×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

なんざん

南山大学

私立大学 愛知県

南山大学/法学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

法律学科(275名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●確かな法的スキルとバランス感覚を身に付ける
●21世紀の司法を担う、より広い法的な考え方を身に付けた人をめざす
●法曹・行政・ビジネスといった多彩な分野で活躍する

法のしくみを知ると同時に、法や社会の背後にある諸利益、価値の実質を理解し、評価・分析する法的思考力の育成をめざします。法学部では、この目標のために法律的に読み、書き、話すという基礎的素養を習得し、現代社会で生じるさまざまな問題を的確に理解・把握する能力を養成します。また、体系的、系統的、多面的に「法と法律」を学び、複眼的な視点から問題状況を把握できるバランス感覚も身に付けていきます。こうした学びによって、法知識の習得にとどまらず、法の対象である人間・社会への理解を深め、論理的な思考力で新しい問題にも柔軟に対応できる人材を育てます。

【学生数】1132人(2020年5月1日現在)
【専任教員数】23人(2020年5月1日現在)※法科大学院の専任教員を含む
【大学院】法学研究科、法務研究科〈法科大学院〉

法律学科

講義・学問分野

法律、社会、人間の尊厳 など

閉じる

学部の特色

模擬法廷教室も完備。現実に近い形で裁判を再現する

確かな法的スキルとバランス感覚を身に付ける

本学部の法学教育は、キリスト教世界観に基づき「人間の尊厳をゆるがせにしない」をベースにした倫理観・世界観のもと、法律を「読む」「書く」「話す」能力を習得します。また、現代社会において生じるさまざまな問題を的確に理解・把握する能力、それらの問題を整理・分析し、適切な対応で解決する能力を養います。さらには、体系的、系統的、かつ多面的に「法と法律」を学び、確かな法的スキル(法知識・法技術)と「人間の尊厳」に裏打ちされた人権センス、そして多元的、複眼的な視点から問題状況を把握できるバランス感覚を身に付けることをめざします。

閉じる

法科大学院棟

21世紀の司法を担う、より広い法的な考え方を身に付けた人をめざす

司法の領域は、いま司法制度改革という数十年に一度の大きなうねりの中にあります。大学における法学教育には法的知識の修得はもちろんのこと、より広く法的な考え方ができる能力の修得が重要視されています。本学は2004年4月に法科大学院を開設。法曹界の次世代を担う人材が、新司法試験に合格しています。2007年~2020年には新司法試験で138名の修了生が合格しました。毎年着実に実績を挙げています。

閉じる

さまざまな職業で生きる、法律の知識を身に付ける

法曹・行政・ビジネスといった多彩な分野で活躍する

現代社会はますます複雑化し、さまざまな問題を抱えています。法律学の勉強を通して、それらの問題を的確に理解し、どのような処理が可能かを適切に判断できる能力を備えた人材の育成を目標としています。本学科では法的センスを磨き、社会を理解し批判する技術や素養を身に付けます。こうした能力を身に付けて卒業した学生は、公務員・会社員・教員など多種多様な職業で、その能力を発揮しています。
また、弁護士・検察官や裁判官といった法曹になるための司法試験や国家公務員試験、司法書士試験などの難関試験合格をめざす学生も増えています。現役で合格した学生による体験談などにより、勉強方法や経験などを先輩から後輩へと伝授しています。

閉じる

学べること

模擬法廷で実践的に学ぶ

法律学科

法的センスと思考能力を身に付け、現代社会と人間について多面的に学ぶ

法律は社会のさまざまな紛争を予防し、解決する道具であり、社会の基本的ルールです。本学科では、法律の学びを通してリーガルマインド(法律的な考え方)を身に付け、現代社会が抱えているさまざまな問題を的確に理解し、社会を支える基盤となる人間を深く探究します。法律を学ぶにあたり、1年次で基本となる憲法・民法・刑法を勉強します。2年次からは、各自の興味や関心、キャリア・プランに沿って学びを深められるよう法律の専門家をめざす「司法特修コース」、法律を生かせる職業をめざす、あるいは自分の興味・関心をもった領域を学ぶ「行政・ビジネスコース」の2コースに分かれ、学びます。両コースとも、伝統的な法律科目である基本六法はもちろん、近年の日本社会で大いに議論されている「労働法」や「少年法」、「知的財産法」「消費者法」「ジェンダーと法」などの新領域、「国際法」「英米法」など<グローバル科目>も学ぶことができます。

【授業・講義】
刑法総論A・B[1年次]

刑法総論は、犯罪と刑罰に関する一般理論を学びます。具体的な事例を通して犯罪の成立要件を検討する点で、非常に白熱した科目です。

閉じる

アドミッションポリシー

本学部が求める学生像

●物事をじっくりと論理的に考えることに関心のある人
●社会の様々な問題について様々な角度から把握し分析することに関心のある人
●人権や市民性といった諸価値を深く理解する姿勢をもつことに関心のある人
●法律だけでなく政治や経済など関連する社会科学の分野に関心を有し、追求する意欲のある人
●国際的な視点を含む幅広い視野を持ち、国際社会での活躍に意欲のある人

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】名古屋市昭和区山里町18
入試課
(052)832-3013(直)
 【URL】https://www.nanzan-u.ac.jp/admission/

他の学部・学科も調べる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ