学校パンフ取り寄せで図書カードGET

とうきょうでんき

東京電機大学

私立大学 東京都/埼玉県

理工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

理工学科/理学系(100名)
理工学科/生命科学系(80名)
理工学科/情報システムデザイン学系(180名)
理工学科/機械工学系(80名)
理工学科/電子工学系(80名)
理工学科/建築・都市環境学系(80名)

所在地

1~4年:埼玉

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●2018年4月に3学系を開設し、分野別の専門教育を強化
●「主コース・副コース」制で幅広い専門知識を修得
●高いレベルの研究に取り組む新プログラムを成績優秀者対象に3年次から設置

本学部では、優れた科学技術者となるためには、幅の広い人間性が必要であると考えています。よって“幅広く、より専門的に”を心がけて学習することが重要です。人間性を身に付けるためには、人文・社会科学の科目や語学を学ぶことも必要です。また、専門性に幅を持たせるために、 欧米の大学で導入されている「ダブルメジャー」「メジャー&マイナー」といった制度に該当する「主コース・副コース制」を採用。およそ主コース45%、副コース15%、共通科目40% という授業科目を履修します。

【キャンパス】埼玉鳩山キャンパス
【学生数】2750名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】117名(2017年5月1日現在)
【大学院】理工学研究科(M)、先端科学技術研究科(D)

理工学科/理学系

講義・学問分野

数学、物理学、化学、数理情報学(人工知能、ロボット科学、画像科学、システム科学)など

閉じる

理工学科/生命科学系

講義・学問分野

バイオ、遺伝子工学、有機化学、細胞生物学、再生医化学、薬理学、植物生理学、食品工学、微生物学など

閉じる

理工学科/情報システムデザイン学系

講義・学問分野

情報学、CG、ネットワーク、プログラミング、システム制御、感性工学、アミューズメントデバイス、映像制作、メディア、心理学など

閉じる

理工学科/機械工学系

講義・学問分野

機械工学、設計・加工、メカトロニクス、加工・制御など

閉じる

理工学科/電子工学系

講義・学問分野

電子工学、電磁気学、人工心臓、パワーエレクトロニクス、電子材料、生体信号、流体など

閉じる

理工学科/建築・都市環境学系

講義・学問分野

建築設計、都市計画学、土木工学、環境学、交通計画、液状化、土砂災害、構造解析、耐震、防災など

閉じる

学部の特色

2018年4月に3学系を開設し、分野別の専門教育を強化

2018年4月に理工学部は学系を改編し、生命科学系、電子工学系、機械工学系を設置します。これにより、1学科6学系16コース構成となり、社会のニーズに合わせ、専門力をより一層高める人材を育成します。

閉じる

「主コース・副コース」制で幅広い専門知識を修得

1年次は学系共通科目を中心に学び、2年進級時に「主コース」と「副コース」を選択します。「主コース・副コース制」は、スタンフォード大など欧米の多くの大学で導入されている「ダブルメジャー」「メジャー&マイナー」の制度に該当し、世界標準の学びのスタイルです。複数分野の専門知識を修得することにより、実社会で真に発揮できる力を身に付けます。「副コース」は他学系のコースを選択することも可能です。

閉じる

高いレベルの研究に取り組む新プログラムを成績優秀者対象に3年次から設置

学ぶ意欲のある学生が、さらに高いレベルの研究に取り組めるよう、東京電機大学では「オナーズプログラム(次世代技術者育成プログラム)」を新たに設置。これは理工学部の学びの大きな特徴であり、専門分野についても幅広く学んでいく世界標準の学びである「主コース・副コース制」を、一歩推し進めたものです。学系間を横断するような複合学問領域を学習し、同時に大学院教育との連携も強化したプログラムを、成績優秀者を対象に3年次から設置。専門性に深化した主・副コース制を補完する、新たな縦横連携プログラムです。2018年度には、これからの産業ニーズを先取りした「宇宙工学・生体医工学・環境工学」の3つのプログラムを開講します。

閉じる

学べること

理工学科/理学系

数学を基礎として問題解決能力を養う

理学は、数理や自然界の法則を探究し、論理的思考によってそれを体系づける学問です。数学を基礎とした解析やその結果の応用は、自然科学ばかりでなく、工学の発展にも寄与しています。本学系は、「数学」「物理学」「化学」「数理情報学」の4つのコースを設け、基礎を大切にしながらも幅広い応用力を身に付けられるように教育システムを構築しているのが特徴です。問題を本質的に捉えて解決できる創造性と専門性を備えた、21世紀の社会に求められる人材の育成をめざしています。
(数学コース/物理学コース/化学コース/数理情報学コース)

この学部のゼミ・研究

閉じる

理工学科/生命科学系

再生医療、新薬や機能性食品など、人間の健康的な生活を支える技術の開発をめざす

現代社会は、環境や医療・福祉など大きな問題を抱えています。そのような状況に必要とされているのは、安全で快適な生活を維持し、真に人類のためになる社会やシステムを築く、理学・工学・医学という従来の枠組みを超えた新しい発想によるアプローチです。本学系では、これからの人間社会に対応できる、柔軟な応用力を身に付けた、生命科学や生物環境の分野で活躍できる人材の育成を目標にしています。
(分子生命科学コース/環境生命工学コース)

この学部のゼミ・研究

閉じる

理工学科/情報システムデザイン学系

情報学のスペシャリストへ

私たちの暮らしを支え、休むことなく働き続ける情報技術はこれからの人間社会にとって必要不可欠なものの一つといえるでしょう。本学系では、こうした情報に関する研究を総合的に行う「情報学」を学びます。「情報学」は対象とする領域が幅広く、情報、ネットワーク、コンピュータなどの分野で構成される学問です。本学系では、「コンピュータソフトウェア」「情報システム」「知能情報デザイン」「アミューズメントデザイン」の4コースをそろえ、専門知識と実践力を備えた情報学の専門家を育成します。
(コンピュータソフトウェアコース/情報システムコース/知能情報デザインコース/アミューズメントデザインコース)

この学部のゼミ・研究

閉じる

理工学科/機械工学系

高度専門技術と最先端工学に適応するエンジニアリング・センスを身に付けた技術者を育成

材料・機械・熱・流体からなる4つの力学を体系的に学び、基礎学力を修得します。さらに高度な専門技術と最先端工学に適応するエンジニアリング・センスを身に付け、自ら問題を発見し、解決できる技術者あるいは研究者の育成を目的としています。
(設計・解析コース/加工・制御コース)

この学部のゼミ・研究

閉じる

理工学科/電子工学系

人間について学び、「ものづくり」を通して人に優しい技術者を育成

電子工学系では、通信・情報、エネルギー・制御、材料・エレクトロニクスなどの電気電子工学分野、ならびに医療機器、人工臓器、再生医療、福祉機器などの生体医工学分野のより高度な専門知識と豊かな人間性を兼ね備えた技術者を養成します。特に、ものづくりを学ぶことを通して主体性を持って多様な人々と協働し、自ら課題を発見、解決できる、未来の人間社会に貢献できる技術者を養成します。
(電子情報コース/電子システムコース)

この学部のゼミ・研究

閉じる

理工学科/建築・都市環境学系

構造物を通して社会をつくる

21世紀の循環型社会を実現するためには、人間と自然が調和する環境を多角的に考察できる人材が求められています。建築・都市環境学系には、「建築コース」と「都市環境コース」の2つの専門コースを設け、建築学、建設工学、土木工学、都市工学、環境学といった生活環境づくりに直結した学問分野で構成。社会が要請する構造物を造る技術、環境保全や環境予測に必要な知識、高度情報化社会に対応できる情報技術などを学び、「持続可能な社会」の構築に貢献できる技術者を育てます。
(建築コース/都市環境コース)

この学部のゼミ・研究

閉じる

アドミッションポリシー

理工学部

理工学部は、ディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーに従い、高度な専門性と豊かな人間性を兼ね備えた「未来型科学技術者」を養成します。この理念に共感し、次に掲げる知識・技術や能力、目的意識・意欲を持った学生を求めます。

(1)求める学生像
◆理工学分野に強く興味を持ち、理工学部で修得した知識と技術を活かして未来の社会で活躍することを望む学生
◆各種のプロジェクト科目や学部共通教育科目を通して、思考力・判断力・表現力・倫理観を修得し、幅広い教養を備えた未来型科学技術者を目指す学生
◆理工学部における主コース・副コースの選択を通して、主体性を持って自らの学びを追求し、さらに多様な人々と協働して問題を解決しようとする意欲のある学生

(2)入学前に学習しておくことが望ましい内容
◆高等学校等の課程全般の基礎的な知識・技術を学習しておくこと。特に数学および英語は、理工学部の全学系で求められる知識であるため、十分な基礎学力を身に付けておくこと。加えて、理工学部の各学系が求める教科に関する基礎学力を身に付けておくこと。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】埼玉県比企郡鳩山町石坂
理工学部事務部
(049)296-0042
 【URL】https://www.dendai.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ