ひろしまけいざい

広島経済大学

私立大学 広島県
●2019年4月、既存の経済学部に「経営学部」、「メディアビジネス学部」を加え、3学部体制に変更予定(掲載内容は予定であり、変更する場合があります)

学部・学科

学べること

1年次から始まるゼミナールで親身な指導をスタート

1年次から4年次のゼミナールでは、学生一人ひとりが「夢チャレンジシート」を作成。将来の目標に向かって学生生活や履修計画を設計し、担当教員との面談を通して自分の夢を描きます。
●1年次 前期/大学入門ゼミ
少人数クラスで実施する演習形式の授業です。大学で何をどのように学ぶのかを考え、大学での学びの基礎になる問題意識をもつことや、その疑問に応える解答を自ら進んで探究することといった「学ぶ方法や技術」を身に付けます。
●1年次 後期/興動人入門ゼミ
チームを組んで議論や発表に取り組みます。斬新な発想と旺盛なチャレンジ精神、仲間と協働して何かを成し遂げる力を備えた「ゼロから立ち上げる」興動人への理解を深めます。
●2年次 後期/プレゼミ
3年次からの専門的な研究に備えて、基礎的な研究技法を学びます。
●3・4年次/演習 I ・ II
15人前後の少人数クラスで、テーマに基づいて専門的な研究活動を行います。教員、仲間、企業、地域など、さまざまな人の協力のもと、課題に取り組み、目標達成をめざします。

閉じる

インターンシップ(就業体験)に取り組む学生

豊富な研修先から選べる実践的インターンシップ(就業体験)

企業や公共機関などで就業体験に取り組むインターンシップを積極的に推進しています。職業・業界の実態や働くことの意味を体感できるとともに、社会人としての自覚を持つ機会となるキャリア科目です。地元企業を中心とした幅広いインターンシップ研修先から、興味・関心のある企業や役所・団体を選べます。また、海外のインターンシップは、本学卒業生が活躍する企業や広島にゆかりのある企業の海外拠点を研修先としているため、安心して学ぶことができます。
事前・事後の学修で力をつける
事前にビジネスやビジネスマナーの基礎、研修先企業に関する研修を行い万全の準備で臨みます。事後は報告書を作成し、報告会で研修成果を発表し、学んだことを定着させます。
複数の教職員が手厚くサポート
国内10名、海外3名の担当教員が、業界・企業研究から報告会でのプレゼンテーションまで徹底的に指導します。さらに、キャリアセンター職員が、企業とのマッチングや授業のサポートを行っています。

閉じる

英語での電話、接客などすべてが貴重な体験

海外で語学や異文化を学ぶ、留学プログラム

グローバル化する社会で生き抜くビジネスパーソンを育てるため、短期・長期の多彩な国際交流プログラムを設定。国際交流室の職員が留学に関する諸手続きや危機管理対策など、学生が安心して留学できるようにしっかりサポートします。
交換留学
半年間、フランス・ポーランド・ドイツ・デンマークなど23か国(2017年5月現在)にある本学の協定校・姉妹校で、言語や文化をはじめ経済、経営などの専門科目を履修します。留学先の授業料、現地滞在の寮費、往復の旅費を免除(本学が負担)するため、経費負担を大幅に減らすことができます。(留学先によって免除内容は変更されます。)
体験留学
約10日間、シンガポールにおいて英語学習・異文化体験を行うプログラムです。
語学留学
ニュージーランド・インドネシア・韓国・台湾・フランスにある本学の交流校(姉妹校・協定校含む)において、語学学習や文化体験等を実施。約1か月の短期留学と5~6か月の長期留学から選択できます。
国際交流ラウンジ
明徳館5階には留学生同士や、留学生と日本人学生とが交流できるラウンジがあり、時間帯によって国際教育交流センターの職員が在席してサポートにあたります。また、留学をめざす学生のサポートも行っています。

その他、海外をフィールドに活動する「興動館プロジェクト(国際交流分野)」、3年次に海外企業で就業体験を行う「キャリア科目 インターンシップ II(海外)」など、渡航機会が豊富にあります。

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ