してんのうじ

四天王寺大学

私立大学 大阪府

四天王寺大学/大学トップ

ここに注目!

  • 西日本私立大学初!教育学部から理科・数学の先生へ
  • 「文学部」と「社会学部」が誕生!
  • 「和の精神」を培い、社会で活かせる専門性を養う

大学の特色

四天王寺大学は新時代へ

目まぐるしく変化する社会をきりひらく人材を育成するため、四天王寺大学は5学部7学科へと進化します。学部の新設や学びのアップデート、取得できる教員免許の充実など、これからの社会を生きるために必要な学びと「和の精神」を身につけ、一人ひとりの可能性を伸ばし、希望を実現します。

西日本私大初、教育学部から理科または数学の教員免許(中・高)取得をめざせる

教員採用試験は西日本トップクラスの実績!教育学部がリニューアル
57年にわたり教員養成を行ってきた四天王寺大学で、新たに理科の教員免許が取得可能に。学校教育コースでは、西日本の私立大学で初めて、教育学部から理科または数学の教員免許(中・高)取得をめざせるようになります。入学時に取得希望免許が決定していなくても、1年間教育に関する幅広い学びを通して、じっくりと自身の適性を考え、2年次で免許選択を行います。小学校教諭、中学校・高等学校教諭(理・数・英)、特別支援教諭、幼稚園教諭、養護教諭など、それぞれに応じた専門性はもちろん、幼少連携教育や小中一貫教育、中等教育学校などにも対応できる教員を養成します。

文学部、社会学部が誕生

「日本学科」「国際コミュニケーション学科」を有する文学部では、クロスオーバー・ラーニングとして両学科の特色を活かした横断的な学びと、VRなどのデジタルツールを活用した最先端の学びで、現代社会の課題を多角的に捉える力を身につけます。
「社会学科」と「人間福祉学科」を有する社会学部では、複雑化、深刻化する社会問題をさまざまな角度から考察し、専門性のあるスキルを身につけ、誰もが充実した暮らしを送れる社会を考えます。

アドミッションポリシー

入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

卒業認定・学位授与の方針および教育課程編成・実施の方針を踏まえ、求める能力やその評価方法を学力の3要素等と関連付けて明示し、多面的・総合的に評価します。具体的には、次のような人物を求めています。

(1)豊かな人間性(慈愛の心・利他の精神)を身につけ、本学で学んだ知識や技能を社会で実践する意欲と目的意識を持つことができること
[求める要素:関心・意欲・態度]
(2)本学の専門分野を学ぶために、高等学校等で修得すべき基礎学力を有し、思考を深めて他者に表現できること
[求める要素:知識・技能、思考力・判断力、表現力]
(3)多様な文化・価値観を理解し、自ら課題に対して仲間とともに積極的に取り組み、自己研鑽に努めることができること
[求める要素:主体性・多様性・協働性]

教育環境

甲子園球場6個分!広大なキャンパス

広々としたキャンパスで学べる

阪神甲子園球場約6個分という広大な敷地に、最新の施設・設備が充実しています。
自動車約700台、バイク・自転車約600台収容の学生駐車場(無料)を完備しており、マイカー通学も可能です。

「あべのハルカスサテライトキャンパス」を就職活動の拠点として利用できる

あべのハルカス

あべのハルカス23階に設置しているサテライトキャンパスには、キャリアセンタースタッフが常駐。平日(月~金)は10時~18時30分、土曜日は10時~18時の間に、主に就職活動中の学生を中心にキャリアサポートを行い、在学生も自習場所として気軽に立ち寄れます。
また「就職活動対策セミナー」「学内企業セミナー」などを開催するほか、各種採用試験や国家試験対策の勉強スペースとして就職活動を支援しています。

学部

【2025年度予定】

特色が分かる!
文学部
特色が分かる!
社会学部
特色が分かる!
教育学部
特色が分かる!
経営学部
特色が分かる!
看護学部

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

四天王寺大学の偏差値 46~58

学科ごとの偏差値を確認してみよう

基本情報

学費・奨学金

初年度納付金

【2025年度予定】
●文学部・社会学部・経営学部/入学学費等合計1,425,000円

(入学金200,000円、授業料837,000円、運営維持費180,000円、施設拡充費180,000円、
同窓会費10,000円、後援会費18,000円)
●教育学部/入学学費等合計1,445,000円
(入学金200,000円、授業料857,000円、運営維持費180,000円、施設拡充費180,000円、
同窓会費10,000円、後援会費18,000円)
●看護学部/初年度入学学費等1,848,000円
(入学金200,000円、授業料1,220,000円、運営維持費220,000円、施設拡充費180,000円、
同窓会費10,000円、後援会費18,000円)

本学独自の多彩な奨学金制度

入学試験成績優秀者奨学金
一般選抜前期日程における成績が各学科合格者の上位10%以内の学生が対象。
(入学金相当額200,000円を支給)

入学試験成績優秀者遠隔地奨学金
出身高校の所在地および保護者の現住所が近畿地方ならびに三重県以外の日本国内の都道府県にある者のうち、一般選抜前期日程における成績が各学科合格者の上位20%以内の学生が対象。
(入学金相当額200,000円を支給)

経営学部総合奨学金
一般選抜前期日程における成績上位の学生が対象。公共経営専攻は入学者上位4名(試験合計の得点率65%程度)までに授業料全額相当額支給、続く8名(試験合計の得点率60%程度)までに授業料半額相当額支給。またこの12名に対しては公務員プログラム講座料を全額免除。
企業経営専攻は入学者上位12名(試験合計の得点率60%程度)までに授業料半額相当額支給。
(最大4年間/2年次以降は成績に応じて対象者を再選抜)

看護学部特別奨学金
一般選抜前期日程における成績上位の学生が対象。入学者上位2人(試験合計の得点率65%程度)に授業料全額相当額支給、続く10人(試験合計の得点率60%程度)に授業料半額相当額支給。(最大4年間/2年次以降は成績に応じて対象者を再選抜)

国際コミュニケーション学科 海外研修奨学金
指定の海外研修に参加する1年生全員に現地授業料・滞在費を支給。

海外留学および長期研修奨学金
本学に2セメスター以上在学し本学提携校等へ半年以上の留学/長期研修を実施する学生が対象。
(150,000~1,200,000円〔成績や留学期間による〕を無償給付)

海外語学研修奨学金
本学提携校へ4週間以上の語学研修を実施する学生が対象。
(100,000円を無償給付)

グローバル教育奨学金
本学が指定するグローバル教育研修に参加する全学生が対象。プログラム費用の半額を基準額とし、支給対象者の自己負担金が200,000円以下となるよう支給。

その他の奨学金
学内奨学金/緊急・応急奨学金/同窓入試奨学金/学長表彰 など

留学

※新型コロナウイルスの影響で、ご紹介している留学プログラムが中止・変更になる可能性があります。
「留学人数」、「大学独自の奨学金制度の有無」などについては、過年度の実績を掲載している場合がありますので、詳細は、各大学の公式ホームページ等でご確認をお願いいたします。

過去の留学実績(調査年度:2023年)

昨年度または一昨年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 0人
1か月以上3か月未満 37人
3か月以上6か月未満8人
6か月以上1年未満0人
1年以上0人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】11
【大学独自の奨学金】ある
【奨学金給付人数】41〜60人
【奨学金給付金額総額】2,500万円以上3,000万円未満
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

国際キャリア学科海外留学等特待生奨学金プログラム

【留学先】2022年度実績 カナダ ※年度により渡航先が変更になる可能性があります。
【留学先海外大学、語学学校名】カナダ ビクトリア大学 ※年度により渡航先が変更になる可能性があります。
【留学先での学習言語】英語
【留学期間】3か月以上6か月未満
【対象人数】国際キャリア学科1年次生最大10名
【留学開始時期】1年次2月
【奨学金】ある
【応募資格】GPA基準値
【問い合わせ先】
部署:国際キャリア学科

交換留学

【留学先】中国
【留学先海外大学、語学学校名】浙江工商大学
【留学先での学習言語】中国語
【留学期間】3か月以上6か月未満
【対象人数】日本・国際キャリア学科から約10人
【留学開始時期】申請時期による
【奨学金】ある
【単位認定】する
【応募資格】GPA基準値
【問い合わせ先】
部署:グローバル教育センター
電話番号:072-956-9934

経営学部海外インターンシップ

【留学先】オーストラリア
【留学先での学習言語】英語
【留学期間】1か月以上3か月未満
【対象人数】経営学部から10人程度
【留学開始時期】申請時期による
【奨学金】ない
【応募資格】GPA基準値
【問い合わせ先】
部署:経営学部

住環境

遠方から入学する学生のためにキャンパスの近くに6つの学生寮を設けており、現在約90人の学生が入居しています。また、大学のある羽曳野市や隣接する藤井寺市の賃貸マンションから通う学生も多数。寮生活や下宿生活は自立心や生活力を高める絶好の機会とも言えます。

クラブ・サークル活動

多くの学生がさまざまなクラブで自分の可能性を追求しています。共通の目的に向かって打ち込み、得られる達成感。学年や学科の垣根を超えて生涯の友と出会う喜びを味わいながら、かけがえのない日々を送っています。

体育会系クラブ

アイススケート部、IBUチアリーディングクラブ、アルティメット部、剣道部、硬式テニス部、サッカー部、柔術部、水泳部、ストリートダンス部、ソフトボール部男子、ソフトボール部女子、卓球部、ドッヂビー部、軟式テニス部、バスケットボール部男子、バスケットボール部女子、バドミントン部、バレーボール部男子、バレーボール部女子、フットサル部、陸上競技部、コピーダンス同好会、軟式野球サークル、HQ(バレーボールサークル)、羽るのとびら(バドミントンサークル)、バスケサークル、モーターサークル☆りんりん☆

文化系クラブ

IBU大阪アンカークラブ、演劇部、ギター・マンドリンクラブ、軽音楽部、コーラス部、茶道部、書道部、吹奏楽部、美術部、フォークソングクラブ、ポコ・ア・ポコ、ボランティアクラブ、YOSAKOI ソーラン部、歴史研究部、わくわくサタ☆デー、和太鼓部、e-sports同好会、映画研究同好会、競技麻雀同好会、ドローン同好会、IBU Orange Project(R)、With Local、Gradation Color@IBU(グラカラ)、将棋サークル、TRPGサークル

大学院・併設の大学

現場と連携した研究を通して高度な能力・学識を有する研究者・専門家・指導者になる

●人文社会学研究科/人間福祉学専攻(博士前期・後期課程)
前期課程では基礎理論、政策・制度、援助技術の3分野をバランスよく学び、後期課程では高度な研究能力と専門知識を有する研究者・専門家になるために研究を深めます。社会福祉関連の従事者などの生涯教育ニーズに応えるため、主要な授業を平日の17時30分以降と土曜日に配置しています。

●看護学研究科/看護学専攻
・博士前期課程(修士)
〈研究者コース〉
〈専門看護師(高度実践看護師)コース〉精神看護学/老年看護学/災害看護学
・博士後期課程(博士)
本学の建学の精神を核に、看護の独自性・専門性を追求しつつ、地域社会で活躍できる高度専門職業人・研究者・教育者となる人材を育成。医療現場で働く社会人が勤務を続けながら修学できるように、長期履修制度、夜間や土曜日の授業、また集中講義等を取り入れています。

パンフ・願書

「先生になるには?」「学生生活は?」「卒業後の進路は?」…さまざまな疑問に答える大学パンフです。

教員数・学生総数

教員数

教授58人、准教授29人、講師261人、助教13人

*2023年09月収集情報

学生総数

3788人

*2023年5月1日現在

新入生総数

918人

*2023年09月収集情報

その他の特色・学生支援制度

奨学金 奨学金 単位互換 大学院 学生寮 部活動・同好会
給付 貸与 留学制度 学内 学外 修士 博士 男子 女子 文科系 体育会系 同好会
× 約19 約22 -

所在地・アクセス

本学キャンパス

●大阪府羽曳野市学園前3-2-1
近鉄南大阪線「藤井寺」駅・「古市」駅から近鉄バスで約15分
大阪メトロ御堂筋線・南海高野線・泉北高速鉄道「中百舌鳥(なかもず)」駅、大阪メトロ御堂筋線「新金岡」駅からスクールバス運行(事前申込必要〈有料〉)
自動車通学も可能(学生駐車場完備)

問い合わせ先

住所

〒583-8501
大阪府羽曳野市学園前3-2-1
入試・広報課

電話番号

(072)956-3183

URL

https://www.shitennoji.ac.jp/

E-Mail

nyushi@shitennoji.ac.jp

四天王寺大学についてのよくある質問

企業などでのインターンシップはありますか?

本学では全学部・学科対象の海外インターンシップを実施しています。詳細はこちら

教育学部でなくても教員免許は取得できますか?

教育学部 教育学科をはじめ、文学部 日本学科・国際コミュニケーション学科、社会学部 社会学科・人間福祉学科、看護学科でも教員をめざすことができます。詳細はこちら

学部・学科(専攻・コース)併願制度とはどのような制度ですか?

学校推薦型選抜・一般選抜において、1回の入学検定料で、最大2つの学部・学科(専攻・コース)に志願できる制度です。詳細はこちら

オープンキャンパスとキャンパス見学会の違いは何ですか?

オープンキャンパスは在学生による大学紹介やミニ授業、無料ランチサービスなど、学修内容や大学生活を1日体験できるイベントです。詳細はこちら

閲覧履歴に基づく
オススメの大学

学費や就職などの項目別に、
大学を比較してみよう!

他の大学と比較する

このページをシェアしよう

ツイート LINEで送る

リストに追加しました

ページの先頭へ