修では「アカデミックポートフォリオ」の作成・更新を行います。集大成として、学内外公開のプレゼンテーション大会を実施。この授業を経て、主体的な学習スキルと、生涯にわたって学び続ける力を獲得しましょう。

閉じる

アドミッションポリシー

幅広い視野と豊かな教養を育み、道徳的及び応用的能力の展開により、社会に貢献できる人材を育成する

本学の入学者受け入れ方針は以下になります。
1)看護に関心を持ち、自らすすんで課題に取り組む意欲と探究心がある人
2)人との出会いをとおして学びあい、人への思いやりを深められる人
3)社会の変化や科学の発展に広く関心を持ち、社会に貢献する意欲がある

教育目標
◆ 豊かな人間性と幅広い教養を兼ね備えた人材を育成する
◆ 学問を深め真理を探求していく態度・能力を育成する
◆ 命の大切さを深く理解し、擁護する能力を育成する
◆ 進歩する医療や変化する社会に対応できる看護実践能力を育成する
◆ 国際的視野を持ち、看護を通じて国際貢献できる能力を育成する
◆様々な領域の専門家と連携し、協働できる能力を育成する

閉じる

教育環境

日本でもトップレベルの地域医療先進エリアで学ぶ

長野県は、国内でも有数の「長寿県」として注目を集めています。がんによる死亡率も低く、県民1人あたりの医療費は極めて低い水準にあります。この背景には、「地域医療」の浸透と、活発な保健予防活動があります。つまり、「地域の人々の健康を支える」取り組みがすでに一般的になっており、この環境で学ぶということは、それを身近に感じることができるということです。また、主な実習先として地域医療の最前線を担う「佐久総合病院」「浅間総合病院」と密に連携。さらに、海外から講師を招き、視野を広くするための機会も提供します。まさに看護を学ぶには理想の場所です。

閉じる

学部

【2018年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

納入金【2018年度入学者対象】

看護学部/173万円 ※諸経費別途
別科助産専攻/173万円 ※諸経費別途

奨学金

佐久大学奨学金制度
一般入試およびセンター試験利用入試において、特に優秀な成績の者を奨学生と認定し、授業料の半額を免除します。奨学生の資格は1年とし、各年次学業成績により、最長4年間の継続が可能です。

学納金減免制度
本学園卒業生の子女は入学金(23万円)が免除になります。

経済支援奨学生制度
就学の意欲が高く、相応の能力を有し、家庭の経済的事情の急変により就学が困難であると認められる者を奨学生として認定し、授業料の半額を免除します。奨学生の資格は1年ですが、申請により継続が可能です。

その他の奨学金制度
・長野県看護職員修学資金貸与制度
・JA長野厚生連看護学生奨学貸付金制度
・日本学生支援機構奨学金制度 
 ほか
佐久大学では、看護師をめざし、将来、地域や医療に貢献しようとする学生を対象に、各医療機関や行政・地方自治体などにおいて特色ある奨学金制度を紹介しています。詳細は入試広報課までお問い合わせください。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2018年)

学生数、教員数

【学生数】385人
【外国籍の学生数】1人
【教員数】92人
【外国籍の教員数】14人

昨年度の留学実績

閉じる

住環境

信州の東の玄関「佐久市」にある本学は、長野新幹線「佐久平」駅や中部横断自動車道「佐久中佐都I.C」、上越自動車道「佐久I.C」からすぐ近くです。東京から新幹線で70分の立地でありながら、豊かな自然に囲まれ近郊には日本を代表するリゾート地も。近隣には、大型スーパーや飲食店、コンビニ、病院など、生活にも便利な施設が整備されています。

閉じる

クラブ・サークル活動

スポーツや趣味などで学生みんなが仲良く楽しく活動しています。

体育会系クラブ

女子バレーボール部、女子バスケットボール部、男子バスケットボール部、テニスサークル、バレーボールサークル、自転車サークル、卓球サークル、ゴルフサークル、フラサークル、バスケットボールサークル、スキー・ボードサークル、バドミントンサークル、軟式野球サークル、フットサルサークル

文化系クラブ

手話サークル、ぴあサークル、華道サークル、地域交流サークル、軽音楽サークル、ほのぼのキッチン、Laugh Therapy in English for berries、お茶研究会

閉じる

大学院・併設の大学

大学院

大学院の看護学研究科には、学士課程から進学する人はもちろん、看護の現場で実践経験を積んだ人も多く入学します。そのため、実践経験の中で生まれる解決困難な課題や疑問を自ら解決する能力、自らの体験を看護理論に基づいて研究として完成させる能力を養成し、看護師のキャリア形成を支援することが重要な役割となっています。
研究科では定員5名という少人数の院生に約20人の大学院担当教員が丁寧に関わり、密度の濃い学修を支援しています。修士論文の作成では、研究計画作成の段階から複数の教員による指導・助言体制を整えています。

閉じる

専攻科

別科助産専攻

女性、乳幼児、家族を対象に、対象者を全面的に理解し、寄り添い、真理を探究できる自律した専門職としての助産師を育成します。また、女性の主体性を尊重し、安全で質の高い助産ケアを提供できる高度な知識と優れた技術を教授・研究します。女性の健康を支える知識や技術、周産期の母子と家族のケアに必要な助産診断・技術の基礎能力、地域の特性を理解した上で母子と家族の健康を守る科学的思考力の修得を目指します。助産師国家資格を活かして長く活躍し、地域に貢献する人材を育成します。

閉じる

パンフ・願書

本学の周辺ってどんなところ?課外活動は何があるの?勉学以外にも環境を知って、キャンパスライフをより充実したものに。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●長野県佐久市岩村田2384
JR長野新幹線・小海線「佐久平」駅徒歩15分、またはスクールバス5分
上信越自動車道「佐久インター」から車で10分、中部横断自動車道「佐久中佐都インター」から車で3分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒385-0022
長野県佐久市岩村田2384 
入試広報課

電話番号

(0267)68-6680

URL

http://www.saku.ac.jp/

E-Mail

admission@saku.ac.jp

その他

【FAX】(0267)68-6687

閉じる

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ