×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

ちゅうおう

中央大学

私立大学 東京都

経済学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経済学科(467名)
経済情報システム学科(180名)
国際経済学科(265名)
公共・環境経済学科(150名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●【ゼミナール】約60のゼミを通して幅広い分野で専門性を養う
●【グローバル人材育成】グローバル社会で活躍するための実力を培う
●【キャリア教育】授業の中でビジネススキルを身に付ける

【社会の「いま」を解明し、「明日」を導き出す】
人が生きていくうえで、どうしても逃れられないのが経済。日々の暮らしにおいても、グローバルな問題においても、常に主要なテーマとなることが運命づけられていると言っていいでしょう。世の中が複雑になればなるほど、ますます必要になってくるのは、物事の核心を見すえた冷静な判断力です。経済を学ぶことによって培われた考え方、ものの捉え方は、あらゆる場面で役立つことでしょう。

【キャンパス】多摩キャンパス
【学生数】4301名(2019年5月1日現在)
【専任教員数】87名(2019年5月1日現在)
【大学院】経済学研究科

経済学科

講義・学問分野

●経済総合クラスター
経済変動論、日本経済論、租税論、マクロ会計論、計量経済学など
●ヒューマンエコノミークラスター
人口論、労働経済学、環境経済学、社会保障論、社会福祉論、社会と環境、ジェンダーと労働など

閉じる

経済情報システム学科

講義・学問分野

●企業経済クラスター
財務会計論、経営戦略論、交通経済論、産業組織論など
●経済情報クラスター
計量経済学、経済統計、システムデザイン、情報科学、情報数学など

閉じる

国際経済学科

講義・学問分野

●貿易・国際金融クラスター
国際経営論、EU経済論、米国経済論、国際投資論、Economics Seminarなど
●経済開発クラスター
産業構造論、農業経済論、多国籍企業論、アジア経済論、国際協力論、開発金融論など

閉じる

公共・環境経済学科

講義・学問分野

●公共クラスター
地域システム、地方財政論、健康経済学、都市経営論、非営利組織論など
●環境クラスター
環境経済学、環境倫理学、企業と環境、環境リスク論など

閉じる

学部の特色

多面的な視点が身に付くことがゼミナールの魅力

【ゼミナール】約60のゼミを通して幅広い分野で専門性を養う

経済学部で身に付けた知識を基礎として、少人数グループによる議論や実地調査を繰り返して学生主体で結論を導くゼミ活動は、経済学部の学びの根幹をなすものです。経済学関連の諸分野から総合教育、法律・行政、外国語、健康・スポーツまで、広い分野が開講されており、学科に関わらず興味あるゼミを選択する事が可能です。

閉じる

海外インターンシップも開講

【グローバル人材育成】グローバル社会で活躍するための実力を培う

グローバル・リーダーズ・プログラム
社会に出た後、地球規模で活躍できる資質を備えた学生を育成するプログラムです。ゼミを通して世界の各地域における環境問題やさまざまな課題について分析・研究する中で、学生自身が自らの役割を理解し、かつ果たしながらリーダーとしての基礎力とセンスを養います。

海外インターンシップ
実際の企業で就業体験を得るインターンシップは全17コースを開講しており、海外の現地企業、日系企業も選択可能となっています。国際的ビジネスマナー、英語でのプレゼンテーションやディベートなど英語力を高めるためだけでなく、海外勤務を経験するときに生ずる事態に対応できる能力を授業の中で身に付ける事ができます。

閉じる

企業との産学連携によるプロジェクトで実社会に触れる機会を提供

【キャリア教育】授業の中でビジネススキルを身に付ける

ビジネス・プロジェクト講座
実際の企業で活躍するビジネスパーソンから与えられた課題に対して、企業立案から実施計画、収支予想まで行いプレゼンテーションをします。1年次の入学して間もない時期からリアルな企業活動に触れることになり、以降の学びにおいて常に現実を意識した解決方法を模索する姿勢が身に付きます。

貴重な体験となるインターンシップ
金融、メーカーをはじめとする多様な民間インターンシップに加え、地域自治体との連携にも力を入れています。これは学生のU・Iターン志向の高まりに応えるもので、本学周辺の自治体を中心に派遣者数が着実に増えています。早い段階から業種や職種への適性を判断し的確な選択ができるよう、全面的な支援を行っています。

閉じる

学べること

経済学科

経済学の基礎から応用までを学び、現代の経済問題を分析し政策提言できる力を養う

経済学科には、経済総合クラスターとヒューマンエコノミークラスターが設置されています。「基礎マクロ経済学」「基礎ミクロ経済学」で基礎理論を理解しながら「統計学」などを学ぶことにより、さまざまな経済活動や社会現象を理論的かつ実証的に分析する方法を修得。こうした基礎科目で培った分析方法をもとに、「財政学」や「経済政策論」といった応用系の科目を学んでいくことにより、経済問題に対して自分なりに分析できる力を育んでいきます。

閉じる

経済情報システム学科

企業経営や会計について学び、起業家や公認会計士などをめざすために必要な知識を修得する

経済情報システム学科には、企業経済クラスターと経済情報クラスターが設置されています。経済活動の変遷とその背景、経済活動を支える生産、流通、情報システムを体系的に学習し、現代の経済的諸問題に対応できる能力や、公認会計士などをめざすうえで必要な知識を身に付けます。産業・企業、空間・地域、情報システム・ITの各分野に視座を置き、「産業構造論」や「経営学」「統計学」、情報処理関連科目などを広く学びます。

閉じる

国際経済学科

国際的な経済問題について学び、企業の国際部門や外資系企業で活躍できる能力を養う

国際経済学科には、貿易・国際金融クラスターと経済開発クラスターが設置されています。日本と諸外国の間の経済問題を総合的に学ぶのがこの学科。国際経済問題の解決策を見つけるための基盤として、「国際経済学」「国際金融」「世界経済論」などの専門基本科目を学び、国際経済政策、外国経済や経済開発など、より専門的な学修へと展開していきます。

閉じる

公共・環境経済学科

公共機関のあり方をローカル・グローバル双方の視点から導き出す力を養い、公務員、NPO・NGOとして活躍できる人材に成長できる

公共・環境経済学科には、公共クラスターと環境クラスターが設置されています。国や地方公共団体の行政サービスや、NPO・NGOなどの民間団体、国境を越えた多国間機構による安全、福祉、教育、国際貿易・通貨、平和構築、人道支援などの多種多様な活動を学修します。「基礎マクロ経済学」や「基礎ミクロ経済学」などの経済理論や「経済政策論」をベースに、「公共経済学」や「行政学」「財政学」「公共政策」「国際公共政策」を基本科目に設けています。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】〒192-0393
東京都八王子市東中野742-1
経済学部事務室
(042)674-3311
 【URL】https://www.chuo-u.ac.jp/academics/faculties/economics/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ