大学入試センター試験の最新情報をお届け!

こうなんじょし

甲南女子大学

私立大学 兵庫県

看護リハビリテーション学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

看護学科(100名)
理学療法学科(60名)

所在地

1~4年:兵庫

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●充実した施設で最先端医療を学ぶ
●海外研修で医療現場の違いを体感
●経験豊かな教員が、学びから進路まで多様に全力サポート

文学部・人間科学部の領域も学べるカリキュラムを編成。専門知識・技術と女性ならではの視点を持つ医療人をめざします。

【学生数】687人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】68人(2017年5月1日現在)
【大学院】看護学研究科/看護学専攻

看護学科

講義・学問分野

基盤実践看護学、公衆衛生看護学、在宅看護学、老年看護学、成人看護学、精神看護学、母性看護学、小児看護学、助産学、解剖学、医療コミュニケーション論、医療倫理、災害看護学、チームケア論、国際保健、看護専門職英語 ほか

閉じる

理学療法学科

講義・学問分野

人体の構造、人間発達学、医療コミュニケーション論、運動学、整形外科学、小児科学、医療リスクマネジメント論、筋骨格障害理学療法学、脳血管障害理学療法学、小児期障害理学療法学、福祉用具・生活環境論、リハビリテーション医学、スポーツ障害理学療法学 ほか

閉じる

学部の特色

最新設備を備えた実習室

充実した施設で最先端医療を学ぶ

看護リハビリテーション学部棟に最新の教育機器・設備を完備。近隣の医療機関と相互連携協定を結び、臨床・臨地実習を行っています。

閉じる

海外研修で医療現場の違いを体感

国際的な視野を備えた医療人の養成を目的に海外研修を実施。看護学科では医療英語を学べるほか、イギリスのカンタベリークライストチャーチ大学で現地学生と共に学ぶ独自のプログラムがあります。理学療法学科では、リハビリテーション医学の先進国カナダで学びます。

閉じる

経験豊かな教員が、学びから進路まで多様に全力サポート

医療の各分野に精通した68人の教員が在籍。幅広い知識を持つ教員が、学びや学生生活、進路に至るまでさまざまな悩みに対応します。また、国家試験支援室を設置し、模擬試験や対策講座、Webを活用した学習支援システムの導入など、さまざまな支援を実施しています。

閉じる

学べること

モデル人形を実際の赤ちゃんに見立てて実践

看護学科

優しさと専門性を備えた看護職者を育てる

少子高齢社会の要請に応えて幅広く活躍できる看護師、保健師、助産師、養護教諭を養成。質の高い看護ケアが提供できる知識・技術を習得するとともに、患者さんやご家族に寄り添える豊かな人間性の育成をめざします。
入学時から卒業まで担当教員がサポートするアドバイザー制度を導入。学習面や人間関係などさまざまなことを気軽に相談できる環境が整っています。また、イギリスで臨床現場を視察する海外研修を実施。日本との違いを学び、視野を広げる貴重な機会です。さらに、理学療法学科や他大学と連携し、医療現場で求められるチーム医療の知識と技術も学べます。

【授業・講義】
子どもの発達に応じたケアを習得する「小児看護学方法論」

小児看護学方法論では、小児のモデル人形を用いて看護技術の演習を行います。実習で実際にケアを行うために、手技だけではなく子どもの発達段階に応じたコミュニケーション技術や説明方法、子どもが安楽で安心な方法を考えながら繰り返し練習を行います。

閉じる

骨模型を使って人体の構造を学ぶ

理学療法学科

高いスキルと教養、女性ならではの視点と感性を持つ理学療法士を育てる

女性の視点や感性を生かしたリハビリテーション医療の専門家育成をめざします。臨床経験豊富な教員陣のもと、医療人としての自覚を育み、子どもや高齢者、スポーツ分野など幅広い理学療法の専門知識を修得。充実の設備機器を備えており、臨床現場に近い環境でスキルを身に付けることができます。教員陣には、理学療法の新しい分野ともいえる「ウィメンズヘルス」の専門家もおり、女性特有の悩みに対応できる支援について学べるのも女子大学ならではの魅力です。

【授業・講義】
立体的に表体解剖を理解する「人体の構造演習 I」

人体の構造で学んだ基礎解剖学に基づき、運動器を中心に体表から骨性指標や筋の形態などを触診しながら立体的な感覚で表体解剖を学びます。触診技術は臨床での理学療法評価法や治療を行ううえで、重要な技術の一つです。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ