学校パンフ取り寄せで図書カードGET

とうきょうけいざい

東京経済大学

私立大学 東京都

コミュニケーション学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

コミュニケーション学科(225名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●コミュニケーションは社会や経済の中心です
●「グローバル」「メディア」「企業」の3つの視点でコミュニケーションを探究
●資格取得も視野に入れた「PRプロフェッショナルプログラム」

「情報社会をコミュニケーション社会に」をテーマに学びます。

【キャンパス】国分寺キャンパス
【学生数】947名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】23名(2017年5月1日現在)
【大学院】コミュニケーション学研究科(M/D)

コミュニケーション学科

講義・学問分野

コミュニケーション学入門、フレッシャーズ・セミナー、メディアリテラシー入門、社会調査入門、マルチメディア入門、現代社会学、社会心理学、コミュニケーション心理学、アート論、映像文化論、比較文化論、メディア文化論、広報論、コニュニケーション戦略論、放送論、マス・コミュニケーション論、調査系ワークショップ (データ調査ワークショップ、社会調査ワークショップ)、表現系ワークショップ(身体表現ワークショップ、 メディア制作ワークショップ)、言語系ワークショップ(翻訳・通訳法、パブリックスピーキングほか)など

閉じる

学部の特色

コミュニケーションは社会や経済の中心です

あなたが手にするスマートフォン、それを軸にして社会も経済も動くようになりました。コミュニケーションを学べば、もっとダイナミックに動く世界に参加できるのです。理論で学ぶ授業、実習型ワークショップ、必修のゼミ。「分析」と「表現」その両方が学べるのが特長です。

閉じる

「グローバル」「メディア」「企業」の3つの視点でコミュニケーションを探究

1年次は、フレッシャーズ・セミナーや入門科目でコミュニケーション学の基礎を学びます。2年次からは、グローバル、メディア、企業の3つのコースを設け、さまざまな角度からコミュニケーションを探究します。
●グローバルコース/文化の固有性と多様性に対する理解を深め、コミュニケーションツールとしての英語を学ぶ。グローバル化の進む現代社会において多様な人々と接し協力していくための知識と技能を広く学ぶ。
●メディアコース/テレビや新聞、雑誌などのマスメディアと、インターネットや携帯電話のような新たなソーシャルメディアをメディアコミュニケーションとして統合的に扱い、仕事や日常生活で求められる知識と技能を広く学ぶ。
●企業コース/企業のコミュニケーション活動や経営、さらにメディア環境や人々の意識に関する学びを通じて「戦略的に考える力」を養う。企業の広報・広告担当者に求められる知識と技能を広く学ぶ。

閉じる

資格取得も視野に入れた「PRプロフェッショナルプログラム」

PR関連の企業や部署はもちろん、企業の社会的責任(CSR)が求められる現代社会において、さまざまな職場で必要とされている情報能力を、独自のカリキュラムで養成。トップマネジメントと直結し、情報の発信と収集・調査をするための知識とスキルを身に付けます。
1年次の12月に選考を行い、1学年20人前後の少人数クラスでPRに関連した理論、実務、倫理観を学びます。また、ワークショップにより社会での実践力を養います。また、情報のスペシャリストを証明するPRプランナー補と社会調査士の資格を取得できるカリキュラム編成になっているのも特徴です。
●グローバルキャリアプログラム
●英語アドバンストプログラム

閉じる

学べること

コミュニケーション学科

実践的なワークショップで情報収集・分析力と豊かな表現力を習得

調査系、表現系、言語系のワークショップを用意。実習を通して体験的に情報収集・分析の技術を身に付け、豊かな表現力を身に付けます。
●調査系ワークショップ/インタビューやアンケートなど、現場から情報を収集・分析するためのテクニックを学びます。
●表現系ワークショプ/映像作品やウェブサイトの作成、身体表現などを実践し、人のこころを動かす表現力を鍛えます。
●言語系ワークショップ/最も主要なコミュニケーション手段である「言語」に焦点を当て、その表現力に磨きをかけます。

閉じる

アドミッションポリシー

コミュニケーション学部の「入学者受入れの方針」(アドミッション・ポリシー)

コミュニケーション学部は、ディプロマ・ポリシー(DP)で掲げることを実現し、カリキュラム・ポリシー(CP)で示す教育課程において必要となる、次のような意欲、基礎学力等を持った人物を求めます。

全学アドミッション・ポリシー(全学AP1~4)に加え、以下のことを入学時において求めます。
●(AP1)メディア、コミュニケーション、人間関係に関心を持つ人
●(AP2)表現活動に関心を持つ人
●(AP3)社会問題に関心を持つ人
●(AP4)異文化に関心を持つ人
●(AP5)基礎学力を持つ人

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都国分寺市南町1-7-34
入試課
(042)328-7747
 【URL】http://www.tku.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ