おおさかこうぎょう

大阪工業大学

私立大学 大阪府

学部・学科

学べること

1年次から世界を意識した学びを展開

社会・産業界が求める実践的能力を身に付けたグローバルに活躍する専門職業人に

工学の幅広い分野を網羅する工学部は、人と環境にやさしいものづくりを実践できる技術者を育成します。ロボティクス&デザイン工学部は、技術とデザインの両面から分野を超えたイノベーションを創出できる人材を育成。情報科学部は、ユビキタスネットワーク技術、コンピュータ基盤技術など情報社会に必要な情報技術領域を網羅。知的財産学部は、特許や著作権などの知的財産に関する法律を基礎に、経済経営、マーケティングなど、ビジネスを支える知的財産実務を学ぶ学部です。「社会・産業界に貢献する」という教育理念のもと、各学部・学科が有機的に連携しながら特色ある教育・研究を進めています。
また、社会のニーズである「グローバル化」に対応するため、実践的な英語教育に取り組むとともに、国際交流プログラムにより、世界に羽ばたく人材の育成を強化。留学生の受け入れや国際シンポジウムを通して、キャンパスの国際化を推進しています。

閉じる

理論だけでなく、自分達の技術で社会貢献や大会出場をめざす「プロジェクト」

夢や目標に向かって自分を磨く学びの一つが、学生が主体となって取り組む「プロジェクト活動」です。地域連携、大会出場、独自の研究などを目標に、実践力を育てるため仲間たちと考え、切磋琢磨し技術力を高めてそれぞれの活動に取り組んでいます。
例えば、「人力飛行機プロジェクト」では、コンスタントに出場している読売テレビ主催「鳥人間コンテスト」において、1枚だけのプロペラで長距離飛行をめざした設計・開発に挑戦し、「ソーラーカープロジェクト」では、企業チームともしのぎを削る全国規模の5時間耐久レース「FIA Electric & New Energy Championship ソーラーカーレース鈴鹿2018 オリンピアクラス」で見事3位となり表彰台を飾るなど、各プロジェクトで学生達が情熱的に取り組んでいます。

閉じる

PBL(Problem Based Learning)教育でモノづくりをチームで取り組む

学生が自ら考え、失敗を経験しながら問題解決能力を身に付けていく「問題解決型学習(PBL)」を実践。例えば、工学部機械工学科は、企画・立案から加工・製作まで、ものづくりの一連の流れを実際に体験する授業を実施することで技術者としての素養を身に付けます。1年を通して「電気自動車」「ホバークラフト」などのテーマにグループで取り組み、失敗体験などを通してものづくりの難しさや面白さを体得し、専門分野の面白さと難しさをリアルに学べる特色ある授業を展開しています。

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ