くまもとがくえん

熊本学園大学

私立大学 熊本県

社会福祉学部第二部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

社会福祉学科(60名)

所在地

1~4年:熊本

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●低額の授業料、働きつつ学ぶ学生を支援する制度
●多様な年齢・職業の方が共に学ぶ場
●あらゆる可能性が広がる充実のカリキュラム

昼間働き夜に学んでみたい、資格を取得したい、人生を重ねた今あらためて学びに挑戦したい。そんな人たちが集う「第二部社会福祉学科」は、社会福祉を「学ぶ」だけでなく、社会福祉士試験受験資格や教職免許状「福祉」の取得に挑戦するなど、自分の世界をさらに広げる場です。

【キャンパス】熊本市中央区大江
【学生数】120名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】52名(第一部社会福祉学科を含む/2017年5月1日現在)
【大学院】社会福祉学研究科:社会福祉学専攻、福祉環境学専攻

社会福祉学科

講義・学問分野

社会福祉入門、社会福祉原論、ソーシャルワーク論、社会政策、公的扶助論、高齢者福祉論、社会保障論、地域福祉論、福祉マネジメント、医療福祉会計、家族社会学

閉じる

学部の特色

低額の授業料、働きつつ学ぶ学生を支援する制度

第一部の入学金、授業料の6~7割の金額で学ぶことができます。また、納付時期も4期で分納することができ経済的負担を軽減して、学びを支援しています。

閉じる

多様な年齢・職業の方が共に学ぶ場

平日・土曜日の18時以降に授業を行う第二部社会福祉学科では、専門知識や資格取得をめざす多くの社会人が働きながら学んでいます。福祉からマネジメントまで総合的に学べ、管理職をめざすうえで実践的な教育内容となっています。

閉じる

あらゆる可能性が広がる充実のカリキュラム

社会福祉学の基本となる「社会福祉原論」、大学教育の基礎を学ぶ「入門演習」を必修とし、「社会福祉」「福祉教養と技術」「法と政策、「社会と文化」「マネジメント」の5つの科目群を網羅して学修します。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

社会福祉学科

人間や環境、社会についての学びを深める

ウェルビーイングを社会的・科学的に考えるために、人間や環境、社会についての学びを深めていきます。また、社会福祉専門職に必要とされる人間の尊厳や権利の尊重について考えるなど、講義・フィールドワーク・演習・現場実習などを通して、福祉専門職としての知識・思考と実践力を育みます。これにより、社会福祉の理論と現場(フィールド)で体験したことを結びつけ、自分自身の社会福祉観や人間観、社会観を築き上げていきます。

【授業・講義】
地域福祉論

地域における生活問題と地域福祉の役割を学び、タテ割りで個別化・細分化された諸制度を、「くらしの場における共通課題」「それに応じた共通原理をもった対策」としてとらえ直します。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】熊本市中央区大江2-5-1
入試課
【フリーダイヤル】0120-62-4095(直)
 【URL】http://www.kumagaku.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ