おおさかこうぎょう

大阪工業大学

私立大学 大阪府

大阪工業大学/情報科学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

データサイエンス学科(70名)
情報知能学科(90名)
情報システム学科(105名)
情報メディア学科(105名)
ネットワークデザイン学科(90名)

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●2021年4月開設、文系・理系ボーダレスの学び「データサイエンス学科」
●情報通信技術を駆使して人と社会をつなぎ、便利で快適な未来を創造する
●独自の教育プログラム「SE能力開発のためのスパイラル型情報教育」で確実に情報通信技術の能力を修得

基礎から応用まで、今後の情報化社会に必要な情報技術領域を体系的に網羅した教育・研究を展開。情報通信技術(ICT)の各分野で活躍するエキスパートを育成します。5学科横断・学部全体としての学生プロジェクト、国際PBLも実施します。

【キャンパス】

枚方キャンパス

【学生数】

1,877人(2022年5月1日現在)

【専任教員数】

65人(2022年5月1日現在)

【大学院】

情報科学研究科

データサイエンス学科

【講義・学問分野】

データサイエンス実践演習 I 〜 III 、プログラミング基礎、人工知能、価値創造演習、データマイニング、IoT概論、統計解析、モデリングとシミュレーション、マーケティング論、発想法と問題解決、データ構造とアルゴリズム など

情報知能学科

【講義・学問分野】

知能システム、ナノ集積システム、組み込みシステム、基盤ソフトウエア、教育支援ソフトウエア、CPU(プロセッサ) など

情報システム学科

【講義・学問分野】

ソフトウエア、データベース、社会基盤情報システム、並列処理、Webサービス、クラウド など

情報メディア学科

【講義・学問分野】

マルチメディア、ユーザインタフェース、コンピュータグラフィックス、画像処理、音声対話、言語・知識処理 など

ネットワークデザイン学科

【講義・学問分野】

情報セキュリティ、ネットワーク、コミュニケーションソフトウエア、Webデザイン、通信方式、IoT(モノのインターネット) など

入学者・卒業者数

入学者数

468人
男女比
女子生徒数
55
男子生徒数
413
地元占有率
地元出身学生数
235
入学者総数
468

卒業者数

381人
就職者・進学者数内訳
就職者数
334
進学者数
43

学部の特色

2021年4月開設、文系・理系ボーダレスの学び「データサイエンス学科」

デートサイエンス ─ そのとき数字には、温度がある。─

本学科ではデータやAI、IoTを活用して新しい価値を創造できる人材『データサイエンティスト』を育成します。

スペシャルサイト公開中!『デートサイエンス』で検索。

好きな相手のことを考える。
あの人はどんな服装が好みで、どんな食べ物が好きで、どんな映画を観たいんだろう。
誰でも、デートに誘うときには、さまざまなデータを集めています。
一つひとつ手に入れたデータは、とてもシンプルなものかもしれませんが、それが気持ちや想いにつながることで少しずつ温度を発していき、その熱がピークを迎えたとき、人はアクションを起こすのです。
デートだけではなく、プレゼントを贈るのも、LINEを一つ送るのもそう、さまざまな情報をインプットしてアンサーを導くことが、もうすでにデータサイエンスであると言えます。
目の前にあるデータを大切にして、あなたは、あなただけのデータサイエンスで、どうか素敵なアンサーを見つけてください。
そのアンサーは、いつか大きなムーブメントを起こし、あなたの周りだけでなく、世界中を幸せにするかもしれないから。

情報通信技術を駆使して人と社会をつなぎ、便利で快適な未来を創造する

ネットワークデザイン専門演習

情報通信技術(ICT)に寄せられる期待は、資源の枯渇や環境問題、少子高齢化などの諸問題の解決にまで広がっています。本学部は先進的な教育を展開し、人と人、人と世界を瞬時につなぎ、未来を創造する情報通信技術を身に付けた専門家の育成をめざします。このような教育と手厚い就職指導によって、就職率は毎年高い水準を維持。多くの学生が日本のIT業界を支える大企業やその系列会社に就職しています。

独自の教育プログラム「SE能力開発のためのスパイラル型情報教育」で確実に情報通信技術の能力を修得

SEに必要な諸能力を修得

「知識・技術を使いこなす能力の修得」をめざして情報科学部が独自に開発した「SE(システムエンジニア)能力開発のためのスパイラル型情報教育」。SEに必要な諸能力(モデル化能力、業務遂行能力、デザイン能力)の修得を目的とした教育プログラムです。教育課程を体系的に組み込み、段階的に繰り返し学ぶスパイラル教育によって確実な能力の修得を図ります。

学べること

データサイエンス学科

あらゆるデータやAI、IoTを活用して新しい価値を創造する
文系・理系ボーダレスの新しい学びを展開

2021年4月、データサイエンス学科を開設。近年の情報技術の発展には、Scoiety5.0(超スマート社会)などに代表されるような社会の変革や新しい価値の創造へと期待が寄せられています。人工知能、データマイニング、統計解析などの分野を、アプリと社会にある実データを使って実践的に学修し、理論を学ぶだけでなくうまく応用するための能力を高めます。これにより、価値創造から社会実装までに貢献できる『データサイエンティスト』を育成します。

情報知能学科

知能を活用した情報技術の可能性を探究する
ソフトウエアとハードウエア両面の知識・技術を学ぶ

高度なプログラミング技術を要する基盤ソフトウエアと制御や画像処理に必要な組み込みソフトウエア、CPU設計を核としてナノ集積システムやロボット工学等に対応できるハードウエアを学ぶことによって、あらゆる情報分野に対応できる技術力を身に付けます。研究分野は、ソフト・ハードの基盤技術から情報システム技術にまで広く及んでいます。

情報システム学科

次世代情報システムで、社会・産業にイノベーションを起こす
社会に役立つシステムを構築できるエンジニアに

情報システムの基本技術から応用を幅広く学び、社会のあらゆる場面で役に立つ実力を養います。ハードウエア・ソフトウエア、ネットワーク、データベース、プログラミングなどの情報コア技術を中心に学ぶ中で、医療・金融・交通などの情報システムに多角的にアプローチ。時代の変化やニーズに柔軟に対応できる、新たな情報システムを追究します。

情報メディア学科

創造力と技術の融合でメディア表現の可能性を広げる
マルチメディアデータの新しい運用や利用法を考える

図形、画像、音響などのマルチメディアの新しい運用や利用法、表現方法について考えます。マルチメディアやヒューマンメディアについて幅広く学ぶ中で、人とメディアの関わりや新しいコミュニケーションが社会に及ぼす影響などを理解。幅広い情報技術を身に付け、人に優しいメディアづくりで社会に貢献できる実力を養います。

ネットワークデザイン学科

ヒト、モノ、コト、社会がつながる未来をデザイン
社会を支えるネットワーク技術を学ぶ

「いつでも、どこでも、誰とでも、簡単に、安全に」コミュニケーションができるユビキタスネットワークは、常に技術革新が必要とされています。その実現をめざし、「人」と「人・もの・社会」を結ぶシステム、ソフトウエア、セキュリティやプレゼンスなどのさまざまな情報技術を追求。時代を的確に捉え、社会に貢献できる人材を育成します。

問い合わせ先

【住所・電話番号】

大阪府枚方市北山1-79-1(枚方キャンパス)
お問い合わせは 入試部(大宮キャンパス)(06)6954-4086(直)

【URL】

https://www.oit.ac.jp/is/

他の学部・学科も調べる

学費や就職などの項目別に、
大学を比較してみよう!

他の大学と比較する

このページをシェアしよう

ツイート LINEで送る

リストに追加しました

ページの先頭へ