×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

なごやがくげい

名古屋学芸大学

私立大学 愛知県

学部・学科

先輩の学問体験記学問:看護学

母親の気持ちに寄り添える助産師をめざす

看護学科 2年 直井円香さん

出身高校
岐阜県 公立高校

部活や課外活動
高校時代はバスケットボール部に所属。厳しい練習のおかげで、県大会で上位にランキングすることもありました。私は部員のモチベーションを上げるため、雰囲気づくりをするのが役割でした。

高校時代の勉強法(特に入試対策)
入試対策のための勉強は、1週間ごとに計画を立てるところから始めました。長期の計画を立てると実行することが難しくなるので、私の場合は1週間くらいがちょうどよかったです。 私は一般入試で受験したのですが、理科は教科書を中心に復習。国語はひたすら問題を解く。英語は参考書を買って取り組むなど、教科ごとに勉強方法を工夫しました。受験日間近の追い込みの時期には12時間くらい勉強した記憶があります。

閉じる

先輩はこんなことを学んでいます

演習を繰り返し行うことで、医療機器の操作方法などを学んでいく

私の学科ではこんな勉強をしています

看護学科では、看護師になるための知識・スキルを修得します。1年次は「独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター」内にある名城前医療キャンパスで、病態治療学や解剖生理学などの専門基礎科目を学ぶとともに、日進キャンパスでも教養科目を学習します。2年次からは専門教育科目の学習がメインになり、成人、母性、老年、小児、精神などの領域別でさらに詳しく学習します。授業時間内では理解が不十分だった箇所や再度確認したい箇所は、空き時間にいつでも使える演習室で繰り返し練習。先生方もとても親身で、質問や相談があるときはいつでも対応してくれます。名古屋学芸大学では、従来の教科書に加えて、デジタルテキストがインストールされたタブレット端末が全員に無償貸与されます。看護の領域はテキストが多いので、デジタルテキストがあるととても便利です。いつでも気軽に勉強できるし、定期的にアップデートされていくので、常に最新の内容で学ぶことができます。

閉じる

看護学科独自の臨地実習プログラムも充実している

この学部・学科を選んだワケ・きっかけ

高校生のとき、膝の半月板を損傷し、手術をするために入院したことがありました。そこで出会った看護師さんといろいろ話をする機会があり、とても親切に対応してくれたことが嬉しくて「将来はこういう仕事ができたらいいな」と思い、看護師を志すようになりました。テレビドラマで救命救急の番組を見て、憧れたのもあります。
名古屋学芸大学に入学を決めたのは、看護師だけでなく、別科助産学専攻で1年間学ぶことで、助産師の受験資格が取得できることに魅力を感じたからです。「生命の誕生に携わる仕事って素敵だな」と思ったことが助産師という職業に興味を持ったきっかけです。最初は看護師になりたいと思っていましたが、現在は助産師になりたい気持ちのほうが強いです。

閉じる

日本と海外の違いを学ぶことで、より広い視野を得られる

この学問のココがおもしろい!

1年次から、病態治療学や解剖生理学など、これまで触れたことのない分野を学べます。また、2年次後期には名古屋医療センターだけでなく、国立病院機構7病院の院長、看護部長が講義に来てくれる「看護の理解」という授業があり、現場の生の声や、病院が力を入れていることなども聞くことができます。また、名古屋学芸大学には海外研修もあります。私は2年次の8月に3週間、オーストラリアへの海外研修に参加し、現地の病院を訪問しました。病院では、施設見学のほかに、日本人を含めた現地スタッフの話を聞くことができました。特に印象に残っているのは、オーストラリアは病院のスタッフが気持ちよく働けるように環境を整えていること。働きやすい職場づくりの大切さを実感しました。

閉じる

空き時間を利用して自習ができる部屋も用意されている

後輩へのアドバイス

当たり前のことかもしれませんが、予習・復習に取り組むことが大事だと思います。これは高校時代も大学に入ってからも同じです。予習・復習をすることで、学んだ知識がしっかりと身に付くので、高校生の時から予習・復習の習慣をつけるようにしてください。時間の使い方も大切です。勉強は長くやればいいというものでもないので、効率よく進めるために、趣味など、勉強から離れて気分転換をすることも必要だと思います。勉強が思うように進まないときは、休憩も勉強の内だと思って取り入れてください。また、やはり「興味のある道」に進むのが一番だと思います。興味があれば自然と学びたいと思うし、勉強もすると思います。皆さんには自然とやる気が湧いてくる分野をみつけてほしいです。

閉じる

先輩の学部で学べることをチェックしてみよう!

閉じる

1週間の時間割

1、2年生は必修科目が多く、ほとんどの科目が決まっています。2年生の後期からは選択できる科目も増えるので、そのときに自分の興味がある授業を学び、知識を深めていきたいと思っています。空き時間は自習で使える部屋があるので、そこで勉強することができます。

他の先輩体験記

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ