×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

なごやぞうけい

名古屋造形大学

私立大学 愛知県

大学トップ

2021/10/13NEW

ここに注目
  • 未来を担う、クリエイティブな思考力と実現力を養う
  • 社会や国外で活動していく力を磨く
  • 新たなカルチャーや技術を学び、多様なエンターテイナーをめざす

大学の特色

学生一人ひとりの造形表現を発信する

知と創造の森で豊かな造形体験ができる

アートからデザイン、マンガ、アニメーション、建築・インテリア、メディアなど「5領域」を設置し、“学生一人ひとりが考え、創作すること”を大切にしています。また、本学では“アートやデザイン”と“社会”とのつながりを強く意識し、海外協定校との交流や地域密着型・産学連携プロジェクトを積極的に展開しています。
現場体験を重視しているため、創作工房を整備し、活動の原点となる造形体験をバックアップ。「地域へ・世界へ」あなたの造形表現を発信できるチャンスが、自然豊かなキャンパスに広がっています。

プロのアーティスト・デザイナーがあなたの夢を支援
アートやデザインを学ぶこと=無から何かを生み出すこと。本学の教職員は第一線で活躍するアーティストやデザイナーです。プロの視点で優しく厳しく、実践的な指導で、一人ひとりの夢の実現を応援します。

閉じる

幅広く複合的に学びながら自身を高めていくことが可能

1年次から専門性を追求、クリエイティブな思考力と実現力を養う

本学は、さらに広く多くの選択肢から自分の可能性を選べるように、2020年度より5つの領域に分かれて学ぶ構成に生まれ変わりました。“学生一人ひとりが考え、創作すること”を大切に、1年次から美術、デザイン、イラスト、マンガ、映像、CG、建築といった専門性を追求することで、今の社会ニーズである「表現力」「創造力」「企画力」など、今までよりも広く複合的に学びながら自身を高めていくことが可能になります。

■美術表現領域
日本画、洋画、彫刻、アートマネジメントなど、美術作品のつくり方をはじめ「美術とは?」「誰のためにつくるのか?」など、考え方から芸術理論の根幹までを幅広く学びます。

■映像文学領域
「物語をつくる・見る・感じる・考える・共感する」を軸に、マンガ、アニメーション、CG、映像、グラフィックなどの方法とプロセスを学びます。

■地域社会圏領域
「どうしたら美しい地域社会ができるだろう」をテーマに、地域社会をデザイン。その設計やまちづくりを考えます。

■空間作法領域
インテリア、環境グラフィック、ライフデザインを通し、人間工学の考え方や人々の生活を手助けするデザインを学べます。

■情報表現領域
メディア、ゲーム、デザイン、3DCG、イラスト、AIなどを通じて、「分かりやすく伝える」「見て分かるとはどういうことか」その考え方や技術を学びます。

各領域の中で学びたいことを1年次から打ち込めるのが本学の特徴です。また、2年次後期からはスタジオ制となり、第一線で活躍するプロのアーティストやデザイナーから、身に付けたいことをしっかりと学ぶことができます。

閉じる

2022年、名城公園に全学部のキャンパスの移転予定

新しい表現の創造に打ち込める環境

本学のキャンパスは、東京ドーム約8個分、約11万平方メートルものスケール。豊かな自然に抱かれた広大なスペースに、アトリエや図書館、工房、ギャラリーなどを配置して学生に開放しています。各棟には、各領域のアトリエや研究室のほか、写真スタジオ・版画室・クレイモデル工房をはじめとする創作工房、ギャラリー、多目的ホール、学生サロン、コンピュータ室、図書館などがあり、感性をリフレッシュさせ、新しい表現に打ち込める理想的な環境が整っています。また、2022年には名城公園のすぐ隣に全学部のキャンパスの移転を予定しており、地域社会に貢献する日本の新たな芸術活動を、この名古屋からつくり出していきたいと考えています。

閉じる

アドミッションポリシー

創造力豊かな人材育成をめざす

名古屋造形大学の求める学生像

名古屋造形大学は、多様な個性を認めあい、自らの知性と感性を磨く、創造力豊かな人を育成します。また、異なる文化への深い理解力を有するとともに、地域の伝統や文化への共感を持ち、その発展に貢献できる人を育成します。この理念に基づき、本学は入学者受け入れの方針として、次のような人を求めます。

●造形分野を専門的に学ぶ上での興味・関心・意欲を持つ人
●豊かな発想力と高度な造形力を身につけ、次の時代を切り拓こうとする気概のある人
●自らの個性を伸ばし、他者の個性を尊重する意志のある人
●地域や社会の文化に積極的に貢献する意志のある人

閉じる

教育環境

充実の施設・設備を完備

充実の施設・設備と豊かな自然に囲まれたキャンパスで学ぶ

本学のキャンパスは、東京ドーム約8個分、約11万平方メートルものスケール。豊かな自然に抱かれた広大なスペースに、アトリエや図書館、工房、ギャラリーなどが配置され、学生に開放されています。常に感性をリフレッシュさせ、新しい表現に没頭できる最高の環境です。

●A棟・B棟・C棟・D棟・E棟・F棟・G棟
各棟には、各コースのアトリエや研究室のほか、写真スタジオ・版画室・クレイモデル工房をはじめとする創作工房、ギャラリー、多目的ホール、学生サロン、コンピュータ室、図書館、就職指導室、健康管理室などが整っています。

●体育館・テニスコート
テニスコートや体育館、グラウンドなど、広大なキャンパスにはスポーツ施設が整っています。授業やクラブ活動で利用されるほか、さまざまなイベントにも活用されています。

●学生ホール
1階には食堂、2階には売店があります。

★キャンパス移転
2022年4月に名古屋市名城2丁目への移転を予定しています。新キャンパスは名古屋城のある名城公園のすぐ隣に位置する予定です。

閉じる

学部

【2021年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

【2021年度入学者対象】(入学金を含む初年度納入金)

●造形学部/1,696,000円(うち授業料850,000円)

未来のクリエイターを多彩な制度がバックアップ

●クリエイティブ奨学生
入学者選抜において優秀な成績をおさめた受験生を選考。
A奨学生は、4年間にわたり授業料2分の1を支給。
B奨学生は、4年間にわたり授業料4分の1を支給。
総合型選抜・専願のみ選考されるC奨学生は、入学金相当額を支給。

●名古屋造形大学奨学金(給付型)学業奨励
在学時から同窓会活動・課外活動に積極的に参加できる者。5名を限度として、20万円を支給。

●名古屋造形大学兄弟姉妹の授業料減免制度
生計を同一にする兄弟姉妹が同時に、名古屋造形大学(正規課程/学部または大学院)に在籍する場合、
兄弟姉妹のうち後に入学した1名に対し、入学初年度の授業料の2分の1を減免し、返還。
※手続方法については、入学後にWeb掲示板で告知

●名古屋造形大学卒業生・修了生の子奨学金制度
名古屋造形大学(名古屋造形芸術大学を含む)、名古屋造形芸術短期大学の卒業生の子に対して、
入学金相当額を奨学金として支給。
※手続方法については、入学後にWeb掲示板で告知

●東本願寺奨学金制度
・交換留学生支援型奨学金
・在学生支援型奨学金
【学部 選考基準】
(1)全国区・県外で受賞歴のある学生(規模順)
(2)県内で受賞歴のある学生(規模順)
(3)大学のイメージ向上に貢献した注目に価する学生、またはプロジェクトチーム
 ※(3)は、担当教員の推薦文必須

【大学院造形研究科 選考基準】
(1)全国区・県外で受賞歴のある学生(規模順)
(2)県内で受賞歴のある学生(規模順)
(3)現状の創作活動において将来性が見込まれる学生 
(4)「研究計画・内容」から今後の積極的な活動が見込まれる学生 
(5)大学のイメージ向上に貢献した注目に価する学生、またはプロジェクトチーム
 ※(3)、(4)、(5)は、担当教員の推薦文必須

●名古屋造形大学桃美会緊急修学支援奨学金制度
経済的急変により学業継続が困難となった場合、1名50万円を限度として支援奨学金を支給。

●名古屋造形大学桃美会大学院進学奨学金制度
本学大学院への進学に際し、今後の研究制作及び学業達成を支援。
5名を限度として、20万円を支給。

●名古屋造形大学 学業奨励奨学金(給付型)
入学後に修学する中で優秀な成績をおさめた学生(前年度の通算GPAの値が高い者)を選考。

●名古屋造形大学 修学・緊急支援奨学金(給付型)
経済的に困難な状況にある学生に対して給付。
(1) 修学支援奨学生
一人親家庭、または学費出資者の長期療養等により経済的に修学が困難であるが学ぶことを強く希望する者。
(2) 緊急支援奨学生
前年度中に学費出資者の死亡、失業並びに事業倒産、及び風水害等その災害により経済的に急変をきたした者。

閉じる

住環境

本学は、名古屋市の中心部からほど近いロケーション。最寄りのJR「春日井」駅および「高蔵寺」駅、名鉄「犬山」駅からは無料のスクールバスで通学できます。学生は、名古屋市内を中心に、愛知県、岐阜県、三重県など、幅広いエリアから通学しています。
学生の出身地は、北海道から沖縄まで全国に広がっています。一人暮らしの学生は約2割で、中にはアトリエを兼ねた住まいを選ぶ人もいます。

閉じる

クラブ・サークル活動

講義や実習以外にも、楽しく表現や造形活動ができるのが本学の魅力。クラブやサークル活動では、大学の設備を活用でき、専門外の興味のある表現にも、どんどんチャレンジできます。いろいろなコースの仲間と過ごす時間は、一生の思い出になるはずです。

体育会系クラブ

バスケットボール部、テニス部、バドミントン部、バレー部、フットサル部、ダンス部 など

文化系クラブ

軽音部、地球部、Club illustration、Cocco、陶芸部、劇団じゃこ、漫画倶楽部、ねこぶ、TRPG部 など

閉じる

大学院・併設の大学

2分野のアプローチから専門研究を進める

●造形研究科(修士課程)
造形専攻(造形表現制作[日本画、洋画、先端表現]、造形表現構想[視覚伝達デザイン、メディアデザイン、建築デザイン、ライフデザイン、ランドスケープデザイン、芸術文化研究])

閉じる

パンフ・願書

本学の特色や魅力を紹介しています。各領域の学びの特徴、就職状況や資格などのほか、各種プロジェクトやキャンパスライフも掲載しています。本学の学生・卒業生・教職員で企画・制作しました。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●愛知県小牧市大草年上坂6004
JR中央本線「春日井」駅または「高蔵寺」駅から無料スクールバスで約20分。名鉄犬山線「犬山」駅から無料スクールバスで約35分。

閉じる

問い合わせ先

住所

〒485-8563

愛知県小牧市大草年上坂6004
入試・広報センター

電話番号

(0568)79-1059(直)
【フリーダイヤル】0120-977-980

URL

http://www.nzu.ac.jp/

その他

【Twitter】@nzu_koho
【Facebook】https://www.facebook.com/nzu.ac.jp

閉じる

名古屋造形大学についてのよくある質問

NZU名古屋造形大学マンガ大賞について教えてください。

プロに自分の作品を見てもらえます。詳細はこちら

閉じる

総合型選抜(専願)の「ワークショップ」形式とは、どんな入試ですか?

あなたのアイデアやイメージを評価する入試方法です。詳細はこちら

閉じる

「産学協同プロジェクト」とは、どんな活動ですか?

発表の場を社会に広げ造形力を磨く活動です。詳細はこちら

閉じる

もっと質問を見る

閲覧履歴に基づくオススメの大学

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ