じょうさい

城西大学

私立大学 埼玉県/東京都

城西大学/薬学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

薬学科(250名)
薬科学科(50名)
医療栄養学科(100名)

所在地

薬学科
  1~6年:埼玉
医療栄養学科 薬科学科
  1~4年:埼玉

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●最先端の薬学・栄養学の学びを通して、次代を担う薬科学技術者になる
●スペシャリストとして、医療、食、生活をサポートする
●将来の目標に合わせた学びで、技術・研究・医療従事者として活躍する

薬学部では、健康を医療・福祉・生活から支える人材の育成をめざしています。管理栄養士を養成する医療栄養学科が設置されている特徴を生かし、最先端の薬学・栄養学の学びを通して、21世紀の医療・福祉を担う薬剤師および管理栄養士、医療産業で活躍する薬科学技術者の育成をめざします。

【キャンパス】坂戸キャンパス
【学生数】1883名(2021年5月1日現在)
【専任教員数】95名(2021年5月1日現在)
【大学院】薬学研究科/薬科学専攻(博士前期課程2年制・博士後期課程3年制)、薬学専攻(博士課程4年制)、医療栄養学専攻(博士前期課程2年制)

薬学科

講義・学問分野

薬学概論、解剖学、病態学演習、コミュニケーション・プレゼンテーション、コミュニティファーマシー論 など

閉じる

薬科学科

講義・学問分野

機能性食品科学、化粧品・香粧品学、医薬品・食品・化粧品マーケティング論、バイオインフォマティクス など

閉じる

医療栄養学科

講義・学問分野

薬物食品作用学、臨床栄養学、食品化学、応用栄養学、カウンセリング演習 など

閉じる

学部の特色

最先端の薬学・栄養学の学びを通して、次代を担う薬科学技術者になる

近年、医療の世界では薬物治療が高度化・複雑化する一方で、食事による栄養治療の必要性も急速に高まり、食品・化粧品・医薬品に生活者の視点からの高い安全性が求められています。
そのため、「栄養学の知識を持った薬剤師」「薬学の知識を持った管理栄養士」「生活者の視点から食品・化粧品・医薬品の安全性を守る技術者」が求められています。
薬学部では、管理栄養士を養成する医療栄養学科が設置されている特徴を生かし、最先端の薬学・栄養学の学びを通して、21世紀の医療・福祉を担う薬剤師および管理栄養士、医療産業で活躍する薬科学技術者の養成をめざします。
基本は、人々が健康(well-being)であることを支援する人材の育成です。

閉じる

スペシャリストとして、医療、食、生活をサポートする

●薬学科(薬剤師養成課程)
医療システムが過渡期を迎えている現在、「病気にならないようにする」「少ない薬で効果的に治療する」ことに大きな期待が寄せられています。そのとき求められているのは、健康と薬をコーディネートできる人材です。薬学科では、高度な知識・技術を持ちながら、一人ひとりが望むテーラーメイドの健康・治療を提案できるスペシャリストをめざします。
●薬科学科
「よりよく生きる(well-being)」ことへの期待が高まっています。健康に生きていくこと、そして健康を維持すること。
この期待に応えるのが、化学物質とカラダの関係を見極めた最先端の薬学の知識、安全で適切な食の設計、薬学にのっとった化粧品のアドバイスです。まさに、毎日をよりよく生きるための総合プロデューサーとしての人材が求められているのです。また、研究者への道をサポートするため、大学院進学を念頭に置いた選択科目を設置しています。
●医療栄養学科(管理栄養士養成課程)
食品の偽造問題、輸入食材の問題など、「食」をめぐる安全性がクローズアップされています。また、「食」によってよりよい健康(well-being)を得ようという動きも活発で、さまざまな効果を発揮する「機能性食品」の開発もさかんです。求められているのは、健康被害を防ぎ、適切な食事設計ができるだけでなく、身体に対する正しい知識を持ち、「からだにいい食」を提案できる人材……つまり、「食」を創造できる人材です。

閉じる

将来の目標に合わせた学びで、技術・研究・医療従事者として活躍する

薬学部は、将来の目標に対して多岐にわたる学びが用意されています。

●薬学科
修了後、薬剤師の国家試験を受験します。将来は薬剤師や研究者への道があります。
●薬科学科
修了後は、薬科学技術者や大学院博士課程への道があり、高度な技術者や研究者をめざせます。
●医療栄養学科
修了後、管理栄養士国家試験を受験します。将来は管理栄養士、研究者、高度な医療従事者をめざせます。

閉じる

学べること

薬学科

栄養に強い「薬剤師」として医療の高度化とチーム医療に貢献する

医療システムのさまざまなシーンで活躍できる、高度な知識・技能を持つ薬剤師を養成するため、服薬指導や医療チームでの活躍を念頭に、コミュニケーション能力の向上、他医療スタッフとの連携に関わる科目を充実させています。また、実際に現場で活躍できる専門家となるために、専門分野ばかりでなく「医療」「生活」「食」の各分野についてもバランスよく学習し、コミュニケーション能力を高めることができるよう、ほかの2学科とも連携した授業を展開しています。

閉じる

薬科学科

専門家として薬・食・化粧品の安全を守る

生活者の視点から安全性を守ることを念頭において、「医薬品」「化粧品」「食品」に関わる情報を的確に評価、提供できる薬科学研究者・技術者を育成します。また、研究者への道をサポートするため、大学院進学を念頭に置いた選択科目を設置しています。

閉じる

医療栄養学科

医療に強い「管理栄養士」として活躍する

医療栄養学科では、傷病者への適切な栄養指導や、多くの医療スタッフとの連携が必要となることを念頭に、看護学演習、カウンセリング演習などを必修科目として充実させています。高齢者や患者一人ひとりに対応した“テーラーメイドの栄養管理・栄養治療”が可能となる医療環境づくりに力を注ぎ、チーム医療の中で活躍できる医学・薬学の素養を持つ管理栄養士を養成します。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受入の方針

薬学部では、「人々の主観的QOL(quality of life:生活と人生の質)」を高く維持し、健康のより良い状態を目指すことを支援できる人材を育成します。よって、医療・健康分野で貢献できる人材として、薬学部における知識修得に必要な基礎学力を有するとともに、自ら積極的に学ぶ主体性と意欲をもち、物事の課題や問題点を捉え、解決するために意欲的に努力する人を求めます。

閉じる

求める人物像(薬学科・薬科学科)

(薬学科)
薬学科では、城西大学の建学の精神と薬学科の教育研究上の目的を理解するとともに、ディプロマ・ポリシーに示す資質・能力の修得を目指す以下のような人の入学を期待します。
●医療人としての薬剤師のあるべき姿を考え、自己研鑽と社会活動に取り組む意欲を持つ人。
●体験型学習を含む薬学での学びに取り組む上で必要な、他者を理解し自己を表現するコミュニケーション能力を持つ人。
●薬学を学ぶ上で必要な基礎科目について学習経験を有し、それを基に専門性を獲得していこうという意欲を持つ人。
高等学校での履修が望ましい教科・科目:英語、国語、数学、化学、生物、物理

入学者の受け入れは、以下の点に留意して実施します。
●薬学科の教育研究上の目的に相応しい人材を多面的に評価・審査します。
●薬学を学ぶ上で必要な教科(英語、数学、理科)の理解度を評価・審査します。
●学力試験では測ることができない能力や意欲は、高校在学時あるいはこれまでの活動状況から評価・審査します。

(薬科学科)
薬科学科では、城西大学の建学の精神と薬科学科の教育研究上の目的を理解するとともに、ディプロマ・ポリシーに示す資質・能力の修得を目指す以下のような人の入学を期待します。

●医薬品関連、機能性食品、化粧品や機能性化粧品などの研究者または開発者になる意欲のある人。
●生命科学関連の研究者になる意欲のある人。
●国際感覚をもった薬科学研究者・技術者になる意欲のある人。
●人々の健康と安心・安全に寄与して働く意欲のある人。
●薬学・薬科学教育に対応できる十分な基礎学力をもつ人。
●自ら積極的に学ぶ主体性をもつ人。
●論理的・科学的な思考に基づいて物事の課題や問題点を捉え、解決するために努力する人。
●基本的なコミュニケーション力・プレゼンテーション力をもつ人。
高等学校での履修が望ましい教科・科目:英語、国語、数学、化学、生物、物理

入学者の受け入れは、以下の点に留意して実施します。
●薬科学科の教育研究上の目的に相応しい人材を多面的に評価・審査します。
●薬科学を学ぶ上で必要な教科(英語、国語、数学、理科)の理解度を評価・審査します。
●筆記試験では測ることができない能力や意欲は、高校在学時あるいはこれまでの活動状況から評価・審査します。

閉じる

求める人物像(医療栄養学科)

(医療栄養学科)
医療栄養学科では、城西大学の建学の精神と医療栄養学科の教育研究上の目的を理解するとともに、ディプロマ・ポリシーに示す資質・能力の修得を目指す以下のような人の入学を期待します。

●地域ならびに国際的な医療・福祉活動に貢献できる管理栄養士を目指している人。
●薬や病気と最新の栄養学を学ぼうとしている人。
●栄養教諭として社会に貢献したい人。
●食品衛生管理者、食品衛生監視員として社会に貢献したい人。
●教養を深め、専門知識の向上を目指して、管理栄養士資格取得のため、自ら積極的に学ぶ主体性と意欲をもつ人。
●基本的なコミュニケーション力・プレゼンテーション力をもつ人。

入学者の受け入れは、以下の点に留意して実施します。
●医療栄養学科の教育研究上の目的に相応しい人材を多面的に評価・審査します。
●医療栄養学を習得するのに十分な基礎となる高校段階での学力を評価・審査します。
●学力試験では測ることができない適性や意欲を高校在学時あるいはこれまでの活動状況により多面的に評価・審査します。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】埼玉県坂戸市けやき台1-1
入試課
(049)271-7711
 【URL】https://www.josai.ac.jp/education/pharmacy/

他の学部・学科も調べる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ