×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

ちゅうおう

中央大学

私立大学 東京都

国際情報学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

国際情報学科(150名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●国際情報学部を表す“iTL” —グローバル情報社会の諸問題を解決できる人に—
●文理融合型のカリキュラム構成により文系出身でも情報学が学べる
●全面改装した都心のキャンパスで学べる

ICT(情報通信技術)のネットワークの上に成り立つ今日の国際社会。その進化が加速する一方で、さまざまな問題も生じています。それらについて解決策を発信・提案・実行することのできるグローバルリーダーをめざし、ICT情報基盤の知識、情報活用における法の知識、グローバルな教養からの知見と思考力を総合的に身に付けることのできる学部です。

【キャンパス】市ヶ谷田町キャンパス(新宿区)
【学生数】151名(2019年5月1日現在)
【専任教員数】19名(2019年5月1日現在)

国際情報学科

講義・学問分野

●情報基盤/プログラミング基礎、データサイエンス基礎、メディア論など
●情報法/AI・ロボット法、情報政策概論、企業と情報法など
●情報発展/プロジェクトマネジメント、情報戦略論など
●情報実践/デジタルメディアとコンテンツ、広告論、特殊講義(eスポーツ)など
●グローバル・教養科目群/国際ICTインターンシップ、ICT留学、異文化間コミュニケーション論など

閉じる

学部の特色

国際情報学部を表す“iTL” —グローバル情報社会の諸問題を解決できる人に—

国際情報学部は“iTL”と呼称されています。この“iTL”には2つの意味が込められています。
1つ目の意味は国際情報学部の専門分野である“Inoformation Technology & Law”(「情報の仕組み」と「情報の法学」の融合)です。情報分野における課題を解決するには、「情報の仕組み」(情報技術)と「情報の法学」(情報に関する法律や規則)に関する知識を持ち、これらを有機的につなぎ合わせる力が求められます。
“iTL”の2つ目の意味は“Ichigaya Tamachi Link”です。国際情報学部のキャンパスは市ヶ谷田町キャンパス(東京都新宿区)です。都心に位置するこのキャンパスが、人と社会、知恵と情報をつなげる(Link)知の拠点となることへの期待が込められているのです。

閉じる

文理融合型のカリキュラム構成により文系出身でも情報学が学べる

専門科目として、ICT技術に関する基礎知識を養う「情報基盤」、情報に関する法律や政策について学ぶ「情報法」の科目群が設置されています。「情報基盤」では、1年次にプログラミングも学びます。少人数で丁寧に授業を進めていくので、数学が苦手な人やPC初心者でも、無理なくプログラミングの基礎を身に付けることができます。
上級年次に設置されている「情報実践」の科目群では、実社会との接続性の強い科目が豊富です。eスポーツや暗号資産(仮想通貨)といった話題の情報技術にも触れることができます。

閉じる

全面改装した都心のキャンパスで学べる

2019年の学部新設時に、キャンパスの内装を全面的に改装しました。おしゃれなカフェのような落ち着いた雰囲気のコミュニケーションホールをはじめ、グループ学習に最適な設備を備えたラーニングコモンズなど、学生が快適に学修するための環境を整えています。
国際情報学部は、東京メトロ市ヶ谷駅6番出口の正面にキャンパスを構えます。都心の立地を生かし、社会の第一線で活躍する産業界・官公庁の実務家教員を招聘することで、より実社会との接続性の強い、先進的なテーマを扱う科目を充実させています。

閉じる

学べること

国際情報学科

「情報の仕組み」と「情報の法学」に加え、「グローバル教養」を学ぶことで、グローバルな情報社会で活躍する力を身に付ける

情報社会での活躍のためには、ICT情報基盤のみならず、情報を取り巻く法律やルールに関する知識が必要です。かつて、新聞という情報媒体が出現したときにはプライバシーの保護という考え方が生まれ、インターネットが普及したときには匿名の書き込み等を制限する法律が誕生しました。歴史的に見ても、情報と法律が相関関係にあるのは明らかです。今はAIという情報技術が加速度的に進歩しており、新たな法律の必要性を予感させています。情報社会での活躍には、「情報の仕組み」と「情報の法学」の知識は不可欠です。
また、情報サービスや情報政策をグローバルな情報社会に展開していくには、異文化の背景を持つ他者と協働しなければなりません。そのために、意思疎通手段としての英語力、普遍的な価値観や異文化理解の素養である「グローバル教養」の修得が必要です。
国際情報学部 –iTL- では、「情報の仕組み」「情報の法学」「グローバル教養」の学びを統合的に展開し、グローバルな情報社会で活躍する人材を育成します。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】〒162-8478
東京都新宿区市谷田町1-18
国際情報学部事務室
03-3513-0307
 【URL】https://www.chuo-u.ac.jp/academics/faculties/itl/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ