学校パンフ取り寄せで図書カードGET

しゅとだいがくとうきょう

首都大学東京

公立大学 東京都

システムデザイン学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

情報科学科(50名)
電子情報システム工学科(情報システムコース・電気通信システムコース)(85名)
機械システム工学科(知能機械コース・生体機械コース)(90名)
航空宇宙システム工学科(45名)
インダストリアルアート学科(50名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●現在はもちろん次世代の実現を目指す様々なシステムを研究する
●情報系分野や機械系生命分野を強化し5学科に再編成
●異分野間の垣根を低くし、様々な専門知識を融合できる人材を育成

本学の理工学系にあった電気・機械工学分野と、システムデザイン学部を再編・統合し、基礎から応用までの一貫した工学体系の総合的教育・研究体制を確立します。機械、電気、情報などの多彩な要素技術と、それらを統合するシステム設計技術を、人間の感性も踏まえながら、より広く、そして深く探求します。
新学部では、社会・産業からの需要が著しく増加している情報系分野と機械系の生命分野を強化した教育・研究体系を展開します。そして、それに人間の感性を重視した芸術工学の要素を加え、幅広いものの見方で新しい価値の創造に取り組む人材を育成します。

【キャンパス】南大沢キャンパス(1・2年次)日野キャンパス(3・4年次)※一部の専門授業は、2年次(後期)から日野キャンパスで開講
※2018年度より日野キャンパス
【学生数】1179名(男891名/女288名)(2017年5月1日現在)
【専任教員数】85名(2017年5月1日現在)
※上記の内容は組織再編前の実績になります。
【大学院】システムデザイン研究科/システムデザイン専攻 情報科学域、電子情報システム工学域、機械システム工学域、航空宇宙システム工学域、インダストリアルアート学域、

情報科学科

講義・学問分野

プログラミング基礎、ソーシャルメディア概論、コンピュータネットワーク、データ構造とアルゴリズム など

閉じる

電子情報システム工学科(情報システムコース・電気通信システムコース)

講義・学問分野

共通科目(電気・電子工学、情報工学・情報科学、応用物理学、管理工学、制御工学、エネルギー工学、福祉工学 など)
情報システムコース※2年次後期より選択(データ構造とアルゴリズム演習、ソフトウエア設計論、波動計測処理、ディジタル通信、コンピュータアーキテクチャ基礎論、プログラミング言語論 など)
電気通信システムコース※2年次後期より選択(半導体工学、電気回路解析論、スクリプト言語演習、光電波伝送工学、プラズマ工学 など)

閉じる

機械システム工学科(知能機械コース・生体機械コース)

講義・学問分野

共通科目(機械工学・精密工学、電気・電子工学情報工学、応用物理学、環境工学、生物工学、数理工学、制御工学 など)
知能機械コース※2年次後期より選択(機械力学、システム制御、システム解析、ロボット運動学、創造的ロボティクス演習 など)
生体機械コース※2年次後期より選択(工業数学、機械力学、流体力学、熱力学、生体生理工学 など)

閉じる

航空宇宙システム工学科

講義・学問分野

航空宇宙工学概論、流体力学、熱力学、基礎振動工学、基礎制御工学、宇宙推進システム工学、宇宙航空力学 など

閉じる

インダストリアルアート学科

講義・学問分野

芸術と社会倫理、ドローイング、基礎造形、2次元コンピュータグラフィクス、アニメーション基礎、スペースデザイン基礎、Web基礎 など

閉じる

学部の特色

現在はもちろん次世代の実現を目指す様々なシステムを研究する

本学部の最大の特徴は、現在の都市社会に必要なシステムだけでなく、次世代や近未来の実現を目指す様々なシステムを、数理的、システム工学的なアプローチはもちろんのこと、人間の感性を重視したデザイン工学的なアプローチからも総合的に教育研究するという点です。
5つの学科は、それぞれが独自性を持って特徴的な専門教育を実践。多様な要素技術・研究成果が総合された複合システムの設計・開発には、個々の知識だけでなく、関連した多くの分野の総合的な知識やノウハウが必要です。加えて、それらを統合化する技術も必要となります。そのために本学部では、各学科の専門分野に限定されることなく、学科間の緩やかな連携によって周辺分野の知識も含めた学際・横断的教育を受けることができる学びのシステムを整備しています。

閉じる

情報系分野や機械系生命分野を強化し5学科に再編成

本学部は、システム技術を機能と感性という二つの側面から総合的に教育研究する日本でも極めてユニークな最先端の学部です。社会・産業からの需要が著しく増加している情報系分野や機械系の生命分野を強化し、「情報科学科」、「電子情報システム工学科」、「機械システム工学科」、「航空宇宙システム工学科」、「インダストリアルアート学科」の5学科からなる組織に再編成。確かな基礎に裏づけされた応用力と、豊かな創造性を持つ技術者・研究者を育みます。

閉じる

異分野間の垣根を低くし、様々な専門知識を融合できる人材を育成

科学技術の世界では、多分野との連携や融合化が進み、次々と新しい発見や最新テクノロジーを利用したシステムが生まれています。本学部では、それらに柔軟に対応できる、確かな知識に裏づけされた、応用性・創造性豊かな人材を育成します。
社会でシステム開発やプロジェクトに関われば、様々な局面で異分野の技術者や開発研究者とのコミュニケーションが求められます。学科間の垣根を低くしたシステムデザイン学部の教育スタイルは、異分野間のコミュニケーションや協調性を醸成するのに最適な環境といえます。また北米、ヨーロッパ、アジアの数多くの海外大学と研究交流協定を結んでおり、その交流ネットワークを利用した国際的な視点での人材育成を目指しています。

閉じる

学べること

情報科学科

3つの専門科目の履修を通じ情報科学を広範囲かつ専門的に習得

1年次から領域導入科目が導入され、先進的な情報技術の学びをスタートさせます。2年次からは、基礎理論系、アーキテクチャ系、コンテンツ系という3つの学科専門科目群を学び、ソフトウェアエンジニアとして広範囲な専門知識を学びます。3年次は、さらに学習研究の専門性を高め、高度なプログラミング技術やデータ解析、コンテツ処理能力を習得していきます。4年次は、それを踏まえ、少人数制の研究室で、きめ細かい指導を受けながら、先端情報技術の研究を深めていきます。

閉じる

電子情報システム工学科(情報システムコース・電気通信システムコース)

情報と通信に関わる広範囲の周辺知識と専門知識を両立させる

1年次および2年次前期までは、教養科目や基礎科目を中心に学びます。あわせて専門教育科目の共通基礎科目、コース導入科目を学ぶことで、自分の興味や適正を見極め、専門コースの選択に備えます。2年次後期より、自らの関心や将来のビジョンに合わせて、「情報システムコース」「電気通信システムコース」のいずれかを選択。
「情報システムコース」では、情報ネットワークシステム領域と通信システム領域を中心とした学習・研究を構築。さらにコースの枠を越えて、電気電子通信システム技術についても習得できます。「電気通信システムコース」では、電気・電子の材料とその特性、電磁気学、電気電子回路、制御理論、エネルギーの変換・制御、情報通信、情報処理に関する分野を学び、それらの周辺分野や、時には領域を越えた分野も学びます。

閉じる

機械システム工学科(知能機械コース・生体機械コース)

生命と工学における専門知識に加え、架け橋となる横断的な視野を養う

より高度なレベルでの健康維持や医療支援を行い、付加価値の高い機械システムが求められています。その開発には、システム工学、制御工学、ロボット工学などの専門知識に加え、それらを横断的な視点から活用できる人材が不可欠です。本学科では、上記の学問領域の基礎を教育する事により、求められる理想社会を構築する機械システムを創り出すことのできる創造性豊かな人材を育成します。
「知能機械コース」「生体機械コース」の2つの教育課程を設け、2年次後期より選択して専門的に学びます。「知能機械コース」では「安全・安心で持続可能な社会」を実現するため、「機械制御・知能化システム」および「サービス情報・ロボット工学」に関連する学問領域の基礎および構築システムに共通する学問を学び、ついで固有の専門分野について学びます。「生体機械コース」では、「高レベルな健康の維持および医療の支援」を実現するため、「医用工学・生体工学」および「人間工学・福祉工学」に関連する学問領域の基礎および機械システムに共通する学問を学び、ついで固有の専門分野について学びます。

閉じる

航空宇宙システム工学科

宇宙などの極限空間でも性能や信頼を損なわない航空宇宙システムの学びの場

航空機、ロケット、人工衛星など、航空宇宙システムを研究し、宇宙や高度1万2千メートル以上の上空といった極限の空間でも信頼性が失われず、高性能を維持できるように設計、製造する知識や技術を養います。数学や物理、化学などの専門基礎から、空気力学や推進工学などの航空宇宙工学に必須の科目を学んでいきます。

閉じる

インダストリアルアート学科

ワークショップを通じ、アートと工学を融合させる心と技術を養う

本学科では、プロダクトやメディアといった人に訴えかけるアート・デザインの学修に加えて、人の行動や意識をデザインに生かす人間工学を重視します。あわせて、デザイン資源を生活や社会・産業などに活かすためのリサーチ・企画・プロデュース・編集方法を、ワークショップなどのプログラムを通して体験的に学び、感じる心、成し遂げる技術を育みます。

閉じる

アドミッションポリシー

システムデザイン学部の求める学生像

・先進的なシステムデザイン工学を習得するに十分な基礎となる高校段階での学力を持つ人
・先進的な開発や人や環境に配慮した新しいシステムの創成に関心を持ち、機械、電気・電子・情報、航空宇宙、デザインなどの工学及び感性を複合・横断的に学びたい人
・知的好奇心を持って新しい価値の創造に積極的に取り組む意欲がある人
・国内外の研究機関との研究交流・共同研究に興味を持ち国際的に挑戦する人

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】〈南大沢キャンパス〉
東京都八王子市南大沢1-1
〈日野キャンパス〉
東京都日野市旭が丘6-6
(042)585-8606(代)
 【URL】http://www.sd.tmu.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ