もりのみやいりょう

森ノ宮医療大学

私立大学 大阪府

学部・学科

学べること

学科の枠を超えた独自のカリキュラムも充実!

専門分野だけではなく、学科の枠を超えた「チーム医療」を学ぶ

看護学科、理学療法学科、作業療法学科、臨床検査学科、鍼灸学科、そして大学院、助産学専攻科を有する関西圏最大級の「医療系総合大学」です。ここに新たに臨床工学科と大学院博士後期課程が設置されたことにより、医療人をめざす学生が連携して「チーム医療」を学び合う環境がさらに充実しました。
3年次以降には、「専門職間連携教育(IPE)」において実際の症例を取り上げ、各学科の学生がそれぞれの専門性をもとに連携・協力して、患者さんを中心としたチーム医療について学習します。
このほかにも、自分が所属する学科の医療職の役割について学ぶ授業や、「チーム医療とコミュニケーション」の科目において、チーム医療の意義と実例を学習するなど、チーム医療に必要な知識や協調性・連携意識を段階的に高める科目構成になっています。

閉じる

高度な専門知識、さまざまな資格を有する教員が直接指導

臨床教育を重視、医療人に必要な科学的思考力を養う

実際の医療現場を体験する「臨床教育」を重視し、多くの学科で早期から、アーリー・エクスポージャー(早期臨床体験実習)をカリキュラムに組み込んでいます。低学年次から現場の緊張感を体感することによって、「患者さんと接する際に自分は何をすべきか」という思考力を養い、専門職として学習することの意味を学びます。大阪府をはじめ約480か所の提携施設が、学外実習の場となります。
また、全学科に共通する基礎医学教育では、医療専門職者に必要な科学的な考え方やその重要性を指導し、科学的根拠に基づいた思考力を育んでいきます。そのため、医師や薬剤師をはじめさまざまな資格を有する教員がそろっています。

閉じる

サポート体制が充実しているため、安心して勉強ができる!

大学教育へのスムーズな移行をサポート

初年次教育
入学後、大学教育にスムーズに移行できるように1年次の前期から「基礎ゼミナール」などの授業で自主的な問題解決能力の基礎を養います。特に「聴く、読む、調べる、整理する、まとめる、書く、表現する、伝える、考える」といった能力を修得するために、講義ノートの取り方や図書館・インターネットによる情報収集および整理方法・レポートや論文の書き方・プレゼンテーション技法などについて学習します。

リメディアル教育 (高校時代における理系科目の復習)
高校で学ぶ理系科目は医療の専門科目を理解する上で欠かせない知識です。そこで、一定水準の理系の知識を修得してからスムーズに専門科目を学ぶことができるように、1年次から「生物学」「物理学」といった高校時代の理系科目の復習ができる科目を設けています。

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ