なごやがいこくご

名古屋外国語大学

私立大学 愛知県

入試

受験アドバイス

【2018年度入学生向け入試】※2017年度実施

推薦入試
●一般公募推薦【併願制】
英語の基礎的理解と英語による一般常識(一部記述式)・英語リスニング・国語の理解(記述式)の適性検査の点数に、書類審査を加えた総合判定によって選考。面接は課していません。

一般入試
●前期A方式[3教科/英語リスニングあり]
一般入試の中で募集人員が最も多いメイン入試です。英語リスニングの30点により、英語の配点(230点)が高く、総合的な英語力を生かすことができます。
●前期M3方式[全問マークシート方式3教科/英語リスニングなし/地方試験会場あり]
同一日の前期M2方式に同時出願すれば、1回の受験で2回合否判定を受けられます。名古屋外国語大学のほかに全国8か所(東京、金沢、岐阜、浜松、津、大阪、岡山、福岡)で受験が可能です。
●前期M2方式[全問マークシート方式2教科/英語リスニングなし/地方試験会場あり]
ほかの入試方式に比べて、英語の配点比率が最も高いのが特徴です。名古屋外国語大学のほかに全国8か所(東京、金沢、岐阜、浜松、津、大阪、岡山、福岡)で受験が可能です。
●前期プラスセンター方式
前期A・M3・M2方式の英語(前期A方式はリスニングを除く)と、大学入試センター試験の高得点2教科各1科目を合わせて合否判定を行うため、個別学力試験がなく、合格の可能性も広がります。センター試験における利用科目に英語も併用でき、実質2科目での受験も可能です。2018年度から募集人員を多く設定。
●センター利用前期[3教科、5教科/英語リスニングを含む]
●センター利用後期[2教科/英語リスニングを含む]
大学入試センター試験の成績のみで判定します。個別学力試験は行いません。
●後期[2教科/英語リスニングなし]
3月に行う2教科で受験できる入試です。

★Topics★
全てインターネット出願!
出願や受験に必要な情報は全て受験生サイトで公開します。
入学検定料の割引・免除が受けられる『ネット出願フリーパス』制度
対象の入試方式をどのように組み合わせても、また、入試日程をどのように組み合わせても、35,000円で出願が可能!
*センター利用入試のみの組み合わせは、一律15,000円で出願が可能。
※同一出願期間の入試においては、一括同時出願が必要です。

外部英語検定試験による加点制度を導入!
【一般入試 前期A・M3・M2・プラスセンター方式、後期対象】
指定した外部英語検定試験にて指定条件を満たす場合、外国語の得点に20点を加算し合否判定を行います。

★詳細は受験生サイトで必ずご確認ください。

もっと見る

入試科目・日程を調べる

過去問

2017年度大学入試

以下のページをご覧ください。

http://www.nagoyagaidai.com/nyushi/

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ