学校パンフ取り寄せで図書カードGET

とうきょうでんき

東京電機大学

私立大学 東京都/埼玉県

工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

電気電子工学科(120名)
電子システム工学科(90名)
応用化学科(80名)
機械工学科(110名)
先端機械工学科(100名)
情報通信工学科(110名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●アクセス便利なキャンパスで工学の王道を学ぶ
●実力教育で知識や技術を身に付け、就職に結びつける
●入学前から卒業までレベルに応じて学ぶ意欲をバックアップ

本学部では手厚いサポートのある基礎教育、充実した実験、実習、ワークショップ、さらに幅広い専門科目と卒業研究の3段階で教育課程を編成。全学年を通じ、講義で修得した知識の理解を深め、かつ基礎技能を体得できる「実験・実習」を設定しています。また、技術者として実社会で活躍できる力を育むために「ワークショップ」や「キャリア関連科目」などの参加型科目も充実。低学年次では工学の基礎知識・技能をしっかりと修得し、さらに社会人としての基本的な素養やキャリア意識、並びに技術者として必要な倫理観を身に付けます。高学年では、現代的なニーズを意識した幅広い専門科目群を設置。卒業研究では、その過程を通じて創造的学習活動を展開し、多分野で課題が解決できる技術者を育成します。

【キャンパス】東京千住キャンパス
【学生数】2926名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】100名(2017年5月1日現在)
【大学院】工学研究科(M)、先端科学技術研究科(D)

電気電子工学科

講義・学問分野

電気システム制御、ハイブリッドカー、スマートグリッド、スマートセンサー、超伝導、ナノデバイス、カオス・複雑システム、医用電子、スマートカー・ホーム、先端集積回路など

閉じる

電子システム工学科

講義・学問分野

パソコン、3Dテレビ、デジカメ、携帯情報端末、DVD/BDレコーダー、LED、レーザー、光ファイバ、光通信、産業用ロボット、半導体製造工程など

閉じる

応用化学科

講義・学問分野

電気化学、機能性高分子、環境化学、化学工学、環境材料工学、化学プラント、反応制御工学、発酵工学、光化学、植物、有機ELなど

閉じる

機械工学科

講義・学問分野

機械、設計、生産、加工、ものづくり、材料、流体、燃焼、エネルギー、省エネ、環境、振動、制御、メカトロニクス、ロボット、保守、安全など

閉じる

先端機械工学科

講義・学問分野

機械設計、CAD、メカトロニクス、光学・光学機器、計測・制御、自動制御、精密加工、マイクロマシン・ナノマシン、医用工学・介護機器など

閉じる

情報通信工学科

講義・学問分野

通信システム、ネットワーク、コンピュータシステム、モバイル、光通信、音響・画像信号処理、ユビキタスなど

閉じる

学部の特色

アクセス便利なキャンパスで工学の王道を学ぶ

6路線が乗り入れる、都心と周辺都市を結ぶ重要なターミナル駅「北千住駅」徒歩1分の極めて好立地にある東京千住キャンパスで、科学技術の教育・研究の中核をなす工学の王道と言える主要分野を学びます。

閉じる

実力教育で知識や技術を身に付け、就職に結びつける

産業界や社会のニーズに対応する知識や技術を身に付けられる科目を豊富に設置しています。この実力教育を通じて、社会の発展に貢献し、実社会で活躍できる優れた人材を育成。高い就職率を維持しています。

閉じる

入学前から卒業までレベルに応じて学ぶ意欲をバックアップ

新入生の不安を解消する「入学前教育(数学・英語)」をはじめ、「学習サポートセンター」や「東京電機大学で学ぶ」「フレッシュマン・セミナー」などの導入教育を通して、不安なく大学生活をスタートできます。これらの教育は、入学後の実力教育、飛躍教育へと続き、4年間にわたって学生をとことんサポートします。

閉じる

学べること

電気電子工学科

電気電子工学を新しい視点でとらえ、先端技術を体系的に学ぶ

「電力・電気機器」「電子システム」「電子デバイス」の3分野にわたる学びを展開し、産業界で広く活躍できる技術者を育成します。「環境・エネルギー」「人」「新機能デバイス」という新しい視点で電気電子工学分野をとらえた独自の研究が行われる中、各自の興味に応じた科目を選択しながら最先端技術を体系的に学びます。

閉じる

電子システム工学科

未来をつくる電子と光と情報の技術

私たちに身近なパソコン、スマートフォン、ブルーレイレコーダー、LED照明などの基礎となる電子・光・情報技術を身に付けた、社会に貢献できる人材の育成が本学科の目的です。製品を企画・立案し、開発のリーダーとして活躍するために、基礎から応用まで高い技術を習得。さらに、調査能力や国際感覚といった、就業力に結びつく能力も伸ばしていきます。

閉じる

応用化学科

応用化学の分野で技術を開発できる技術者・研究者をめざす

本学科は、「有機化学」「無機・分析化学」「物理化学」「化学工学」の4分野を柱とし、ハイレベルな持続可能社会の実現に貢献します。地球環境を意識した素材・材料開発を経て、地球と人に優しい高い生活レベルを送るにはどうすべきか。それらを解決できる、ものづくりに適切な素材・材料を見抜く力と開発力を持つ技術者を育成します。

閉じる

機械工学科

工学応用力に優れたジェネラリスト(万能選手)の育成

本学科では機械工学技術者に求められる、応用力に優れたジェネラリストの育成を目的としています。このために、機械工学の基礎となる材料・機械・流体・熱の4力学すべてをバランスよく配置しています。また、これらの理解および新しい分野への展開に欠かせない基礎教育に特に重点を置いており、卒業研究を必修として、基礎的知識の応用力、論理的思考力を養います。これにより、機械工学技術者の幅広い活躍の場において技術革新の激しい時代にも先端を切り開く技術者を育成します。

閉じる

先端機械工学科

機械工学に先端工学を取り入れた、確かな能力と創造性を育む学び

社会で活躍する「ものづくり」の技術者になるには、基礎を固め、その後、段階的に知識と技術を高めていくことが必要です。本学科では、機械工学に加え、計測、制御、材料、精密加工など、ものづくりの基礎となる科目を学びます。さらに、自動車、光学、医用工学などの先端的な機械工学も学び、総合的な知識と洞察力を備えた人材を育成します。

閉じる

情報通信工学科

ソフトウェアとハードウェアをバランス良く、情報通信技術を体系的に学ぶ

コンピュータを中心とする情報系技術と、ネットワークや光ファイバーをはじめとする通信系技術の両分野を網羅した情報通信工学を学ぶことにより、応用力と洞察力を備え、技術者として自立できる社会性を持った人材を育成します。いつでも、どこでも、誰でも快適に利用できるユビキタスネットワークの実現に貢献するエンジニアを育てるため、コンピュータや通信システムのほか、音響や画像の信号処理技術まで習得できる幅広いカリキュラムを編成。産業界とも積極的に交流しながら、学生の実力と個性を伸ばします。

閉じる

アドミッションポリシー

工学部

工学部は、ディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーに則り、安全で快適な社会の発展に貢献できる技術者を育成します。この理念に共感し、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲を持った学生を求めます。

(1)求める学生像
◆工学部の各分野での技術に強く興味を持ち、基礎学力を身につけている学生
◆多様な学部共通科目の履修を通して、思考力・判断力・表現力・倫理観を修得し、安全で快適な社会の発展に貢献できる技術者を目指す学生
◆工学部における多様な専門科目の履修を通して、主体性を持って多様な人々と協働して学び、自ら課題を発見し、解決する意欲のある学生

(2)入学前に学習しておくことが望ましい内容
◆高等学校等の課程全般の基礎的な知識・技能を学習しておくこと。
特に数学、理科(物理・化学)および英語は、十分な基礎学力を身につけておくこと。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都足立区千住旭町5番
入試センター
(03)5284-5151(直)
 【URL】https://www.dendai.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ