×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

さが

佐賀大学

国立大学 佐賀県

大学トップ

ここに注目
  • 時代の急変に対応する新しい教育を展開
  • 知識獲得型からアクティブ・ラーニング(能動的学習)への転換
  • 地域に根ざしたグローバルプロジェクトを実行

大学の特色

変動著しい社会情勢を見透し、新時代に対応する教育を展開

本学はこれまで、6学部(教育、芸術地域デザイン、経済、医、理工、農)と6大学院(研究科)を擁して、学生が将来にわたり「個人と社会の持続的発展を支える力」を培うための教育を実践してきました。新たな時代の動きに対応するため、2016年4月には、文化教育学部を改組した「教育学部」と「芸術地域デザイン学部」を設置し、2019年4月に理工学と農学部の改組を行いました。
佐賀大学は国立大学法人の総合大学としての利点を生かし、海外からの留学生も交えた、学部の垣根を越えた個性の出会いがキャンパスで展開され、学生同士が刺激し合って成長することを期待しています。
本学の教育システムにおいては、専門分野は言うに及ばず、これからの時代に必須のメディアコンテンツ作成技術や情報工学プログラミング技術も学ぶことができます。美術館も設置して芸術的教養や感性の涵養も図っています。
自分を練磨し、未知の分野に挑戦し、進むべき道を見出したなら敢然と突き進む、熱い思いとチャレンジ精神をもったみなさんを心から待望しています。

閉じる

アクティブ・ラーニングを積極的に導入

大学の授業スタイルは、従来の知識獲得型からアクティブ・ラーニング(能動的学習)への転換を進めています。本学では、アクティブ・ラーニングの手法を取り入れたインターフェース科目を設けています。この授業科目は、現代社会の課題を発見し、解決に取り組む姿勢を養うことを目標としています。講義だけでなく、学生自らが主体的に参加する演習、調査、報告あるいは対話などを組み合わせ、社会を生き抜くための力を身につけます。また、附属図書館では1階全体をラーニング・コモンズ(学びの場)とし、対話をしながら学習できる空間を提供しています。

閉じる

産業界や地域との連携を強化

本学は、2012年4月に「産学・地域連携機構」を設置し、佐賀県や佐賀市などの自治体、佐賀県内をはじめとする企業や各種団体との連携・支援体制を一層強固にしています。その一環となるのが、総合大学の特色を生かした「佐賀大学プロジェクト研究所」です。「地域・社会」「社会・文化」「医療」「科学」などをテーマに、さまざまな学問領域からのアプローチを通じて、社会の発展と福祉の充実に貢献する先端的研究を行っています。2017年度は、「グリーン・エレクトロニクス研究所」「国際在来知歴史学研究所」「糖尿病足病変予防戦略研究所」「地域コンテンツデザイン研究所」など30の研究所が学術研究や調査を実施しています。

閉じる

アドミッションポリシー

佐賀大学が求める入学者

本学は学生とのコミュニケーションが緊密な総合大学として、人格形成を基盤とした高度な専門知識・技術の修得に力を注いでいます。しかも、単なる専門性の修得に満足することなく、基礎力を生かした実用開発まで、持てる能力を最大限に伸ばすことを目標とした人材育成と研究活動を展開しています。
教育目標は、高度情報化社会で活躍するための情報基礎と専門知識を修得させること、地域文化を理解し地域に根ざした活動を行うための素養を持たせること、国際化時代にふさわしい異文化理解とコミュニケーション能力を修得させることです。本学は、これらの教育目標にふさわしいチャレンジ精神を持ち、問題を自発的に探求・解明し、社会への貢献を人生目標とする学生を求めます。

閉じる

教育環境

佐賀大学美術館

「旧佐賀大学」と「佐賀医科大学」の統合10周年の記念事業として、2013年10月に本庄キャンパスに開館しました。1年を通してさまざまな展示会や企画展を実施し、多くの来館者で賑わっています。本学の新たなシンボルにふさわしいガラス張りの開放的な建物は、学生や教職員だけでなく地域住民の憩いの場ともなっています。この美術館は、芸術地域デザイン学部の卒業制作展などにも利用されます。

閉じる

充実した国際交流

交換留学制度/世界22か国88大学と学術交流協定を結び(2018年3月18日現在)、本学の授業料で1学期間または1年間の交換留学が可能です。留学で修得した単位は、一定の範囲内で本学の卒業単位として認定されます。ただし、交換留学には協定校が示す語学の基準点を満たす必要があります。本学入学後、交換留学を思い立ったら一日でも早く語学学習を開始し、学内選考に必要な外国語能力を磨いてください。留学のための奨学金制度も充実しています。
短期海外研修プログラム/一般市民との交流を通して現地の社会や文化、生活習慣を学び、多様な価値観を理解する短期海外研修制度もあります。期間は多くの場合2~3週間で、ニュージーランド、中国、韓国、台湾などの大学で現地のプログラムに参加します。
外国人留学生/外国人留学生の受け入れは年々増加し、30か国から(2018年11月現在)の留学生が在籍しています。留学生との交流イベントも開催されるなど、さまざまな国の学生との交流を通して国際感覚が磨かれています。

閉じる

地域をひらく、芸術でつながる有田キャンパス

佐賀県と長崎県をまたぐ肥前地域は、古くからの焼き物産地で、有田焼・伊万里焼・波佐見焼・唐津焼といった伝統的な焼き物文化が地域に集積され、現代の技術を取り入れながら引き継がれています。そして今尚、焼き物生産の一大拠点として全国に芸術・文化を発信しています。
本学は、そんな肥前有田に、有田キャンパスを開設し、焼き物でこれからの日本の文化を開拓する人材を養成します。

閉じる

学部

【2020年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

学費

【2020年度入学者対象】
入学金:28万2000円
授業料:53万5800円(年間)
※入学時および在学中に授業料改定が行われた場合は、改定時から新授業料が適用されます。

独自の奨学金ほか各種の奨学金を用意

入学料・授業料免除制度
学費の納付が困難かつ学業優秀と認められる学生および入学料の納入が著しく困難と認められる学生について、本学では以下のような制度を設けています。
●授業料免除制度:授業料の全額または半額を免除します
●入学料免除制度:入学料の全額または半額を免除します
●入学料徴収猶予制度:入学料の徴収を一定期間猶予します(免除ではありません)
 ※2017(平成29)年度は、熊本地震被災者に対する支援として入学料免除(7名)、授業料免除(30名)を行いました。

奨学金
●独自の奨学金/佐賀大学予約型奨学金(かささぎ奨学金)
本学に強く入学を希望する学業優秀な学生について、入学前の申請により入学後の奨学金給付を約束するとともに、一定の条件の下に在学期間中も給付を継続します。愛校心にあふれた優れた人材を育成することを目的とした本学独自の給付型(返還不要)奨学金です。
●その他
日本学生支援機構奨学金と地方公共団体および民間育英団体等の奨学金を取り扱っています。

閉じる

留学

※新型コロナウイルスの影響で、ご紹介している留学プログラムが中止になる可能性があります。詳細は、各大学の公式ホームページ等でご確認をお願いいたします。

過去の留学実績(調査年度:2020年)

学生数、教員数

【学生数】6486人
【外国籍の学生数】195人
【教員数】708人
【外国籍の教員数】21人

昨年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 148人
1か月以上3か月未満 26人
3か月以上6か月未満11人
6か月以上1年未満4人
1年以上0人

単位認定、奨学金

【大学独自の奨学金】有
【奨学金給付人数】61〜80人
【奨学金給付金額総額】500万円未満
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

留学プログラムについて

リトアニア・フィンランド研修プログラム

【留学先】フィンランド、リトアニア
【留学期間】1か月未満
【対象人数】10程度
【留学開始時期】2022年3月
【奨学金】有
【単位認定】無
【応募資格】TOEIC(500)、TOEIC IP(500)、GPA基準値(2.3)
【問い合わせ先】
URL:http://www.irdc.saga-u.ac.jp/ja/abroad/susap.html
部署:国際交流推進センター
電話番号:0952-28-8169

ラトローブ大学「オーストラリアで高度な英語スキル向上を目指す」

【留学先】オーストラリア
【留学期間】1か月以上3か月未満
【対象人数】15
【留学開始時期】2021年8月
【奨学金】無
【単位認定】有
【応募資格】TOEIC(550相当)、GPA基準値(2.3)
【問い合わせ先】
URL:http://www.irdc.saga-u.ac.jp/ja/abroad/susap.html
部署:国際交流推進センター
電話番号:0952288169

大邱大学校プログラム「韓国語初心者向けの言語・文化体験プログラム」

【留学先】韓国
【留学期間】1か月未満
【対象人数】10
【留学開始時期】2021年8月
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】TOEIC(450)、TOEIC IP(450)、GPA基準値(2.3)
【問い合わせ先】
URL:http://www.irdc.saga-u.ac.jp/ja/abroad/susap.html
部署:国際交流推進センター
電話番号:0952288169

閉じる

住環境

■学生寮
本庄キャンパス内に「楠葉寮」があります。男子100名、女子50名が入寮でき、空き部屋に応じて入寮者を募集しています。入寮期間は2年間、寮費は月額5,300円(共益費込)です。
■アパート・下宿
新入生の皆さんへの住まいの紹介は、佐賀大学生活協同組合や周辺の不動産会社が行っています。詳しくは、受験時に佐賀大学生協が配布する資料を確認してください。
■通学
「佐賀」駅からはバスや自転車で通学できます。本庄キャンパスまでは、バスで13分(200円)、自転車で15分程度です。鍋島キャンパスまでは、バスで26分(320円)です。また、両キャンパスとも、学部1年生の自動車でのキャンパス入構は認めていません。自動車通学をする人は、大学周辺にある民間経営の駐車場(月額4,000~5,000円)を借りています。

閉じる

クラブ・サークル活動

【本庄キャンパス】
■体育系:合氣道部、アイスホッケー部、アメリカンフットボール部、エアーライフル射撃部、空手道部、S.U.D.FAMILY、弓道部、競技ダンス部、剣道部、硬式庭球部、サイクリング部、サッカー部(男子・女子)、自動車部、柔道部、準硬式野球部、少林寺拳法部、水泳部、スキー部、ソフトテニス部、ソフトボール部、卓球部、探検部、熱気球部、トライアスロン部、バスケットボール部(男子・女子)、バドミントン部、バレーボール部(男子・女子)、ハンドボール部(男子・女子)、フットサル部、ラグビー部、嵐舞、陸上競技部、硬式野球同好会、水球同好会、FC SUZUKA、トヨサカ、Jacobian、タマリスク、佐賀大Geese、CUBE、ヴァルゲリアン佐賀、バレーボール愛好会、バスケを楽しむ会、大和、BDDバドミントン同好会
■文化系:アニメーション研究会、囲碁・将棋部、FMメディア研究会、管弦楽団、クラシックギターハーモニー、K-net、混声合唱団、コンピューター研究会、茶道部、写真部、ジャズ研究会、吹奏楽団、聖書かじる会、ハワイアンミュージック研究会、美術部、フォークソング研究会、文芸部、漫画研究会、ボイ撮り、ユースホステルサークル、CLOVER、Score!、Green-Nexus、いきもの会、LIFE、邦ロック愛好会、温泉同好会、Make Sense、MTB48、Crossity、ぐるりん、演劇サークル、Nexus One

【鍋島キャンパス】
■体育系:硬式テニス部、漕艇部、卓球部、準硬式野球部、空手部、バスケットボール部、剣道部、サッカー部、ラグビー部、バドミントン部、水泳部、馬術部、バレーボール部、柔道部、ヨット部、弓道部、陸上競技部、ビリヤード部、チアリーディング部、フットサル部、ソフトボール部、ウィンタースポーツ部
■文化系:混声合唱部、現代音楽倶楽部、音楽鑑賞部、美術部、軽音楽部、茶道部、ESS、国際医療研究会、天文学部、室内楽部、漢方研究会、SILS(ACLSサークル)、写真部、IFMSA-Saga(イフムサ・サガ)、USGOS(ウスゴス)、LA部、Happiness、SCS(学生地域交流の会)、ほびろほびろ、勉部、MUTSUGOROU E.P.

閉じる

大学院・併設の大学

分野融合による新体制の大学院が2019年4月開設

佐賀大学では、2019年4月に、健康科学分野における新時代の産業需要に対応する技術革新と、医療および看護を含む臨床現場での先端技術の総合的応用をめざした新しい研究科
「先進健康科学研究科」を開設しました。それにともない、従来の大学院の3つの研究科を大幅に改組して、従来の型にとらわれない異分野融合教育を実践します。

理工学系研究科(博士前期課程、博士後期課程)、先進健康科学研究科(修士課程)、農学研究科(修士課程)、学校教育学研究科(専門職大学院課程)、地域デザイン研究科(修士課程)、鹿児島大学大学院連合農学研究科(博士課程)

閉じる

パンフ・願書

学部・学科の詳細はもちろん、佐賀大学の研究内容や地域貢献活動、クラブ・サークル情報、学生生活の様子など、たくさんの情報がギッシリ詰まっています。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本庄キャンパス(教育学部、芸術地域デザイン学部、経済学部、理工学部、農学部)

●佐賀市本庄町1番地
・JR「佐賀」駅バスセンターからバスで約15分
「4番のりば」から市営バス
[ 4番]佐賀女子短大・高校線(中央大通り・佐賀大学前経由)
[11番]佐賀大学・西与賀線
[12番]佐賀大学・東与賀線
[63番]佐賀女子短大・高校線(紡績通り・佐賀大学前経由)
で「佐賀大学前」下車
・佐賀駅からタクシーで約10分
・佐賀空港からタクシーで約20分

鍋島キャンパス(医学部)

●佐賀市鍋島5-1-1
・JR「佐賀」駅バスセンターからバスで約25分
「2番のりば」から市営バス
[50番]神野公園・佐賀大学病院線
[51番]卸センター・佐賀大学病院線
で「佐賀大学病院」下車
・佐賀駅からタクシーで約15分
・佐賀空港からタクシーで約35分

有田キャンパス(芸術地域デザイン学部・芸術表現コース・有田セラミック分野)

●佐賀県西松浦郡有田町大野乙2441-1
・JR佐世保線「有田」駅下車、徒歩15分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒840-8502 佐賀県佐賀市本庄町1番地
学務部入試課

電話番号

TEL.0952-28-8178

URL

http://www.saga-u.ac.jp/

E-Mail

contact@mail.admin.saga-u.ac.jp

閉じる

閲覧履歴に基づくオススメの大学

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ