ほっかいどうかがく

北海道科学大学

私立大学 北海道

大学トップ

最新情報

2018/07/11NEW

ここに注目!
  • 4学部13学科 工学・医療・社会科学系の実学系総合大学
  • 基盤能力と専門性を身に付けている人材を育成「+Professional教育」
  • 2018年4月 北海道薬科大と統合し「薬学部」がスタート

大学の特色

基盤能力と専門性を身に付けている人材を育成する「+Professional」教育

本学ではヒューマニティ、コミュニケーション能力、問題発見解決能力、マネジメント能力といった基盤能力をもとに、各分野の専門性を身に付けている人材を育成する「+Professional教育」を展開しています。
ゼミでの研究や、サークル活動、キャンパスライフなどの大学生活を通して基盤能力と専門性を掛け合わせ、融合させることによって、どんな社会、どんな時代でも通用する力を養います。

閉じる

学部・学科の枠を越えた幅広い分野での学びが可能に

開学以来の工学系を基本に、医療系、社会科学系の分野へ学びを拡大。
工学部では、技術だけでなく人の気持ちを考えながらより暮らしやすい地域を創るための手法を修得。保健医療学部では、コミュニケーション能力を磨きながら工学・IT系の知識や技術を修得し、医療に生かせる力を身に付けます。未来デザイン学部では、工学・IT系の知識を理解したうえで、人の気持ちも考慮した表現力を身に付けることができます。

閉じる

G棟のGは「GALLERIA」から

「モバイルキャンパス構想」による環境整備

“人が集い行き交う空間”G棟(講義棟)
G棟(講義棟)は、近代的な建築デザインとIT環境が整ったキャンパスの中核施設。設計は本学の教員と卒業生が担当し、こだわりのデザインが高い評価を得ています。講義室(全29室)のほか、学生用ロッカー、多目的スペースなどを備えています。教室の全席に有線LANが敷設され、さらに無線LANも対応です。
このG棟を中心に学内のさまざまな場所でネットワークに接続できる環境が整っており、出欠確認や課題提出など学生と教員が双方向で情報を利用する授業を展開しています。PCを通じて学内サイトにもアクセスが可能で、必要な手続きや就職活動での情報収集などにも有効活用できます。また、授業の空き時間や放課後に、インターネットやプリンターを自由に利用できるよう、講義室を開放しており、レポートや課題の作成など多くの学生が利用しています。
●学内情報サイトの活用
「キャンパス情報システム」では受けたい授業の申請(履修登録)や成績表の閲覧、「キャリアデザインサポートシステム」では求人票などの就職情報の閲覧など、ネットワーク化によって、よりスピーディーな学生サポートを実現しています。「HUS-Moodleシステム」は日々の授業を支援するサイトで、出欠席のチェックから講義資料の配付、課題提出にいたるまで、ペーパーレス化を視野に入れた先進的な情報サイトです。また、学生一人ひとりにログイン名とパスワードが与えられるので、自宅からでもアクセスすることができます。

閉じる

教育環境

近代的な建築デザインが特徴のA棟

新しい校舎が続々と完成

本学キャンパスの西側にある、新しい技術やデザイン性を取り入れた新校舎に、保健医療学部の5学科全てが入っています。それぞれの学科の専門的な学びをサポートする最先端の研究・実験設備をはじめ、講義室やゼミ室、学生たちが自由に使えるスペースなどの充実も図っています。
■2018年4月『薬学部薬学科』を新設■
2018年4月、本学は北海道薬科大学と統合し、「薬学部薬学科」を新設。
北海道薬科大学の伝統と実績を生かし、医療と工学、医療と社会科学の連携を強化するとともに、専門性と総合的な視点を生かして、社会に貢献する人材のさらなる育成をめざします。

閉じる

多種多様な機能が充実した体育館

身近な生きた教材=体育館

コンセプトは「アトリウム広場」。競技によって多様な使い方ができるメインアリーナはバスケットコート2面のセッティングが可能です。メインアリーナを囲むように部室棟、トレーニング・ミーティング棟、サブアリーナが配され、それぞれの棟の窓からはアリーナの様子を観ることができます。
設計から施工まで手掛けたのは本学の教員・OBチームです。外壁には太陽光パネル、アリーナの床煖房には地中熱ヒートポンプを用いるなど、自然エネルギーや高効率システムを導入して、環境への配慮を随所に施しているのは大きな特徴の一つです。体育館は、身近な“生きた教材”と言えます。

閉じる

学部

2018年度入学者対象

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

納付金【2018年度入学者対象】

●初年度学費等納付金
工学部全学科/1,562,300円
薬学部薬学科/1,762,300円
保健医療学部/
看護学科・診療放射線学科/1,762,300円
理学療法学科/1,612,300円
義肢装具学科・臨床工学科/1,712,300円
未来デザイン学部全学科/1,242,300円

奨学金・特待生制度【2018年度入学者対象】

《新入生対象》
●スカラーシップ制度
一般入試[前期]または大学入試センター試験利用入試[前期]の成績上位の入学者に対し、最大4年間の授業料を減免する制度です。
採用人数は各学科入学定員の10%以内の入学生で、減免額は全額・半額・100万円(年額25万円)から決定されます。卒業後の返還義務はありません。

《在学生対象(2年次以上)》
●学校法人北海道科学大学奨学金
前年度の成績が優秀、クラスで先導的な活動をして、他の学生の模範となる者で、学科の推薦を受けた者が対象となります。
金額:年額120,000円(返済不要)
期間:1年間
採用人数:50名以内
●学生活動支援奨学金
前年度のクラブ活動、学業に係る資格・活動、学内外の活動の実績があり、学生の模範となる者を自薦に基づき選考します。
金額:年額60,000円(返済不要)
期間:1年間
採用人数:60名以内

ほか、日本学生支援機構奨学生制度、地方自治体などの奨学金があります。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2018年)

学生数、教員数

【学生数】4557人
【外国籍の学生数】7人
【教員数】467人
【外国籍の教員数】4人

昨年度の留学実績

閉じる

クラブ・サークル活動

文化系、体育会系など多彩なクラブがそろっており、豊かな人間関係と活動の喜びを味わうことができます。

体育会系クラブ

アーチェリー部、空手道部、硬式野球部、サッカー部、卓球部、硬式テニス部、バスケットボール部、基礎スキー部、バドミントン部、山岳部、アイスホッケー部、ハンドボール部、陸上競技部、少林寺拳法部、ラグビーフットボール部、ソフトテニス部、弓道部、軟式野球部、アメリカンフットボール部、北海道科学大学YOSAKOIソーラン部、剣道部、バレーボール部、フットサル部、柔道部、ライフル射撃部、リュージュ部、ラクロス部、ビリヤード同好会、無限神刀流居合術同好会、自転車部、ダンス同好会、水泳同好会、ダーツ同好会

文化系クラブ

サニーフィールズ・ジャズ・オーケストラ、写真部、美術部、軽音楽部、まんが・SF研究部、茶道部、航空学術研究部、自動車部、電子計算機研究部、A.C.(アーキテクチュラルクラブ)、放送芸術部、模型部、Digital Sound Project部、囲碁・将棋同好会、天文同好会、English Workshop同好会、宇宙開発研究同好会、旅行研究同好会、無線工学研究同好会、HUSキッズエンジニア、フットパス同好会

その他

雪かき隊、HCP~HUS CYCLE PROJECT~、HUS防災プロジェクト、ローバースカウト部
全学応援団、チアリーダー部
ふるさと交流会
大学祭実行委員会

閉じる

大学院・併設の大学

専門領域を深く追究

〈大学院〉
●工学研究科/機械工学専攻(修士)、電気電子工学専攻(修士)、情報工学専攻(修士)、建築学専攻(修士)、都市環境学専攻(修士)、工学専攻(博士)
●薬学研究科(2018年4月開設)/臨床薬学専攻(博士)
●保健医療学研究科(2018年4月開設)/看護学専攻(修士)リハビリテーション科学専攻(修士)、医療技術学専攻(修士)

閉じる

パンフ・願書

『みせてやる、ミライ。』学部・学科情報、卒業生からのメッセージ、学生支援、学生の暮らし、学費・奨学金、入試情報など

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●札幌市手稲区前田7条15-4-1
◇JR北海道:「札幌」駅~「手稲」駅(快速:約10分)
◇JRバス:「手稲駅北口」~「北海道科学大学」(約9分)
◇JRバス:「地下鉄宮の沢駅」~「北海道科学大学」(約25分)

閉じる

問い合わせ先

住所

〒006-8585
札幌市手稲区前田7条15-4-1
入試課

電話番号

【フリーダイヤル】0120-248-059
TEL.(011)688-2382(直)

URL

http://www.hus.ac.jp/nyushi/

その他

【Twitter】https://twitter.com/hus_plus_pro

閉じる

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ