なよろしりつ

名寄市立大学

公立大学 北海道

学部・学科

学べること

地域の「ケアの未来をひらく」ことをめざして

地域社会と連携して、多様でかけがえのない「ひと」を対象とする保健・医療・福祉・保育分野の専門職(管理栄養士、看護師・保健師、社会福祉士・精神保健福祉士、保育士、特別支援学校教諭・栄養教諭・幼稚園教諭)を養成し、地域の「ケアの未来をひらく」ことを使命としています。

閉じる

互いの専門性を発揮しながら協働的に課題解決に取り組む「連携教育」

本学では開学以来、さまざまな専門分野の教員が集まり、互いの専門性を発揮しながら協働的に課題解決に取り組む「連携教育」を実践し続けています。
その入門に位置づけられているのが、1年次の「地域との協働 I 」。さまざまな経験を持つ学内教員のショートレクチャーや、学科混成・少人数別のチーム活動を通じて、連携の目的や意義、コラボレーションについて学びます。
2年次以降は、大学を越えて地域全体を学びのフィールドと捉え、3年次にかけて積み上げ型で展開されます。
一人ひとりが関連する諸領域を幅広く理解し、支援サービスの連携・協働においてパートナーシップを発揮できる力を養います。

閉じる

少人数教育の実践

本学が、短期大学時代から大切にしてきた方針の一つが「少人数教育」です。
学生の個性を注視し、その関心と志向、学習プロセスと到達度によく配慮して能力を高めることをめざしています。この「少人数教育」を基礎に、優れた能力を備えて「ひと」への支援サービスの提供を実践できる人材を育成します。

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ