なんざん

南山大学

私立大学 愛知県

学校推薦型・総合型選抜レポート

2022年度

南山大法学部法律学科

AH 先輩のレポート

入試形式

推薦入試で課されたこと

志望理由書

小論文

面接

閉じる

面接とわたしの対策

面接形式

個人

面接官の人数

2人

質問 1

質問

志望理由

解答

貴学を志望した理由は幅広い科目について学ぶことができるからです。なぜならさまざまな教養を深めると、国や世代の異なる人々とのコミュにケーションも円滑になるからです。そこで得られる知識はこれからの自分の大きな強みになると思います。また、留学に近い形で言語を学べる環境があることにも強く惹かれました。外国の方と接する上でのスキルをより実践的に磨くことができるのは、将来に大いに役立つと思います。

質問 2

質問

高校での1番の思い出はなにか

解答

文化祭で行った演劇です。私は裏方として、作業が円滑に進むように、自分の担当である照明の仕事だけでなく周りにも積極的に声をかけて、手伝いました。コロナによって本番前日に中止が言い渡され無観客の形で行いました。悔しくてたまりませんでしたが、投げやりな気持ちにならず、最後まで諦めずに作業を続けた私のクラスの雰囲気にはとても感動しました。何があっても前を向いて進んでいく大切さを学びました。

質問 3

質問

税関を目指すということだが、大麻の合法化についてどう思うか。

解答

(思いがけない質問で焦ってしまいなんと答えたか覚えていません、すみません)

「やっておいてよかった!!」対策

志望理由については突っ込んで質問されるので、深く考えておいた方がいい。私は将来の夢を絡めて書いたところ、その業界における今の問題点について質問された。

私は将来の夢を絡めて書いたところ、その業界における今の問題点について質問された。質問してくださった先生が外国人で、質問を聞き取るのに必死になってなにを聞かれているかがわからなくなり、本当に焦ってしまいました。詰めの甘い部分がないように志望理由などについての考えを深めておくことが大切だと思います。

「やっておけばよかった・・・」と後悔したこと

進路の先生などに頼んで面接の緊張感を味わったりや変わった質問を投げてもらう練習をしておけばよかった。

一人で頭の中で解答を復唱する練習しかしませんでした。自分の回答を誰かに聞いてもらうことはアドバイスももらえると思うし、なにより本番の緊張感が少し減ると思うからやっておけばよかった。

役に立った教材・サービス

面接準備バッチリBOOK

活用ポイント

このような質問が聞かれるのかと、参考になりました。

閉じる

小論文対策

解答時間

60 分

出題内容

文章を読んで問いに2問答える。1問目は下線部をわかりやすく説明すること。2問目はインターネット上の個人情報を扱う上のルールを考えて書く問題だった。

解答内容

問2、各サイトで個人情報を提供するかをユーザーが選択できる法律などを確立するべきだと書いた。Cookieについて触れた。

「やっておいてよかった!!」対策

制限時間内に書ききる練習

小論文対策の本などを用いて、とにかく書く練習をすること。また時事問題や環境問題についても知識をためておくことが必要。

役に立った教材・サービス

小論文対策書き方講義

活用ポイント

論の展開の順番の説明があったので、それが小論文を書き始める時にとても参考になった。

閉じる

志望理由書

志望理由書のあらまし

貴学を志望した理由は4学期制でより多くの種類の授業を履修することができるからです。学部に関係する内容だけに捉われない、法律だけでなく経済や情報、宗教など幅広い科目について学ぶことができる点は非常に魅力的に感じました。なぜならさまざまな教養を深めると、国や世代の異なる人々とのコミュにケーションも円滑になるからです。そこで得られる知識はこれからの自分の大きな強みになると思います。また、貴学のキャンパスには多様な国の人々が通っており、留学生たちと交流する施設もあります。留学に近い形で言語を学べる環境があるだけではなく、日常的な異文化交流により多様な価値観に触れ視野を広げられることにも強く惹かれました。外国の方と接する上でのスキルをより実践的に磨くことができるのは、将来に大いに役立つと思います。

よりよい志望理由書を書くには!

学校のパンフレットをとにかく読んで、その大学の強みが何かを把握しました。その点が自分の将来の夢に対してどう役立つか書くと書きやすいと思います。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ