学校パンフ取り寄せで図書カードGET

もりのみやいりょう

森ノ宮医療大学

私立大学 大阪府

大学トップ

最新情報

2018/08/29NEW

ここに注目!
  • 関西圏最大級の「医療系総合大学」で確かな技術を培う
  • 臨床重視の教育で「チーム医療」を学ぶ
  • 豊かな学びの環境のなかで、社会に貢献できる医療人へ

大学の特色

6学科が連携した教育体制は、医療者としての高い意識を育む

関西圏最大級の「医療系総合大学」で、“チーム医療”を担う医療専門職者へ!

本学は、40年以上にわたり5,000人を超える医療人を輩出している学校法人森ノ宮医療学園が母体となる、保健医療に特化した大学です。
2018年4月、看護学科・理学療法学科・作業療法学科・臨床検査学科・臨床工学科・鍼灸学科の6学科・大学院・助産学専攻科が同一キャンパスに集結する医療系総合大学へと進化。多様な分野が連携した「チーム医療の学び」をはじめ、「医療現場を重視した実践的な教育」「病院との連携」「東西両医学を併せ持つカリキュラム」という本学ならではの特色あるスタイルを実現します。

閉じる

他学科の学生と一緒に、グループワークを通して実際の症例を学ぶ

森ノ宮医療大学ならではの学びにより、確かな技術を身につける

(1)学科間の連携で「チーム医療」を学ぶ
2018年4月に開設した臨床工学科を含め6学科を有するメリットを生かし、専門分野にとどまらず学科間の連携した学びを展開。チーム医療を実践できる人材を育成します。
(2)病院や医療機関との多様な連携
地域の基幹病院である大阪急性期・総合医療センターや北野病院などと相互連携協定を締結。実習先として住友病院をはじめ約480施設の病院・医療機関と連携しています。
(3)医療現場を重視した教育
医療現場での経験豊富な教員が多数在籍し、実践的な教育を行っています。医療現場で必要な論理的思考力と、自ら考え行動できる応用力を磨き、臨床力を養います。
(4)東西両医学の幅広い学び
鍼灸学科を有する本学では、「伝統医学である東洋医学」と「現代医学である西洋医学」の双方を合わせた東西両医学について学ぶことができ、幅広い医療の知識と柔軟な対応力を養います。
(5)グローバルな視点を持つ医療人を育成
国際的な視野とコミュニケーション能力を養うため、独自の英語教育プログラムを展開。TOEIC対策講座や海外の医療大学での研修なども実施しています。

閉じる

6学科体制でチーム医療を学ぶ

2018年4月、臨床工学科を開設! 6学科・大学院・助産学専攻科を有する「医療系総合大学」へ

2018年4月に医療機器のスペシャリスト「臨床工学技士」を養成する臨床工学科を開設。医療系6学科がそろい、今まで以上に発展した「チーム医療」の実践的トレーニングが可能です。
カリキュラムには、専門職間連携教育(IPE)に関する科目も配置。実際の症例を取りあげ、学生は各学科の専門性をもとに連携・協力して、患者さん中心の医療について理解を深めます。また、他者の意見を聞き、自らの意思を明確に伝えられる能力の獲得もめざします。

閉じる

教育環境

ベイエリアのキャンパスは、勉学やキャンパスライフに絶好の場

広大な海と空を一望! 利便性も抜群のベイエリアに位置する都市型医療大学

青いキャナル(運河)と豊かな緑に囲まれた本学のキャンパスは、広大な海と空が一望できるベイエリアに位置し、大阪都心部から30分以内。神戸(三宮)、京都、奈良方面からもアクセスが良く、しかも、最寄り駅「コスモスクエア」からは徒歩約1分と、勉学や語らいに抜群の環境にあります。
キャンパス内にある学生食堂「Medi Cafe」は、週替わりメニューや季節のメニューを取り入れたバリエーション豊かな料理を提供し、学生にも好評です。
また、キャンパスに併設された外来患者さん向けの「はり・きゅうコスモス治療院」は、本学の教員や研究員が最新の研究成果を生かした治療を行っているほか、鍼灸学科の実習施設としても活用されています。

閉じる

先進的設備を備えた理学療法実習室

先進的な施設・設備が実現する高度な学びの場

基礎看護学実習室
多くのベッドと教材を設置し、液晶モニターの映像で動作確認をしながら実技を行えます。
成人・精神看護学実習室
手術療法、集中治療、継続的治療を行う患者さんの看護などに必要なシミュレーターを備え、技術演習を行えます。
運動生理学実験研究室
呼吸・循環・代謝系機能の測定や筋電図測定、自律神経活動の評価ができる実験研究施設です。
理学療法実習室
理学療法機能訓練室、理学療法治療室、運動機能実習室、理学療法日常動作訓練室などの各パーテーションを取り除くと全長50メートルに。走行動作解析も余裕を持って測定できます。
重作業実習室
生活に障がいが生じた人たちに、木工や金工などの「ものづくり」を通して、精神機能向上、対人関係、作業能力の改善を図る方法を学ぶ実習室です。
生理学実習室
病院でも使用する超音波診断機器をはじめとするさまざまな臨床検査学科のための実習機器を設置。これらを用いて、循環器・消化器・神経系・体表臓器など現場で必要な知識や技術を実践的に学びます。
鍼灸実習室
はりやきゅうのトレーニングを行い、臨床現場での実習に備えます。
森ノ宮医療大学附属図書館(メディカル・アイ)
医学・鍼灸学・理学療法学・看護学など関連分野の専門資料や雑誌を所蔵しています。

閉じる

多彩なスポーツを楽しめることが魅力

ミズノ株式会社施工複合型スポーツ施設「グリーンスクエア」が誕生!

2017年12月に総合スポーツメーカーであるミズノ株式会社が施工する複合型スポーツ施設「グリーンスクエア」が完成。グリーンスクエアには、人工芝や照明を完備したフットサルコートのほか、ランニングコースや多目的クレーグラウンドなどが設置されています。キャンパスの拡充を図っており、校地面積も拡張。2020年には新校舎の完成を予定しているなど、より充実した学びと地域に貢献できる施設へと進化しています。

閉じる

学部

【2018年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2018年度実績】

[学納金合計]※入学金含む
全学科/1,830,000円

本学独自の給付型奨学金制度が充実

[本学独自の制度]
・入学時成績優秀者奨学金
・成績優秀者給付奨学金
・ひとり住まい支援奨学金
・スポーツ特別奨学金
・キャリア活用社会人給付奨学金  など
[そのほかの制度]
・日本学生支援機構奨学金
・病院奨学金、民間団体、地方自治体の奨学金 など

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2017年)

学生数、教員数

【学生数】1155人
【外国籍の学生数】0人
【教員数】196人
【外国籍の教員数】0人

2016年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 19人
1か月以上3か月未満 0人
3か月以上6か月未満0人
6か月以上1年未満0人
1年以上0人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】0
【大学独自の奨学金】有
【奨学金給付人数】20人以下
【奨学金給付金額総額】500万円未満
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

留学プログラムについて

MEEP

【留学先】カナダ、オーストラリア
【留学期間】1か月未満
【対象人数】制限なし
【留学開始時期】2019/03/01
【奨学金】無
【単位認定】無
【応募資格】TOEIC600点が奨学金支給の基準
【問い合わせ先】
URL:http://www.morinomiya-u.ac.jp/meep/index.html
部署:学生支援室、大学経営企画室
電話番号:06-6616-6911

アメリカ&ハワイ鍼灸短期研修会

【留学先】アメリカ・カリフォルニア州
【留学期間】1か月未満
【対象人数】10
【留学開始時期】2019/03/01
【奨学金】無
【単位認定】無
【問い合わせ先】
部署:学生支援室
電話番号:06-6105-4098

閉じる

住環境

医療の道をめざす学生が集う、森ノ宮医療大学。勉学に集中できる環境はもとより、4年間を楽しく、心地よく過ごせる多様な施設が整っています。また、季節ごとにさまざまなイベントも開催。学年や学科を超えたコミュニケーションを通して絆を深め、充実したキャンパスライフを過ごしてください!

閉じる

クラブ・サークル活動

医療大学だからこそのクラブ・サークルもあり、学科や学年の枠を超えて、仲間と一緒に活動する時間は大変貴重です。全国的にも珍しい本学の「ライフサポート部」は、AEDの使い方などの一次救命処置の方法を、地域の高校生などに広く伝える講習会を実施。「ボランティアサークル」では小児病棟で入院中の子どもたちに本の読み聞かせを行うなどの活動をしています。

体育会系クラブ

男子サッカー部(強化指定クラブ)、女子バスケットボール部(強化指定クラブ)、準硬式野球部、柔道部、バレーボール部、男子バスケットボール部、硬式テニス部、バドミントン部、陸上部

文化系クラブ

軽音学部、ライフサポート部、ボランティアサークルIRIS、アコースティックギターサークル

閉じる

大学院・併設の大学

保健医療学領域の高度な医療専門職業人を養成

〈大学院〉
●保健医療学研究科 保健医療学専攻(修士課程)
医療関連施設や健康増進施設において指導的役割を果たすことができる高度な医療専門職業人の育成を主目的としながら、教育研究機関に職を得た場合にも充分にその能力が発揮できる基本的教育研究能力を兼ね備えた人材を育成します。

●保健医療学研究科 医療科学専攻(博士後期課程)
医療における科学的側面をさらに追究し、将来の医療実践に役立つエビデンス蓄積や技術開発につながる優れた医療活動を主導できる、管理職候補となる人材を養成していきます。

閉じる

専攻科

さらなるキャリアアップで助産師をめざす、助産学専攻科

〈専攻科〉
●助産学専攻科
4年制大学等を卒業し、看護師資格を有した方が学ぶ1年課程。所定の単位を修めることで助産師国家試験受験資格が取得可能です。
多様化する女性の生き方、妊娠、出産、育児の在り方を尊重した次世代支援のために必要な能力を育成することを重視するカリキュラムが多いのが特徴で、低体重で生まれた赤ちゃんなどをケアするNICU/GCUで実習を行うほか、母子の支援体制、助産師の役割について学修します。
さらに女性のヘルスプロモーションや周産期領域で活用されているアロマセラピーを学び、日本アロマコーディネーター協会認定の「アロマコーディネーター」の資格を取得することもできます。

閉じる

パンフ・願書

本学が展開する「チーム医療の学び」や附属機関での実習、先輩たちの学生生活・進路情報など、森ノ宮医療大学スタイルを詳しく紹介しています!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●大阪市住之江区南港北1-26-16
大阪市営地下鉄中央線「コスモスクエア」駅から徒歩約1分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒559-8611
大阪市住之江区南港北1-26-16
アドミッションセンター

電話番号

(06)6616-6911
【フリーコール】0120-68-8908

URL

http://www.morinomiya-u.ac.jp/

E-Mail

univ@morinomiya-u.ac.jp

その他

【FAX】(06)6616-6912

閉じる

みんなのQ&A

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ