にいがたいりょうふくし

新潟医療福祉大学

私立大学 新潟県

医療技術学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

臨床技術学科(男・女 100名)
視機能科学科(男・女 50名)
救急救命学科(男・女 55名)
診療放射線学科(男・女 90名)

所在地

1~4年:新潟

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●国家資格取得に加え、他学科の学生と連携してチームの一員として活躍するスキルを修得
●日本海側唯一の視能訓練士養成大学
●病気の早期発見・治療に関わる診療放射線技師を育成

《臨床工学技士・臨床検査技師・視能訓練士・救急救命士・診療放射線技師をめざす!》
「臨床工学技士」「臨床検査技師」「視能訓練士」「救急救命士」「診療放射線技師」は、医療現場で互いに連携しながら業務にあたることが求められる専門職です。本学部では、それぞれの専門性を高めることはもちろん、他学科と連携しながら“チームの一員”として活躍するためのスキルを磨く教育に力を注いでいます。

【目標とする資格】
●臨床技術学科:臨床工学技士(国)+臨床検査技師(国)<Wライセンス>、ME技術実力検定試験
●視機能科学科:視能訓練士(国)、同行援護従業者
●救急救命学科:救急救命士(国)
●診療放射線学科:診療放射線技師(国)、第1種・第2種放射線取扱主任者(国)、エックス線作業主任者(国)、ガンマ線透過写真撮影作業主任者(国)、作業環境測定士(国)

臨床技術学科

講義・学問分野

医学概論、電気工学、病理学、臨床医学概論、機械工学、臨床化学、臨床検査総論、微生物学、電子工学、臨床免疫学、薬理学、放射性同位元素検査技術学、臨床血液学、医動物学 など

閉じる

視機能科学科

講義・学問分野

眼科学、小児科学、学習・認知心理学、視覚機能連携医療、視覚機能学、生理光学、視覚機能検査学、眼科薬理学、眼疾病学、ロービジョン医学、視覚総合演習、視覚障害関連施設実習、福祉・保育実習 など

閉じる

救急救命学科

講義・学問分野

救急症候学、救急病態生理学、疾病救急医学、小児科学、産婦人科学、整形外科学、病院前医学概論、専門体育実践、地域災害・防災論、救急救命処置学、救急蘇生学、外科救急医学、救急車同乗実習 など

閉じる

診療放射線学科

講義・学問分野

画像診断学I・II、画像診断学演習、画像解剖学、救急撮影技術学、診療画像検査技術学I(一般撮影・X線CT)、診療画像検査技術学実習I(基本技術)、診療画像検査機器学実習 など

閉じる

学部の特色

国家資格取得に加え、他学科の学生と連携してチームの一員として活躍するスキルを修得

「臨床工学技士」「臨床検査技師」「視能訓練士」「救急救命士」「診療放射線技師」は医療現場で互いに連携しながら業務にあたることが求められる専門職です。本学部では、それぞれの専門性を高めることはもちろん、他学科と連携しながら“チームの一員”として活躍するためのスキルを磨きます。

【目標とする資格】
●臨床技術学科
臨床工学技士(国)+臨床検査技師(国) Wライセンス など
●視機能科学科
視能訓練士(国)、同行援護従業者(視覚障害)
●救急救命学科
救急救命士(国)、防災士、第一種衛生管理者(国)など
●診療放射線学科
診療放射線技師(国)、第1種・第2種放射線取扱主任者(国)、エックス線作業主任者(国)、ガンマ線透過写真撮影作業主任者(国)、作業環境測定士(国)など

閉じる

日本海側唯一の視能訓練士養成大学

視能訓練士は、「眼(視覚)」の健康管理を行う専門職として各種検査、視能の矯正・訓練、リハビリテーションに至るさまざまな業務を担当し、病院などの医療機関、特別支援学校、発達支援センターなどの幅広い領域で活躍しています。また、近年では、“乳幼児や子どもの眼の健康管理”や“高齢者のロービジョン(低視覚)ケア”など、新たな領域でのニーズも拡大し、視能訓練士に求められる知識・技術はさらに高度化しています。本学の視機能科学科は、日本海側唯一の視能訓練士養成大学として、子どもから高齢者まであらゆる対象者を支援できる眼のプロフェッショナルを育成します。

閉じる

病気の早期発見・治療に関わる診療放射線技師を育成

高齢化の進展により、がん患者が増加する中、X線撮影やMRI検査、超音波検査などによる「診断」から、放射線を使用した「治療」まで、重大な病気の発見・治療に関わる診療放射線技師のニーズはますます高まっています。診療放射線技師(国)の取得をめざす「診療放射線学科(入学定員90名)」では、MRIやCTなどの最新機器を備えた実習施設を整備すると同時に、“看護師”や“臨床検査技師”“臨床工学技士”“救急救命士”などを育成する他学科の学生とともに学ぶ「連携教育」を通じて、『チーム医療』を実践できる【診療放射線技師】を育成します。

閉じる

学べること

臨床工学技士と臨床検査技師のダブルライセンスを取得

臨床技術学科

日本初!「臨床工学技士と臨床検査技師の同時取得」に対応した科目を配置し、学生全員でWライセンス取得をめざす

【臨床工学技士】と【臨床検査技師】の2つの国家資格の同時取得に対応した科目配置で、学生全員でダブルライセンス取得をめざします。医療機器の操作などを学ぶ臨床工学系科目と、検査業務などを学ぶ臨床検査系科目を、効率的に同時進行で学ぶカリキュラムです。2つの専門領域を同時に学ぶことで、その役割の違いや連携について理解し、将来、【ダブルライセンス取得者】として活躍できる人材を育成します。
学内には、最新のデジタル顕微鏡を学生1名につき1台配置した顕微鏡室、人工心肺装置などの生命維持管理装置や超音波診断装置などの検査装置を配置した臨床工学実習室などの実習施設を完備し、臨床技術者として幅広い業務に対応するための実践的なスキルを身に付けます。
2018年3月卒業生の国家試験合格率は、臨床工学技士87.1%(受験93名中81名合格)、臨床検査技師76.4%(受験89名中68名合格)、【Wライセンス71.4%】(受験84名中60名合格)、【就職率94.6%】(就職希望者93名中88名)を達成。医療機関をはじめ、医療機器メーカー、検査・健診センターなどあらゆる現場への就職を実現しています。

【授業・講義】
生体機能代行装置学実習

心臓、肺、腎臓など、生命の維持に必要な臓器の代わりとなる機器が人工心肺装置、呼吸療法装置、血液浄化装置などの生体機能代行装置です。医学と工学の知識を活かしたこの科目では、臨床工学技士に必要となる高度医療機器の原理や操作、保守・点検方法について学びます。

閉じる

子どもの眼の健康管理へのニーズ拡大

視機能科学科

眼科医療に欠かせない「眼のプロフェッショナル」を育成

視能訓練士の業務内容とされている「眼科一般検査分野」「視能矯正分野」「健診業務分野」「視覚のリハビリ指導」の4つの分野を学び、視覚機能や眼科検査・訓練を中心に幅広い知識と技術を修得します。また、視能訓練士の国家資格に加え、同行援護従業者[視覚障害]の資格取得も可能にした独自のカリキュラムを配置することで、視覚障害のある方に対する安全に配慮した誘導・案内の仕方を身に付け、より質の高い活躍ができる視能訓練士をめざします。
実習室には、眼科診療を学ぶための最新の眼科機器を数多く配置。また、複数メーカーの眼科機器を設置し、あらゆる現場に対応できるよう工夫しています。
こうした取り組みにより、2018年3月卒業生は、【国家試験合格率100%】(受験51名中51名合格)、【就職率100%】(就職希望者51名中51名)を達成。多くの学生が大学病院や総合病院をはじめ第一希望の就職を実現しています。

【授業・講義】
視覚機能連携医療

視能訓練士は、幼児健診などの「保健分野」、視力が低下した方の支援を行う「福祉分野」、盲学校などの特別支援学校での自立支援活動を行う「教育分野」など幅広い領域で活躍します。この科目では、視覚機能を多面的に捉え、各分野で活躍する専門職との連携方法について学びます。

閉じる

命の最前線で活躍する救急救命士

救急救命学科

救急医療の最前線で人の命を支える判断力と実践力を兼ね備えた救急救命士を養成

【救急救命士】の国家試験受験資格に加え、地域の防災力を高め、災害時の救護・支援活動のリーダーを担う【防災士】資格の全員取得をめざします。さらに、救急救命士が現場で行う処置に関連する多様な資格取得に対応し、マルチライセンスの取得をめざします。
また、早期より“国家試験”と“公務員採用試験”の対策を並行して実施するほか、学生一人ひとりの学習状況に応じて個別指導を行う「担任教員制」を導入するなど、ダブル合格に向けた万全のサポート体制があります。
家屋を想定した救急現場実習室を設け、実際の現場に近い空間で実習を行うほか、救急車は本物を備え、特有の環境の中でより出動場面に近い実習を行います。病院・消防機関などでの豊富な学外実習を通して、実践的なスキルを身に付けます。
超高齢化の進展や生活環境の変容、気象災害の発生頻度の高まりなどに伴う傷病者の増加により救急救命士のニーズが拡大しており、活躍の場は広がっています。卒業後は、消防機関をはじめ、自衛隊、海上保安庁、警察、医療機関など幅広いフィールドでの活躍が期待できます。

【授業・講義】
救急救命活動基本実習I・II

救急救命士は、あらゆる症例に対して迅速且つ的確な処置を行うことが求められるため、傷病者の状況を把握し、行うべき役割を認識して活動することが必要となります。この科目では、実際の救急現場を想定した実習を通じて、傷病者に対する観察・評価法を学び、救急救命活動に関する基礎的な技術を身に付けます。

閉じる

精細な検査が、重大な病気の早期発見につながる

診療放射線学科

チーム医療の一員として医療の最前線で活躍する診療放射線技師を養成

診療放射線技師国家資格の取得に必要な科目をすべて“必修科目”として配置し、卒業時には全員の国家試験受験資格取得をめざします。カリキュラムは、診療放射線技師に求められる卓越した撮影技術と画像診断能力を身に付けるため、“画像検査”や“画像診断”について実践的に学ぶ専門科目を数多く配置。また、近年ニーズが拡大している“救急医療”での活躍を想定した「救急撮影技術学」を必修科目として設け、迅速で正確な業務が求められる救急医療における撮影法などについても学びます。
MRI室には、全国の養成校でも導入例の少ない3テスラの高磁場MRI装置を導入し、通常では発見が困難な症例に対しても効果的な解析が可能となり、より高度な読影・診断能力を修得できます。
卒業後は病院など医療機関をはじめ、検診施設、放射線を扱う研究機関、医療関連企業など、幅広いフィールドで活躍することができます。

【授業・講義】
画像診断学I・II

X線検査、造影検査、X線CT検査、MRI検査、超音波検査などの画像診断法について、その特性や違いを理解し、さまざまな症例に応じた画像診断レポートの作成法を学びます。また、臓器の形態や異常など、画像診断に必要となる画像解剖についても学びます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】新潟市北区島見町1398
入試事務室
(025)257-4459(直)
 【URL】https://www.nuhw.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ