大学入試センター試験の最新情報をお届け!

よこはまやっか

横浜薬科大学

私立大学 神奈川県

大学トップ

ここに注目!
  • 薬物治療の個別化を推進する薬剤師や研究者を育成
  • 東洋医療、西洋医療、予防医療、創薬を学ぶ4学科
  • 学力向上から資格取得まで強力なサポート体制

大学の特色

生命科学分野の第一線で活躍する教員によるきめ細かい指導

現場で活躍できる医療人をめざす

本学は「個性の伸展による人生練磨」を建学の精神とし、臨床に関わる実践的な能力を備えた薬剤師を、6年一貫教育で養成する薬科大学として設立されました。日本薬学会が薬学教育の充実を図って提示した「薬学教育モデル・コア・カリキュラム」に加え、本学では一般教養の充実や、建学の精神に基づく「こころ豊かな医療人」の育成を図るカリキュラムも重視。薬学分野はもちろん、生命科学の各専門分野の第一線で活躍する教員を配置し、指導担任制によるきめ細かい指導を行っているのも特徴です。

閉じる

時代の要請に応じることができる薬剤師を養成

先端の教育プログラムで今日の医療を学ぶ

21世紀の医療は“薬物治療の患者個別化”や疾病の治療以前にある“予防重視”の方向へシフトしていくと考えられています。また、医療現場の事故発生への危惧から“医薬品の適正使用”と“医療ミス防止”も重要視されており、その全てに薬剤師が大きな役割を担うことになります。本学は、こうした時代の要請に応じることができる薬剤師の養成を大きな目的としています。

閉じる

アドミッションポリシー

6年制/健康薬学科・漢方薬学科・臨床薬学科

本学は、“個性の伸展による人生練磨”を建学の精神とし、“個の医療”の考えに即した薬物治療の患者個別化を推進する薬剤師を育成します。同時に人の苦しみがわかる“惻隠の心”をもつ薬剤師、豊かな人間性と倫理観、国際感覚を兼ね備えた人材を世に送り出すという教育理念を持って設立されています。
また、薬学が担っている領域は幅広くて多様であるために、健康薬学科、漢方薬学科、臨床薬学科の三学科を設け、さまざまな志向の学生を受け入れることに留意しています。
建学の精神に基づく教育理念と目標を達成するために、入学試験に当たっては学力だけではなく、以下のような資質と意欲をもつ入学者を受け入れたいと考えています。
(1)将来、薬剤師として医療に貢献する情熱をもつ者
(2)人々の健康や薬の適正使用に関心をもち、医療や健康に関わる分野での活躍を強く望む者
(3)薬学を修めようという強い決意と意欲を備える者
さらに、それぞれの学科については、
健康薬学科:疾病を予防し地域医療や国民のセルフメディケーションの推進を目指す者
漢方薬学科:漢方を修め、未病を治すという考え方を重視し、これを実践することを志す者
臨床薬学科:個々の疾病の特殊性に対応できる臨床薬学能力を備えることを目的とする者

閉じる

4年制/薬科学科

薬科学科では創薬の専門家として活躍できる研究者・技術者の養成を目的とし、くすり創りの使命感に満ち溢れた素養を持つ学生の入学を期待しています。
本学は“個性の伸展による人生練磨"を建学の精神とし、豊かな人間性と倫理観、国際感覚を兼ね備えた人材を世に送り出すという教育理念をもって設立されています。
建学の精神に基づく教育理念と目標を達成するために、入学試験に当たっては学力だけではなく、以下のような資質と意欲を持つ入学者を受け入れたいと考えています。
(1)本学の建学の精神である「個性の伸展による人生練磨」を理解し、薬学関連の研究分野で国際的に活躍したい人
(2)人類の健康を守ることを通じて社会に貢献しようとする志と、より高度な専門知識を身に付けようとする意欲のある人
(3)自立心旺盛で勉学と研究意欲に溢れ、先端医療を支える薬学研究者として将来我が国のみでなく国際的に活躍しようとする意欲のある人
(4)論理的な思考を通して自ら問題点を見いだし、解決し、新しい方法論の開拓に挑戦したい人

閉じる

教育環境

研究室では幅広い分野を学ぶ

本学には医療薬学系をはじめ、生命薬学系や漢方薬学系など幅広い分野の薬学をカバーする25の研究室があり、5年次からそれぞれに所属して学びます(以下、注目の研究室)。

漢方薬物学研究室/生薬の生理活性は、合成薬に比較して一般に作用が緩和でかつ特定していることから、その生薬の実験的証明には、より巧妙な手段を必要としています。エビデンス・ベイスド・メディスンとして新薬と同レベルの評価を経て、漢方を現代に活かすための研究領域です。

臨床薬理学研究室/患者の年齢、性差、疾病の種類や重症度、合併症の有無、懐妊などにより薬の作用は変化します。薬物療法の対象となる生体の生理学的特性に応じた医薬品の作用特性を研究する学問です。新薬の開発にあたって患者を対象として行われる臨床薬効評価もこの分野に含まれます。

分子生物学研究室/遺伝子情報伝達物質DNAの操作技術は急進展を遂げ、近い将来分子レベルで生命現象が解明され、医療や創薬への応用が期待されています。これらの新しい技術を用い、遺伝子発現、たんぱく質生合成などを研究教育の対象とする分野です。

閉じる

薬学・医学情報が充実した図書館

21階建ての図書館棟の1~8階に位置する図書館には、最新の医学薬学関連の図書や雑誌が多数取りそろえられ、パソコンからは各種医薬学系データベースへの接続も可能です。全国の大学図書館から資料を借りられる「相互貸借資料」のサービスも、本学では無料で利用できます。

閉じる

薬用植物や生薬の知識を学べる薬草園

キャンパス内にある薬草園は総面積約2,000平方メートル、200種類以上の薬用植物が栽培されています。薬用植物学、化学系実習などの授業において、薬草を実施観察する野外学習の場として大いに活用されています。また栽培されている薬草は、薬用植物の分類や栽培研究、生薬の品質や研究資源の研究材料として活用されています。

閉じる

学部

【2018年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2018年度実績】

●学納金(年間学費)
一般学生/2,200,000円(6年制)・1,800,000円(4年制)

※特待生、特別奨学生については下記の「奨学金」をご覧ください。

各種奨学金制度

●成績優秀合格者特典
本学の定める基準点以上の成績上位者は「特待生」「特別奨学生」に採用されます。「特待生」は特待生チャレンジ入学試験の3回、一般入学試験「I期」の3回、センター利用入学試験「前期」の1回で合計最大7回のチャンスがあります。「特別奨学生」はすべての入試において選考対象となります。
特待生・特別奨学生学納金(年間学費)
6年制
特待生S/300,000円(授業料全額免除)
特待生A/1,200,000円(授業料1,000,000円免除)
特待生B/1,500,000円(授業料700,000円免除)
特別奨学生/1,800,000円(授業料400,000円免除)
4年制
特待生/900,000円(授業料900,000円免除)
特別奨学生/1,500,000円(授業料300,000円免除)

●日本学生支援機構奨学金(貸与)
人物、学力、家計が選考基準に該当する学生を対象にした奨学金で、無利子(第1種)と有利子(第2種)の2種類があります。4月に申し込み説明会を行いますので、学内の掲示を確認してください。また、予約採用制度を受け入れており、高校3年在学中に奨学金の予約申し込みができます。詳細は在学している高校または日本学生支援機構のホームページなどで確認してください。

●地方公共団体・民間育英団体の奨学金(貸与または給付)
地方公共団体、民間育英団体により奨学金制度が設けられている場合があります。大学を通じて募集依頼があった場合は、その都度掲示板で連絡します。

●日本政策金融公庫
大学入学時・在学中にかかる受験費用、学費および住居費などを対象に、保護者または本人に融資する制度です。詳細は最寄りの公庫各支店、銀行もしくは日本政策金融公庫(ナビダイヤル:0570-008656)にお問い合わせください。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2018年)

学生数、教員数

【学生数】2457人
【外国籍の学生数】14人
【教員数】134人
【外国籍の教員数】2人

昨年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 12人

留学プログラムについて

the Rose Program

【留学先】イギリス
【留学期間】1か月未満
【対象人数】特にありません
【留学開始時期】2019/08/01
【奨学金】無
【単位認定】無
【応募資格】特にありません
【問い合わせ先】
部署:学生課
電話番号:045-859-1325

米国(ハワイ大学ヒロ校)研修

【留学先】アメリカ・ハワイ州
【留学期間】1か月未満
【対象人数】特にありません
【留学開始時期】2019/09/01
【奨学金】無
【単位認定】無
【問い合わせ先】
部署:学生課
電話番号:045-859-1325

台湾中国医薬大学語学留学

【留学先】台湾
【留学期間】1か月未満
【対象人数】特にありません
【留学開始時期】2020/03/01
【奨学金】無
【単位認定】無
【問い合わせ先】
部署:学生課
電話番号:045-859-1325

閉じる

パンフ・願書

本学を知るために「大学案内」の資料を取り寄せよう。 大学案内には、学部・学科ごとの詳しいカリキュラム、在学生の体験談や、卒業生の社会での活躍、 キャンパスライフなどの情報が満載です!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●横浜市戸塚区俣野町601
JR「戸塚」駅からバス約20分、JR「大船」駅からバス約20分、小田急江ノ島線「湘南台」駅からバス約15分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒245-0066
横浜市戸塚区俣野町601
入試広報課

電話番号

【フリーダイヤル】0120-76-8089(直)

URL

http://www.hamayaku.jp

URL(携帯)

http://www.hamayaku.jp/m/

閉じる

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ