×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

きょうとせいか

京都精華大学

私立大学 京都府

芸術学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

造形学科([洋画専攻、日本画専攻、立体造形専攻、陶芸専攻、テキスタイル専攻、版画専攻、映像専攻]112名)
※専攻は2年次に選択

所在地

1~4年:京都

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●興味に合わせて自由に学び、やりたい表現を見つけだす
●施設・設備の充実度は全国トップレベル。幅広い表現が可能に
●交換留学など世界との交流を通して、世界の最先端を体感

1年次には特定の専攻に所属せずに、共通カリキュラムで7つの表現技法(洋画・日本画・立体造形・陶芸・テキスタイル・版画・映像)を学び、作品を作る際に土台となる観察力や思考力を領域横断的に身につけます。2・3年次は表現技法ごとに7つの専攻に分かれて専門を深め、4年次には集大成として卒業制作に取り組みます。

【学生数】464人(2020年5月1日現在)
【専任教員数】27人(2020年5月1日現在)

造形学科※専攻は2年次に選択

講義・学問分野

洋画、日本画、立体造形、陶芸、テキスタイル、版画、映像

閉じる

学部の特色

7つの専攻の基礎授業を自由に選択できる

興味に合わせて自由に学び、やりたい表現を見つけだす

1年次の1年間、表現者としての基礎力を身につけるプロジェクトにとりくみながら、7専攻の基礎授業を選択し学びます。洋画、日本画、立体造形、陶芸、テキスタイル、版画、映像といったさまざまな表現技法にふれることによって、自分が本当にやりたいことを見つけることができます。

閉じる

大型作品を焼成できる陶芸コースの窯

施設・設備の充実度は全国トップレベル。幅広い表現が可能に

窯や繊維、鉄工室などの工房は、数メートルを超す巨大な作品サイズに対応。紙漉きなどさまざまな技法に対応できる工房を完備しています。個人の制作スペースは広々としており、制限なく思い描く作品を自由に創造することができます。

閉じる

海外からの留学生も多数

交換留学など世界との交流を通して、世界の最先端を体感

海外の協定校に半年間留学する交換留学やイタリア・ローマへの海外研修ツアー、海外からアーティストを招いて行う特別講義など国際交流の機会も豊富。国際的な表現を体感することによって、多様な文化を知り新たな視点を持って作品制作に臨むことができます。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

造形学科

造形学科の専攻と学べること

[洋画専攻]
静物画、風景画、人物画など絵画を中心に学び、芸術の本質を見つめます。絵画以外の技法に触れ、新たな表現を発見する授業も用意されています。

[日本画専攻]
繰り返し写生をすることで、描く対象の本質をとらえます。岩絵具やニカワなど日本画特有の材料や用具の使い方も修得します。

[立体造形専攻]
立体表現において大切な対象物の形を引き出すプロセスや型取り技法に加え、石や木、金属、ガラスといった素材の性質と扱い方を修得します。

[陶芸専攻]
手びねり、ロクロ、タタラ、絵付けといった陶芸技法を修得。できるだけ多くの素材や技法、考え方に触れ、器からアート作品まで幅広く制作します。

[テキスタイル専攻]
シルクスクリーン、友禅、フェルトなどの染めと織りの技法を修得します。伝統文化も盛んな京都で、染織関係企業との連携などを通じ、社会との接点をもって力を伸ばせる機会を豊富に用意しています。

[版画専攻]
木版画、銅版画、リトグラフ、シルクスクリーンの基本4版種に加え、写真やCGといった「版」に関わる幅広い技法が学べます。

[映像専攻]
アートアニメーション、ショートムービー、メディアアートの3領域を軸に、ビデオ編集やCG、アニメーションといった技法を修得。音楽PVや短編映画など多彩な映像制作に取り組みます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
広報グループ
(075)702-5197
 【URL】http://www.kyoto-seika.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ