×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

あさひ

朝日大学

私立大学 岐阜県

保健医療学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

看護学科(80名)
健康スポーツ科学科(120名)

所在地

1~4年:岐阜

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●学部での学びを、地域の保健・福祉分野の発展に生かす
●先進医療を実施する大学病院で看護実習を行える
●奨学金から健康管理まで支援制度が充実

前身の岐阜歯科大学から40年以上にわたり歯科医師・歯科衛生士の養成で培った教育の伝統と、附属病院が地域医療に貢献してきた実績を生かし、保健・医療・福祉分野の発展に寄与し、人々の健康を支え、促進することをめざします。

【学生数】744名(2019年5月1日現在)
【専任教員数】57名(2019年5月1日現在)

看護学科

講義・学問分野

基礎看護学、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、公衆衛生看護学など

閉じる

健康スポーツ科学科

講義・学問分野

スポーツ科学、運動生理学、スポーツバイオメカニクス、コーチング法、健康・予防医学など

閉じる

学部の特色

長年にわたり培った教育実績がベース

学部での学びを、地域の保健・福祉分野の発展に生かす

前身となる岐阜歯科大学から数え、約50年にわたる歯科医師・歯科衛生士養成で培った教育の伝統を基盤に、地域の保健・医療・福祉の発展に貢献する看護師の養成をめざします。併設する東海地域有数の外科病院である朝日大学病院と連携。医学に関する科目は専任教員である朝日大学病院の医師が行うなど、医療現場で求められる知識や能力、看護師としての心構えなども含め、医療現場からの最新情報に直結した環境で学ぶことができます。

2017年4月には、「保健医療学部健康スポーツ科学科」を開設。医療分野に関する教育研究の成果と、体育会活動を通じたスポーツ学生への指導実績を生かし、保健体育の教員や、スポーツの推進および人々の健康づくりを科学的視点でとらえるスペシャリストを養成します。

閉じる

併設医療機関と連携した教育で確かな看護を学ぶ

先進医療を実施する大学病院で看護実習を行える

看護学科は、高い看護実践力を修得するために、26の診療科を擁し高度で先進的な医療を提供し続けている朝日大学病院を中心に病院実習を実施。高度な技術と知識を兼ね備えた看護師の養成を行っています。

閉じる

4年間の学生生活をさまざまな角度からサポート

奨学金から健康管理まで支援制度が充実

看護学科では、入試成績の上位者に最大で授業料の全額を給付する「看護学科特別奨学金」や、「学校法人朝日大学看護師奨学金」を設けています。
健康スポーツ科学科は、高校の学業成績、スポーツ活動の実績、入試成績などに応じて給付する独自の奨学金制度が充実しています。さらに、けがや病気に対しても安心して学修できるよう、3つの併設医療機関を利用した場合の診療費補助制度などによって学生生活全体をサポートしています。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

医療現場で必要な技術・考え方を学ぶ

看護学科

次代の医療に貢献できる看護専門職をめざす

看護学の専門知識と高度な医療技術、高い倫理観、豊かな人間性、国際性を兼ね備え、社会に貢献できる看護師の養成をめざします。本学の建学の精神に基づく「3つのチカラ」を身に付け、看護の対象者との関係づくり、医療チームにおける役割と姿勢、さらには高度化する医療に対応できる看護師を養成します。
<3つのチカラ>
●人を思う心をもって関係を構築する力
●自己研鑽して未来を切り開く力
●社会に貢献し変革する力

◆朝日大学病院との連携を最大限に生かした学びを展開◆

看護学科は、本学併設の医療機関で学べる強みを生かした教育を実践。高度で先進的な医療を提供し、地域住民の健康に貢献する朝日大学病院が、看護学科の臨地実習の受け入れ先の中心です。「一緒に地域医療をよくしていく」という環境のもと、実習を体験できます。また、朝日大学病院の医師が講師となり講義を行う科目を開講。最先端の医療に取り組んでいる医療現場から得られる最新情報や、看護師に求められる広範囲な医学的知識を、直接医師から学ぶことができます。

●併設する歯学部との連携
高齢化が加速する中で注目を集める「歯の健康と全身疾患の関係」など、歯学部との連携で、少子高齢化社会で活躍するための知識を修得できます。

●保健師をめざすことも可能(選択制、入学定員のうち15名)
学内選抜者は、保健師の国家試験受験資格を得ることも可能です。

●看護師国家試験対策
国家試験対策は1年次からスタート。講義や模擬試験を繰り返しながらきめ細かい指導を行い、合格をめざして徹底的にサポートします。

閉じる

健康やスポーツに関する知識・技術・技能を修得

健康スポーツ科学科

スポーツと健康を科学的視点で捉え、将来に生かしていく

健康科学やスポーツ科学の専門知識、高度なスポーツ実践能力と指導技術を養います。スポーツ関連企業、スポーツクラブの運営管理者、中学・高校の保健体育の教員など、スポーツを将来に生かすための力を身に付けます。

◆健康科学とスポーツ科学を柱に2つのコースを設置◆

○スポーツ科学コース
スポーツと身体活動を通じた健康づくりの意義と、スポーツ指導者として健康に関する資格の取得に必要な知識を修得します。

○健康科学コース
スポーツ医科学や体育学の専門的知識、体育実技の種目に応じた教授方法など体育教員になるために必要な知識や技能を修得します。

<養成する4つの能力>
1)オールラウンドなスポーツ実践能力
2)ライフステージに応じたスポーツ指導能力
3)健康やスポーツを科学的視点から捉える思考能力
4)スポーツにおける企画及び管理運営能力


◆地域スポーツと生涯スポーツを推進するプロフェッショナルへ◆

中学校・高等学校の保健体育教員から、ライフステージに応じたスポーツ指導のできる人材を養成。さらには競技スポーツ指導者、自治体等の生涯スポーツ指導者や、健康関連施設職など地域スポーツを支える人材の育成をめざします。


◆理想的な練習環境を実現◆

競技特性に応じた専用フィールドを完備しています。たとえば、ラグビー場は天然芝に限りなく近い人工芝を使用。テニスコートはハードコート3面と人工芝オムニコート3面を整備。2種類のコートで練習が可能です。トレーニングルームでは専属トレーナーの確かな指導のもと、筋力アップを図ります。

閉じる

アドミッションポリシー

保健医療学部の求める学生像

<看護学科>
・看護学を学ぶために必要な基礎学力を備え、自らすすんで学ぼうとする人
・生命に対して尊厳をもち、さまざまな価値観を認めることができる人
・保健医療福祉活動を通して社会に貢献することを望む人
・誠実で思いやりをもって他者と関わることができる人
・他者の意見を聴き、自分の考えを表現できる人
・探究心をもち、課題解決に積極的に取り組むことができる人

<健康スポーツ科学科>
・協調性や基本的コミュニケーション能力がある人
・入学後、スポーツ活動や社会活動に積極的に参画する意欲がある人
・高等学校等における学習を通して、外国語(英語)並びに国語、数学又は理科の基本的な知識や技能を習得している人
・将来、地域や社会で次のとおり活躍したいと思っている人
・保健体育の教員を希望している。
・地域スポーツの推進に貢献したい。
・スポーツリーダーとして活躍したい。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

問い合わせ先

【住所・電話番号】岐阜県瑞穂市穂積1851
【フリーダイヤル】0120-058-327(入試専用)
 【URL】http://www.asahi-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ