×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

しがっかん

至学館大学

私立大学 愛知県

至学館大学/先輩の学問体験記

先輩の学問体験記学問:食物・栄養学

スポーツ栄養のスペシャリストをめざせる

栄養科学科 2年 村松玲亜さん

出身高校
愛知県立豊丘高校

部活や課外活動
高校3年間はソフトボール部に所属。部活動中心の日々でしたが、勉強と遊びのメリハリをつけ、充実した高校生活を送っていました。

高校時代の勉強法(特に入試対策)
私が受験した推薦入試は、志望理由書と面接がポイントになります。そのため、過去の面接内容を参考にしたり、オープンキャンパスに参加して面接でよく聞かれることを質問するなど、面接重視の対策を立てました。入試直前では、さまざまな先生に面接練習をお願いし、本番でリラックスできるよう準備を万全にして受験に挑みました。

閉じる

先輩はこんなことを学んでいます

栄養の専門家として日々勉強に励んでいます

私の学科ではこんな勉強をしています

栄養科学科は、「スポーツ栄養コース」「臨床栄養コース」「食育コース」の3つのコースがあり、管理栄養士養成課程のカリキュラムを基盤にそれぞれの分野での専門知識が学べます。1年次の「解剖生理学」では、身体のしくみや臓器の働きについて理解を深め、2年次の「食品学各論」では、食物に含まれる成分などを学びます。普段の授業の中で管理栄養士の国家試験問題の解説が取り入れられているので理解が深まり、国家試験の対策にもなります。「栄養教育指導論」では、実験・実習を通して栄養指導の方法を身に付けます。そのほか、健康運動実践指導者や栄養教諭1種免許状の取得も可能なため、医療、スポーツ、学校教育現場など活躍の場が広がります。

閉じる

この学部・学科を選んだワケ・きっかけ

高校時代は貧血がひどかったため、積極的にほうれん草やひじき、レバーを食べることで予防していました。そんな中、食事はスポーツパフォーマンスに影響することを知り、食に興味を持ちはじめました。最初は独学で勉強していましたが、食の大切さを知るうちにもっと詳しく学びたいという思いが強くなり、将来管理栄養士をめざせる管理栄養士養成課程でもあり、スポーツ栄養を専門的に学べる「栄養科学科」を選びました。

閉じる

食に関する知識をもっとたくさん身に付けたい

この学問のココがおもしろい!

2年次の「食品加工実習」では、パンやこんにゃく、ジャムや缶詰がどのように作られているのかを学びます。例えば、なぜパンには薄力粉ではなく強力粉が使用されるのか、こんにゃくが固まるのにどのような成分がどのように作用しているのかなどを詳しく知ることができます。食品が何からどのように作られているのか興味深くて、もっとたくさんの知識を身に付けていきたいと思います。1年次の「調理実習」では、調理技術が身に付くだけでなく、実習後に調理したものを試食することができるので、私のように食べることが好きな人は一石二鳥です。

閉じる

先輩の学部で学べることをチェックしてみよう!

閉じる

1週間の時間割

他の先輩体験記

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ