新潟食料農業大学/食料産業学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

にいがたしょくりょうのうぎょう

新潟食料農業大学

新設私立大学 新潟県
※2018年4月開学

食料産業学部の詳細情報新設

※2018年4月開設

学科・定員・所在地

学科・定員

食料産業学科(180名)新設
※2018年4月開設

所在地

1~4年:新潟

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●【アグリコース】人と環境にやさしく、安全でおいしい作物を「つくる」
●【ビジネスコース】「つくる」と「食べる」をつなぎ、新たな事業価値を創造する
●【フードコース】「食べる」ニーズに応えて食品の新たな価値を追究する

1年次はフードチェーン全体を見渡し、じっくりと自分の希望や専攻を考えられるカリキュラムを設定。2年次よりアグリ・ビジネス・フードいずれかの専門コースに進み、より高度な知識と技術を身に付けていきます。

【キャンパス】新潟キャンパス、胎内キャンパス
【学生数】入学定員180名

食料産業学科新設※2018年4月開設

講義・学問分野

●アグリコース(環境保全型農業・有機栽培・生態系活用型農業・土壌改良・高品質農産物生産・ICT農業・廃棄物のリサイクル・作物診断・先端的施設栽培など)
●ビジネスコース(企業マネジメント・事業プランニング・マーケティング戦略・ファイナンス・商品・サービス開発・内食・中食・外食・6次産業化・地方創生・地域活性化・地域イノベーション・農商工連携など)
●フードコース(栄養・健康・おいしさの評価・成分・分析・微生物・発酵・製造・加工・安全・安心・環境・リサイクルなど)

閉じる

学部の特色

【アグリコース】人と環境にやさしく、安全でおいしい作物を「つくる」

●植物・動物・微生物の性質を理解し、それらの新しい利用法や有害生物の管理法を学びます。
●情報技術(IT)などの先端技術を活用した環境汚染や労力を軽減した高品質生産技術を開発し、修得します。
●生態系のしくみを活用した新しい有機農業技術を開発し、修得します。

閉じる

【ビジネスコース】「つくる」と「食べる」をつなぎ、新たな事業価値を創造する

●流通・マーケティングや商品・サービス開発などの幅広い知識を学び、ビジネスマインドを磨きます。
●企業経営のノウハウや成長性などを的確に捉える能力を修得します。
●新しいフードビジネスを創造し、豊かな地域社会の形成に貢献します。

閉じる

【フードコース】「食べる」ニーズに応えて食品の新たな価値を追究する

●食品の持つさまざまな機能(栄養、嗜好、機能性、安全性など)について学びます。
●食品成分の特性を生かした利用(製造・加工、発酵、保蔵、再利用など)について学びます。
●食品の製造・流通における長期的視点に立った技術のイノベーションについて学びます。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

食料産業学科

独自の教育プログラム

1年次から「食」「農」「ビジネス」それぞれの専門的な科目を総合的に学び、2年次からは3つのコースに分かれ専門知識・技術を身につけます。また、他のコースの講義科目を履修することも可能で、コース配属後も共通課程とあわせて「食」「農」「ビジネス」の総合的な理解を深めることができます。

◆各分野をリードする教授陣による“一体的教育”の実現◆
「食」「農」「ビジネス」分野をリードする教授陣による専門的な教育・研究を行います。また、大手食品メーカーなど民間企業での執務経験のある教員が全体の2割を占め、実社会で活かせる知識・技術を身に付けることができます。

【授業・講義】
食料産業実践論I・II

「食」「農」「ビジネス」の学びを統括する本学ならではの講義である「食料産業実践論I・II」では、他のコースの学生とともに互いの専門性・志向性を理解・尊重しながら連携・協同して実際にビジネスプランを立案します。マーケットインの発想で新しい時代の産業を創出する、食料産業界の“ジェネラリスト(総合職人)”としての力を身に付けます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】新潟県胎内市平根台2416
入試広報課
TEL.(0254)28-9840

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ