みえ

三重大学

国立大学 三重県

学校推薦型・総合型選抜レポート

2021年度

三重大医学部医学科

UT 先輩のレポート

入試形式

推薦入試で課されたこと

志望理由書

小論文

会場での面接

グループ討論

閉じる

面接とわたしの対策

面接形式

個人

面接官の人数

3人

質問 1

質問

地域だけでなく国際でも活躍できると思うか。

解答

地域医療と国際医療には共通点があると考えている。場所によってさまざまだから医者は対応力が求められる。対応力を身につければ国際でも地域でもやっていけると思う。

質問 2

質問

課題研究について詳しく聞かせて。

解答

市立病院は患者が少なくて儲からない診療科はしなくてもよい。となると診療科の偏在が問題になるから、総合診療医のような幅広く診られる医師が求められるのではないだろうかという結論になった。

質問 3

質問

3年間で頑張ったと思うことは何か。

解答

部活で人の性格を見極める力がついた。部長として部員の性格を見て、それに合わせて活動の提案などをする必要があり、そこで人を観察して性格に合わせて行動できるようになった。

質問 4

質問

地域と都市で学生の医療知識に差があるか。

解答

日々変わっていく医療の知識を、身につけていける努力をすれば都市でも地域でも知識や技術の差は埋まっていくと思う。

「やっておいてよかった!!」対策

予想できる質問はすぐに答えられるようにしておくこと。

面接の時間は意外と短く面接官の人が話す時間もあるため、言いたいことをはっきり言えるようにしておかないと時間が足りずに自分の考えや、やりたい医療などを伝えきれなくなってしまいます。話したいことはきちんとまとめておき、すぐ答えられるようにするべきだと思います。

「やっておけばよかった・・・」と後悔したこと

国際医療を調べておくこと。

日本の医療についてばかり調べていたため、グループ討論の時にアメリカの医療体制についてどう考えるかと聞かれて少し焦りました。ある程度知っていたので答えられましたが、それ以外にも他の国の医療体制などを調べておけばよかったと思いました。

役に立った教材・サービス

面接準備バッチリBOOK

活用ポイント

面接を今までしたことがなかったため、基本的なことすらも分かりませんでした。面接準備バッチリBOOKを読んで、基本のマナーを確認できてよかったと思います。また、当日や前日の行動についても、事前に対策できたので助かりました。

閉じる

小論文対策

解答時間

90 分

出題内容

AIの応用・展開により、人間ができる仕事と機械ができる仕事について曖昧になってきている。そのことを踏まえて、人間の存在を含めた今後の社会のあり方について300字以内で述べよ。

解答内容

今後の社会は、人間にしかできない仕事が重要視されるようになり人間と機械が役割分担をして仕事をしていくようになると考える。指示通りにこなすだけの単純な作業や、力仕事のような機械でもできることはわざわざ人間がやらずに機械に任せるようになるだろう。しかし、人間と違って機械は、共感したり相手の細かな変化に気がついたりすることは難しい。そこで、人間には人と接する仕事が求められるようになるだろう。例えばカウンセラーのように、人の気持ちを理解しなければならない職には人間が必要で、こうした機械にできない仕事は需要が高まると思われる。

「やっておいてよかった!!」対策

面接の対策をする、医療に関する本を読む。

三重大の医学部では小論文に出題される内容が医療とは限らなかったので、面接対策をしながら自分の考えをきちんとした文にして伝える練習をしました。医療に関しては、学校の図書館で本を借りたりニュースや新聞を見て情報を集め、それに対して感想を考えるようにしていました。

「やっておけばよかった・・・」と後悔したこと

しっかり意見を持っておくこと。

色々事前に調べて簡単に感想や考察をしていましたが、出題された問題のAIの分野についてはあまり答えを作りきれておらず、その場で考えて文章を作るのは大変でした。あらかじめある程度文章を考えておく方がいいです。

活用ポイント

小論文対策は、学校の先生がして下さった小論文添削をメインにしていました。その他には本を読んだりニュースや新聞から情報収集したりして、自分の意見を持ち、論理的な文章で伝える練習を繰り返していました。

閉じる

志望理由書

志望理由書のあらまし

私は総合診療医として予防医療を進めたいと考えている。総合診療医として幅広い視点からさまざまな病気を見ることで病気を見落とさず、早期発見して重症化を防ぐことができれば急性疾患になる人を減らす事に繋がると考えたからだ。三重大学では地域医療について深く学べるだけでなく、海外との交流を積極的に行なっているため国際的な医療を知ることができ、そこで学んだことを地域医療に活かしたい。

よりよい志望理由書を書くには!

自分がなぜ医師になりたいのか、どんな医師になりたいのかがはっきりしていないと、入りたい大学へのこだわりを書くことができないので、自分のやりたいことをしっかり考えることが一番大切だと思います。志望理由書に書いた内容についても面接で聞かれるので、自分の意思がはっきりしていると戸惑うことなく答えられるようになります。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ