しゅとだいがくとうきょう

首都大学東京

公立大学 東京都

都市環境学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

地理環境学科(30名)
都市基盤環境学科(50名)
建築学科(50名)
環境応用化学科(60名)
観光科学科(30名)
都市政策科学科(35名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●安心で活力ある都市を実現できる人材を育成
●大都市の環境問題に対し、持続可能な開発力で取り組む
●学生主体となる授業形式で、問題解決力を高める

都市環境学部では、都市の文化を継承しつつ、安全・安心・快適な都市環境を持続的に発展・維持させるための科学体系や施策について、工学的・文理融合的に深く学び、研究します。各学科では、それぞれの特色を活かして、都市環境の課題を発見し、解決し得る先導的人材の養成を目指します。
都市の将来を担う人材となるためのフィールドワークや実験・演習を重視した講義などの様々なアプローチにより、探究心を持って取り組める多彩な学びが魅力です。大都市東京に位置する大学だからこそできる、地球規模から身近な環境まで幅広く研究を行っていきます。

【キャンパス】南大沢キャンパス
【学生数】914名(男651名/女263名)(2017年5月1日現在)
【専任教員数】103名(2017年5月1日現在)
※上記の内容は組織再編前の実績になります。
【大学院】都市環境科学研究科/都市環境科学専攻 地理環境学域、都市基盤環境学域、建築学域、環境応用化学域、観光科学域、都市政策科学域

地理環境学科

講義・学問分野

地形学、気候学、地理情報科学、測量実習 など

閉じる

都市基盤環境学科

講義・学問分野

構造力学、土質力学、水理学、測量学 など

閉じる

建築学科

講義・学問分野

建築構造力学、建築デザイン、都市設計、建築法規 など

閉じる

環境応用化学科

講義・学問分野

物質量子力学、環境応用化学基礎実験、環境化学、化学システム工学 など

閉じる

観光科学科

講義・学問分野

観光資源論、生物資源学、観光まちづくり論、観光マーケティング科学 など

閉じる

都市政策科学科

講義・学問分野

地方自治論、公共経営論、都市社会調査法、プロジェクト型総合研究 など

閉じる

学部の特色

安心で活力ある都市を実現できる人材を育成

本学部では、都市の重要な要素をもつ「自然」「人間」「社会」「物質」「エネルギー」「情報」「建造物・人工物」「公共サービス」などをキーワードとして、大都市におけるエネルギーのハイレベルでの活用と安定供給、インフラの老朽化による影響とその更新、大規模災害時の対応、少子高齢化への対応、都市・地域経済の活性化など、都市を構成する様々な要素の課題を掘り下げて学び、研究していきます。
また、大都市における人間社会の理想的な在り方について、学際的アプローチ、副専攻の導入や、フィールドワーク、多彩なインターンシップなどを通じて実践的かつ多角的な判断能力や提案力を養います。

閉じる

大都市の環境問題に対し、持続可能な開発力で取り組む

本学部は、土木、建築、建設といった工学、自然環境の調査を旨とする地理学、ミクロの物質から環境やエネルギーを見つめる応用化学、自然環境と文化・情報の視点から多面的に観光を学ぶ観光科学、都市問題を文理横断的な視点から解決する都市政策科学の各領域に、持続可能性や環境の視点を加えた特色のある学科を設置しています。それぞれの専門性に加え、環境問題の解決や持続可能な発展に向けた各専門分野の連携から生まれる技術や方法論の創造に携われる知識と技術の育成に努めます。

閉じる

学生主体となる授業形式で、問題解決力を高める

単なる受け身の授業ではなく、学生が主体となるPBL(Project Based Learning)形式の授業を導入し、実験・実習・フィールドワークを通して、学生自ら問題を発見し解決する能力を高める教育に取り組んでいます。
地に足をつけた教育と共に、研究に対する姿勢を引き継ぎながら、最先端の研究内容も盛り込むことで、広い視野と柔軟な思考力をもち、多様な都市環境問題の解決に取り組もうという熱意のある学生の入学を期待しています。
また、留学活動も盛んであり学部生でも海外の最先端の研究にふれながら新しい知見を修得できます。

閉じる

学べること

地理環境学科

フィールドワークを通じ「自然」と「人間」の相互作用を学ぶ

自然地理学から人文地理学、地理情報学など、地理学の幅広い分野をカバーしているのが本学科の特徴です。1年次には地理環境科学の様々な研究分野を知ることができる「地理環境科学序説」を学び、興味の深い分野を模索。同時に基礎、応用を身に付けた上で実際に全国各地に出向き、1週間にわたり調査や観測を行うフィールドワークを体験。地理の環境を地形や気候、地域環境などをもとに分析・研究し人間との相互作用を学んでいきます。

閉じる

都市基盤環境学科

総合的な視野と素養を磨き、自然・社会・環境と共生する建造物を研究

未来を担う専門家を育てるために、「社会基盤分野」(交通・物流・ライフライン)、「環境システム分野」(地圏・水圏・大気圏環境の保全)、「安全防災分野」(自然災害の軽減)の3つの分野を設置しています。都庁や建設業界でのインターンシップも行うことで、実践的かつ、総合的な視野を身に付けながら都市や環境にまつわる様々なテーマを研究することができます。

閉じる

建築学科

自ら歩き、目で見ることで、建築や都市が抱える課題を解決する力を養う

都市空間は、建築物の集合体です。同時に、人が暮らす場所として安全・快適であることはもちろん、景観の美しさ、自然や環境、歴史や文化などと共生した存在でなければなりません。単体としての建造物だけでなく、都市空間を含めた都市環境全体について考え、最先端建造物から木造住宅密集地を自らの足で歩くなど特色あるカリキュラムで、建築や都市が抱える課題を解決するための独自の教育を展開します。

閉じる

環境応用化学科

地球と共生しながら、社会の持続的な発展に貢献できる人材を育成

基礎科学を中心に学びながらも、工学としての化学に軸足を置く応用化学、材料化学に関する教育と研究を行っています。特に、有限な地球資源やエネルギーのもとで、地球環境と共生しながら人類や社会が発展できるために必要となる化学を研究。いわば自ら問題を発見し、解決に向かう教育を重視し、社会発展に貢献できる資質を持った人材を育成します。

閉じる

観光科学科

多様な視点から観光を科学的に探究するための3領域

工学や理学といった理系分野をベースに、「観光を科学する」ことを目標にしています。自然環境マネジメント領域では、自然環境を利用する観光において、生態系の保全と開発のバランスの最適な値を探究。地域計画・マネジメント領域では、地域で生まれる文化を観光資源として活用する手法を研究。行動・経営科学領域では、観光関連企業・組織がいかにして観光者のニーズに合ったサービスを提供できるかを研究します。地域の魅力や価値を発信できる人材を育成します。

閉じる

都市政策科学科

多角的かつ実践的な学習スタイルで“都市に関する政策科学”を探求

都市問題を理論的・実践的に解決する教育・研究を少人数制で実施。従来型の公共的な立場から、都市に関する政策科学に取り組む人材を育てる都市政策コース、都市システム科学域の2つの組織の良い面を継承、現場体験型授業、ワークショップ、卒業研究などを通じて、“都市に関する政策科学”を提供・実施します。

閉じる

アドミッションポリシー

都市環境学部の求める学生像

・都市環境学部で学修して自らの夢を実現するための十分な学力と熱意ををもつ人
・広い視野と柔軟な思考力をもち、国際性を備えた巨大都市社会のリーダーになろうとする人
・工学、自然科学、人文社会学を融合した総合的アプローチから、多様な都市環境問題を解決しようとする意欲をもつ人

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都八王子市南大沢1-1
(042)677-1111(代)
 【URL】http://www.tmu.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ