×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

にいがたこうか

新潟工科大学

私立大学 新潟県

大学トップ

ここに注目
  • 企業がつくったものづくり大学
  • フレキシブルなカリキュラムと充実の教育環境
  • 学生の満足度の高い就職状況

大学の特色

ものづくりの最前線で活躍できる人材をめざす

企業がつくったものづくり大学

本学は「優秀な技術者を育成する場を自らの手で作りたい」という想いを持つ企業約500社が集まり、設立された大学です。大学開学後は「新潟工科大学産学交流会」として、学生の就業力を磨くための実践的な学びを提供するなど、さまざまな支援を行っています。

閉じる

3学系8コースで学べる“ものづくり”

フレキシブルなカリキュラムと充実の教育環境

1年次では工学の基礎を学び、興味・関心により2年次で「学系」を、3年次で「コース」を選択します。学修成果は「達成度自己評価システム」によって計り、自分が設定した目標にどれだけ到達したかを実感できます。さらに、タブレットを利用したICT教育や助言教員制度など、充実した教育環境を整備しています。

閉じる

企業や卒業生から情報を得る機会が多い

学生の満足度の高い就職状況

第1期生の卒業以降、21年間の就職率の平均は95%以上を維持。2018(平成30)年度就職率も4年連続で100%(2018年度から工学科の実績)と景気の波に左右されない就職実績を維持しています。また、学生の就職先企業に対する満足度が高いことが特長です。同年度は満足度が98%、第1~2希望の企業への就職率は85%を超えています。

閉じる

アドミッションポリシー

未知の分野に果敢に挑戦する創造性豊かな人材を育成

本学は、「ものづくり」の技術者を渇望する新潟県内企業約500社、新潟県、柏崎市をはじめとする市町村などの支援を受けて、平成7年に設立された大学です。建学の精神は「ものづくりの視点を重視した工学教育を通じて、未知の分野に果敢に挑戦する創造性豊かな人材を育成する」です。
建学の精神を受けて、本学では次のような学生を求めています。

閉じる

求める学生像

本学の基本理念である「ものづくり」に強い関心がある人
現代社会を支えるには「ものづくり」が必要不可欠です。身の回りにある、生活を豊かにする住まい、道具、機械などは、「ものづくり」によって生み出されています。このような、人と社会を支える「ものづくり」に強い関心がある人を求めています。

大学で学んだことを活かして、社会で活躍したいと考えている人
本学の使命は、産業界の発展を担う人材育成であることから、自己の知的欲求を満たすことだけを目的とするのではなく、「ものづくり」を支える技術者として、また新しい技術や製品の開発などの「ものづくり」を進化させる技術者として、修得した知識・技術を社会に還元したいと考えている人を求めています。

本学の特徴を理解し、提供する学習プログラムで学びたい人
現代の「ものづくり」は、さまざまな分野の技術者が一緒になって行われており、企業では「得意分野の深い知識を持つ技術者」だけではなく、「複数分野の幅広い知識を持つ技術者」の両方を求めています。この両方の技術者育成を可能にするフレキシブルなカリキュラムを理解し、自己の目標を持って積極的に学びたい人を求めています。

閉じる

教育環境

最新の計測器や機材がそろっている環境で学ぶ

工学教育に必要な機器・設備が充実

タブレットを無償配付
電子教科書や講義資料の配信をはじめとする教育支援ツールとして、全学生にタブレットを無償で配付します。大学からの掲示板情報やメールの受取など、学生生活の支援ツールとしても活用します。
ものづくり工作センター
旋盤、フライス盤、研削盤をはじめマシニングセンターやNC工作機械が数多く取りそろえられています。さまざまな工作機械で加工・製作の実習を行います。
高度シミュレーション実習室
大規模なシミュレーションシステムとオープンエデュケーションシステムとしてタブレットなどを整備し、シミュレーションの基礎から応用までを主体的に学べる環境が整っています。
風・流体工学研究センター
大型風洞装置や数値解析技術を用いて工業製品の流体力学的性能から、台風、ビル風、風力発電まで、ものづくりのさまざまな局面においてかかわる「風」の研究を行います。
原子力耐震・構造研究センター
耐震・構造などの分野の最先端の研究を行っています。最新鋭の実験機器を用いて幅広い知識と技術を身に付けます。
食品機能開発研究センター
生活習慣病を予防する効果を持つ食材、およびこれらに含まれる機能性成分を探索し、食品による疾病予防効果に関する基礎研究を行います。

閉じる

吹き抜けの明るい空間の学生食堂

快適な環境でキャンパスライフを送るための施設・設備

Ns'スタジオ
時間を気にせず24時間利用できるフリースペースです。間仕切りによって1~4室に分けての使用や、壁をすべて取り払ってオープンスペースとして使用することもできます。卒業研究、作品制作・展示、ミーティングなど幅広い用途で使用できます。
学生食堂・ラウンジ
晴れた日には、大きなウインドーグラスから太陽の光が射し込みます。吹き抜けの明るいおしゃれな空間です。
体育館、グラウンド
体育館は、バレーボールやバスケットボールなどのコートを2面分設置できます。テニスコートやグラウンドもあり、体育の授業やクラブ・サークル活動で使用できます。
図書館
大きなガラス窓から明るい自然光を採り入れた3階建ての施設です。館内では約6万冊の書籍と約900種の和洋雑誌が閲覧できます。

閉じる

通学スタイルはさまざま

車、自転車での通学も安心の学生駐車場・駐輪場が完備

学生のさまざまな通学スタイルに対応できるよう、学生専用の駐車場(447台収容)、駐輪場(350台収容)を完備しています。また、JR「柏崎」駅からの路線バスや、三条市・長岡市から無料の直通バスを運行しています。

閉じる

学部

【2020年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

【2020年度入学者対象】

納入金
1,480,000円
(後援会費50,000円、新入生オリエンテーション合宿費8,000円を除く)

奨学金

●特待生制度
■推薦特待生A
最大で4年間の学納金を6割免除(768,000円×4年間)します。
■推薦特待生B
最大で4年間の学納金を3割免除(384,000円×4年間)します。
■一般特待生S
最大で4年間の学納金を全額免除(1,280,000円×4年間)します。
■一般特待生A
最大で4年間の学納金を6割免除(768,000円×4年間)します。
■資格特待生
特別選抜入試を除く入試の合格者で、入学までに本学が指定する資格を取得した者は、初年度の学納金を6割免除(768,000円)します。

●入学金免除制度
■専願入試割引
AO入試および指定校制推薦入試の合格者は、入学金を免除(200,000円)します。
■家族割引
本学卒業生の子または卒業生・在学生の兄弟姉妹が入学した場合は、入学金を免除(200,000円)します。

●修学支援奨学生制度
■修学支援奨学生
本学の定める家計認定基準を満たす者のうち、入試の成績優秀者は、最長で4年間の学納金を3割免除(384,000円×4年間)します。

●入学後の奨学金制度
■給付型奨学金制度『未来応援プログラム』
新潟工科大学産学交流会および地域からの寄付金を基にした返還不要の奨学金を毎月50,000円=年間600,000円支給します。入学試験の結果により採用される特待生などとの併用も可能です。

●その他の制度
日本学生支援機構奨学金、都道府県などの奨学金、民間育英団体の奨学金、国の教育ローン など

閉じる

クラブ・サークル活動

部活やサークルでは、共通の趣味や目的を持った仲間と出会い、ここでしか得られない人脈を築くこともできるでしょう。

部・同好会

【部】
アーチェリー部、OCG部、軽音楽部、再生可能エネルギー研究部、SINME-新芽-部、卓球部、バスケットボール部、野球部、ロボット研究部

【同好会】
imagineer同好会、ウィンタースポーツ同好会、テニスサークル同好会、ソフトテニスサークル同好会、TRPGサークル同好会、フットサル同好会、陸上競技同好会、マッスル同好会、マルチメディア研究開発同好会

閉じる

大学院・併設の大学

大学院

●工学研究科/生産開発工学専攻(博士前期課程、博士後期課程)

閉じる

パンフ・願書

本学の大学案内には、学部・学科の詳しい内容、就職、在学生や卒業生の紹介、部活動・サークル活動などの情報が満載!資料を取り寄せて、ぜひチェックしてください。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●新潟県柏崎市藤橋1719
・JR「柏崎」駅下車:
南口「柏崎駅南口~新潟産業大学~安田駅前線」バス約15分(「新潟工科大学」下車)
「久米線」バス約20分(「工科大入口」下車)
・北陸自動車道「柏崎」ICから車で10分
※学生用駐車場447台分を完備

閉じる

問い合わせ先

住所

〒945-1195
新潟県柏崎市藤橋1719 
入試広報課

電話番号

【フリーダイヤル】0120-8188-40

URL

https://www.niit.ac.jp/

E-Mail

nyuushi@adm.niit.ac.jp

その他

FAX.(0257)22-8112

閉じる

みんなのQ&A

閲覧履歴に基づくオススメの大学

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ