学校パンフ取り寄せで図書カードGET

とうきょうでんき

東京電機大学

私立大学 東京都/埼玉県

システムデザイン工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

情報システム工学科(130名)
デザイン工学科(110名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●頭と手を働かせる授業で、創造的に活躍できるエンジニアをめざす
●「モノ・サービス・空間」をデザインできる社会で役立つ力をつける
●大学を使いこなして自分を伸ばす!

本学部では、情報システム工学の知識と技術を基礎に、人間の感性や行動を理解したうえで、設計から製品の利用者評価まで全体をデザインする能力を修得します。デザイン工学の各分野の知識を高度に深化させるとともに、工学に限らない複数の専門分野を横断的に連携した枠組みの中で、課題解決型授業(PBL)を中心とした教育システムを採用し、社会環境の変化と科学技術の革新に対応でき、グローバルな環境で社会が真に必要とするイノベーションを引き起こせる専門技術者を育成します。

【キャンパス】東京千住キャンパス
【学生数】301名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】37名(2017年5月1日現在)

情報システム工学科

講義・学問分野

ビッグデータ、コンピュータ、ネットワーク、サイバーセキュリティ、ソフトウェア、組み込みシステム、データベース、情報推薦システム、データサイエンス、人工知能、機械学習など

閉じる

デザイン工学科

講義・学問分野

プロダクトデザイン、ユーザインタフェース、ユーザビリティ、人間中心設計、音響、医療・福祉システム、先端材料素子、グラフィックス、バーチャルリアリティなど

閉じる

学部の特色

頭と手を働かせる授業で、創造的に活躍できるエンジニアをめざす

東京電機大学では実験・実習を重視した「ものづくり」を大切にしており、卒業生は社会から高く評価されてきました。本学部でも、ものづくりや演習などの実践的な授業が多く、頭と手を同時に働かせ確かな力が身に付きます。さらに「ものづくりセンター」には、金属3Dプリンターが導入されており、学生自身がアイディアを具現化できるといった環境の中で、情報システム工学およびデザイン工学の知識と技術、さらにそれらを基盤として他(異)分野の知識・技術と統合して活用する能力を修得します。

閉じる

「モノ・サービス・空間」をデザインできる社会で役立つ力をつける

人間が快適で充実した生活を維持するために役立つ「モノ・サービス・空間」をデザインし、実現させることを目標に、周囲と協力しながら学科の先端的な課題に取り組む PBL科目や教室内でのグループ・ディスカッション、グループワークなどを取り入れた多彩な科目を通じ、「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」といった社会人基礎力を育成します。

閉じる

大学を使いこなして自分を伸ばす!

大学では勉強、実験、レポート、プログラミングなどで大変!大学の環境を使いこなさないと大学の勉強はできません。しかし、それだけではおもしろくありません。新たな出会い、新たな経験等々があります。大学はさまざまなことができる環境を用意しています。最新の施設を使ったものづくり、勉強会、留学などなど。それらを使うか使わないかは貴方次第です。

閉じる

学べること

情報システム工学科

最先端の情報システム技術を学び、技術革新に対応できる技術者へ

コンピュータとネットワークに関する先進的な知識と高度なプログラミング技術を修得し、あらゆるものがネットに接続されるIoT (Internet of Things)社会で重要視されるビッグデータの生成、クラウドサービスなどによる伝達・蓄積、分析・解析(マイニング)のための高度情報システムを構築できる人材を育成します。専門知識と共に、技術者倫理やグローバル化対応能力を培います。

閉じる

デザイン工学科

人間の本質を理解した高いデザイン力を持つエンジニアを育成

多様化が進む現代社会では、「モノ・サービス・空間」を利用者の視線で見つめ、それを具現化させることが重要となってきます。人の感性や行動を理解したうえで、工学の知識と技術を基礎に設計段階からユーザー評価まで全体をデザインする能力を身に付け、グローバルな環境で活躍できる能力を養います。

閉じる

アドミッションポリシー

システムデザイン工学部

システムデザイン工学部は、ディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーに則り、社会環境の変化と科学技術の革新に対応でき、社会が必要とするイノベーションを引き起こせる専門技術者を育成します。この理念に共感し、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲を持った学生を求めます。

(1)求める学生像
◆システムデザイン工学部の各分野での技術に強く興味を持ち、基礎学力を身につけている学生
◆多様な学部共通科目の履修を通して、思考力・判断力・表現力・倫理観を修得し、ひとの魅力的な生活空間の創造に必要な「モノ・コト」をデザインし具現化できる技術者を目指す学生
◆システムデザイン工学部における多様な専門科目の履修を通して、主体性を持って多様な人々と協働して学び、自ら課題を発見し、解決する意欲のある学生

(2)入学前に学習しておくことが望ましい内容
◆高等学校等の課程全般の基礎的な知識・技能を学習しておくこと。
特に数学、理科(物理・化学)、英語および国語(現代文)は、十分な基礎学力を身に付けておくこと。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都足立区千住旭町5番
入試センター
(03)5284-5151(直)
 【URL】https://www.dendai.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ