こくがくいん

國學院大學

私立大学 東京都/神奈川県

人間開発学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

初等教育学科(100名)
健康体育学科(130名)
子ども支援学科(100名)

所在地

1~4年:神奈川

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●「教職の國學院」がめざすこれからの「人づくり(人材育成)」
●展開科目をはじめとする独自のカリキュラムで夢を実現
●教育現場を経験し、実践力を身に付ける教育インターンシップ

「人間開発」とは、人の能力を生かすだけでなく、潜在的な才能を引き出すこと。「初等教育学科」「健康体育学科」「子ども支援学科」で、社会に求められる「人間力」を育むことができる教育者を育成します。

【キャンパス】横浜たまプラーザ
【学生数】1412名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】44名(2017年5月1日現在)

初等教育学科

講義・学問分野

初等教育に必要な各講義・内容に加え、学生自身の得意分野発見を目的に以下の展開科目を用意。
【言語・古典】
児童文学、日本語学、日本文学、書道 ほか
【自然科学】
地球科学、理科実験・観察基礎、生物学 ほか
【児童英語】
英語コミュニケーション、児童英語基礎指導論 ほか

閉じる

健康体育学科

講義・学問分野

スポーツ指導に必要な各講義・内容に加え、学生自身の得意分野発見を目的に以下の展開科目を用意。
【コーチング】【スポーツマネジメント】【ヘルスプロモーション】【伝統と身体文化】

閉じる

子ども支援学科

講義・学問分野

幼児教育に必要な講義・科目に加え、学生自身の得意分野発見を目的に以下の展開科目を用意。
【子ども文化・環境】
子ども文化論、歌唱とリズム、伝統文化と生活論 ほか
【健康・発達】
カウンセリング概論、小児医療、発達臨床心理 ほか
【地域・福祉】
家庭支援論、子育て支援論、社会福祉 ほか

閉じる

学部の特色

1年次必修科目「総合講座」の合宿研修にて

「教職の國學院」がめざすこれからの「人づくり(人材育成)」

「ものづくり」において、日本は世界に誇る技術力を磨いてきました。そして現在の日本で最も必要とされているのが「人づくり」です。「教職の國學院」として優秀な教員・指導員を数多く送り出してきた本学が、「人づくりのプロ」を育成するために設置したのが、本学部です。
「人間開発」とは、人間の持つ個性や素質・能力を伸ばすだけでなく、潜在能力や才能を引き出して、その人らしく生きようとする力、すなわち「人間力」を育むことを示します。この言葉には、人間科学を中心とする学際的・実践的な学問を学生に教授することによって、「がんばることを応援する教育」を実践する教育者・指導者を育成したいという、本学の「人づくり」にかけるまっすぐな思いが込められています。

閉じる

1年次から「ルーム制」を導入。徹底した少人数教育を行っている

展開科目をはじめとする独自のカリキュラムで夢を実現

本学部では、「人間とはどうあるべきか」を追求する人間科学と、「どうすれば人間は成長するのか」を考察する人間発達科学を同時に学べるカリキュラムを開発し、個々人の潜在能力や素質を最大限に引き出すことを目的とした科目群を設定しています。その代表例が「展開科目」です。各学科の学びの特徴に応じた展開科目群を用意しました。学生は自身の個性を見極め、展開科目を自由に選択して、得意な分野を深めます。「人づくり」は、自己実現にも直結する技術。自らの潜在能力を開花させ、「やってみたい」(夢)を「できる!」(実現)に変える経験を通して、人間開発の方法を学びます。

閉じる

教育インターンシップ

教育現場を経験し、実践力を身に付ける教育インターンシップ

2年次以降に履修可能な選択科目として「教育インターンシップ」を設置しています。これは、1年間を通じて学校現場のスタッフの一員として児童・生徒と触れ合うボランティア型実習で、教育実習での学習成果を教育現場に生かす貴重な機会となっています。また、初等教育学科および子ども支援学科では、2年次または3年次に自由科目「教育実習II」を設けており、子ども理解とその取り組みを体得する「参観実習」を行います。一方、健康体育学科では地域のサークル・クラブ活動など、社会や家庭と良好な連携を築くことのできる教員を養成するため、教育実習とは別に教育現場でのインターンシップを活発に行っています。

閉じる

学べること

初等教育学科

人間力を備えた「人づくりのプロ」を養成

小学校教諭の養成を主な目的とし、子どもや保護者に信頼され、慕われる教員になれるよう、伝統文化の学びや言語、体験活動を通して人間力を育てます。
教員には最先端の理論と指導技術をもった専門家を数多く招聘。文部科学省など、教育界の指導的な立場で教育に携わるなど、学校教育に精通した教員の下で、子ども理解や子どもの教育指導について学ぶことができる学科です。

閉じる

健康体育学科

相手を深く理解して、その能力を引き出す「人間開発」型教育者をめざす

これまでの体育系学部・学科は、主として実技・身体能力重視の体育教員やトップアスリートの指導者を育成してきました。しかし、今日の社会では、健康の増進・維持のための指導や、身体運動能力未開発者への指導能力が不可欠です。求められているのは、相手と同じ目線で接して個性を理解し、相手の能力を引き出す指導者です。高い運動能力や優れた競技成績も大切ですが、失敗経験を通して挫折や能力不足を自覚する中で潜在的な可能性を見出せる、しなやかな心が何より必要です。本学科では、こうした能力を身に付けた「人間開発」型教育者を育成します。

閉じる

子ども支援学科

地域の子育てをリードできる幼稚園教諭・保育士を養成

子ども支援学科では、将来的な幼保一元化・認定こども園への対応と総合的な子育て支援ができる幼児教育のプロを育成するため、幼稚園教諭・保育士資格の同時取得をめざしています。教育・保育の知識はもちろん、子どもの成長に関する医学・心理学的知識や、父母に対するカウンセリングの技術、地域をまとめる指導力を備え、子育てに関する総合的な支援を行い、地域の子育てをリードできる幼稚園教諭・保育士の養成をめざします。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受け入れ方針

学部全体のAP ~期待される入学者像・求める人材~
人間開発学部では、自らの資質・能力の向上と人間力育成を求めるとともに、教育者・指導者に強い志向性を有することが求められます。そのための基礎学力を持ち、自ら学ぼうとする学習意欲を保持し、十分なコミュニケーション力を有してそれをより高めようとする学生を受け入れます。

心身の発達に関する教養を総合的に身につけていくため、幅広い分野に関心を持って学んできており、さらに、今後の学生生活・卒業後の進路について展望を持っている学生を受け入れます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都渋谷区東4-10-28
入学課
(03)5466-0141(直)
 【URL】http://www.kokugakuin.ac.jp/inquiry

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ