広島工業大学/工学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

ひろしまこうぎょう

広島工業大学

私立大学 広島県

工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

電子情報工学科(70名)
電気システム工学科(90名)
機械システム工学科(120名)
知能機械工学科(90名)
環境土木工学科(70名)
建築工学科(110名)

所在地

1~4年:広島

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●体験学習を重視した、現場主義の授業
●ものづくりの拠点として、研究・教育の施設設備を整備
●各分野で専門家として活躍する教員の研究に触れられるゼミナール

電子・電気系分野では、情報通信、回路・エネルギーシステムについて学び、機械分野では、自動車・ロボットの設計、生産、制御などを修得。建設系分野では、建物づくりや都市について実験・実習を交え修得していきます。

【キャンパス】広島市
【学生数】2381名(2017年5月現在)
【専任教員数】90名(2017年5月現在)
【大学院】工学系研究科/電気電子工学専攻(M)、機械システム工学専攻(M)、建設工学専攻(M)、情報システム科学専攻(M)、環境学専攻(M)、生命機能工学専攻(M)、知的機能科学専攻(D)

電子情報工学科

講義・学問分野

電子、情報工学、通信工学、センサネットワーク、組込みシステム、信号処理技術、プラズマ加工技術、微細加工技術、遠隔操作、ネットワークシステム

閉じる

電気システム工学科

講義・学問分野

電気、情報工学、通信工学、クリーンエネルギー、スマートグリッド、省エネ、パワーコンディショナー、インターネット、ネットワークシステム

閉じる

機械システム工学科

講義・学問分野

機械工学、経営工学、流体力学、微細加工技術、振動制御、ボディ撥水加工技術、表面加工技術、材料力学、安全工学、機械力学

閉じる

知能機械工学科

講義・学問分野

機械工学、経営工学、自動運転、運転アシスト装置、人間工学、ロボット工学、知能化技術、制御システム技術、作業シミュレーション

閉じる

環境土木工学科

講義・学問分野

土木、環境工学、液状化、地盤工学、交通計画、インフラ整備、耐震構造、環境保全

閉じる

建築工学科

講義・学問分野

建築、都市防災工学、建築工学、構造力学、景観デザイン、耐震構造、施工・管理、材料力学、耐久性、品質・コスト管理

閉じる

学部の特色

環境土木工学科の学生による企業見学の様子

体験学習を重視した、現場主義の授業

学内の施設・設備がどれだけ充実していても、「現場」でなければわからないことはたくさんあります。実際にものづくりの現場におもむき、体験して刺激を受けることによって、新たな研究のヒントを得るとともに、もっと学びたいという意欲を高めます。
<学外活動の例>
学会での発表、学生フォーミュラ大会への参加、工事現場の見学、災害現場の調査、建築物の見学、被災地の調査報告会など

閉じる

地域企業と連携して研究、実験を行うセンターは機器も豊富に揃う

ものづくりの拠点として、研究・教育の施設設備を整備

産学連携推進センター
「耐震防災実験装置」を使った実験など、企業との共同研究や受託研究を行ったり、教員の研究発明の支援をしています。
共同利用実験センター
「材料分析機器実験装置」など、本学の設備や装置を国内外の研究者に広く開放し、研究活動を支援しています。
知能材料・機器研究センター
知的な機能を持つ新材料や機器の創製・開発をめざし、幅広い領域の研究に取り組んでいます。
工作センター
機械加工・溶接などの工作実習に使ったり、学内で必要な研究・教育機材を作るのに活用されています。

閉じる

ゼミでは専門力に加えて人間力も身に付ける

各分野で専門家として活躍する教員の研究に触れられるゼミナール

それぞれの専門分野において第一線で活躍する教員が、ゼミという少人数単位のクラスで学生を指導します。最先端の研究に直接かかわれるだけでなく、教員から丁寧にアドバイス・指導を受けながら試行錯誤して実験・実習に取り組むことによって、「課題発見力」「発想力」「問題解決能力」を身に付けることができます。

閉じる

学べること

電子情報工学科

時代をリードする最先端の電子情報技術者を育成

「電子デバイス」「回路・コンピュータ」「情報通信」の3分野を修得します。原理や設計、実装方法など幅広い技術・知識を身に付け、スマートフォンや電化製品の核となる電子技術のスペシャリストを育成します。

■めざせる進路
通信機器・コンピュータ・電子計測器などのメーカー、情報処理ソフト開発会社、企業内情報通信システムなどの関連会社、自動車・産業機械・半導体製造機器などのメーカー、ビル通信設備・電気設備などの施工会社、LSIの製造・回路設計会社、産業用ロボットなどの制御ソフト構築会社、電子機器・家電機器などの販売会社、公務員(技術系)、教員(工業・情報)、大学院

【授業・講義】
人々の生活を支える小さなコンピュータたち

電車・バスなどに乗れるICチケットは電源すら持たない小さなコンピュータです。私たちが意識してもしなくても水や空気のように、人間の生活環境を支えるコンピュータについて学びます。

閉じる

電気システム工学科

エネルギー、コンピュータ、通信のスペシャリストを育成

「エネルギー」「情報通信」「コンピュータ」の3つのシステム分野を修得します。太陽光などのクリーンエネルギーや電気自動車など、次世代の暮らしの要となる電気技術者を育成します。

■めざせる進路
電子・電気関連会社、電力・エネルギー関連会社、放送・電話・インターネットなどの通信会社、ソフト開発、システムエンジニアなどの情報処理関連会社、産業機械・輸送用機械・精密機械などの機械メーカー、建設会社、エンジニアリング・メンテナンスなどのサービス業、公務員(技術系)、教員(工業・情報)、大学院

【授業・講義】
極薄チップを2次元から3次元の世界へ

携帯電話、冷蔵庫、エアコン・・・暮らしの身近で活躍するLSIチップは、デジタル機器の心臓部。もっと便利な社会のために、より高機能のチップをと、立体構造の3次元LSIチップの開発に取り組みます。

閉じる

機械システム工学科

新たなものづくりに挑戦できる一流のエンジニアを育成

「機械力学」「材料力学」「熱力学」「流体力学」の4力学をベースに、「構造機能」「エネルギー」「システム化」「生産加工」の4分野を修得します。実習を通して航空宇宙、自動車、医療機器などの技術革新の礎となる技術者を育成します。

■めざせる進路
自動車・航空機・船舶などの輸送機器メーカー、一般機器・金属製品メーカー、システムエンジニア、サービスエンジニア、機械設計・技術設計会社、卸売・小売に関わるサービス業、設備工事・総合工事などの建設業、公務員(技術系)、教員(工業・情報)、大学院

【授業・講義】
「流れの力学」

ポンプ、タービン、送風機、圧縮機などを題材にしながら、流体エネルギーや機械エネルギーとは何かを学修します。さらに、この二つを変換させる方法や原理など、流体機械の特性も学びます。

閉じる

知能機械工学科

未来を支えるものづくりに知的に対応できる技術者を育成

「自動車」「ロボット」「生産技術」の3分野を修得します。自動車分解など実践的な実習を通じ、自動運転などの次世代自動車やロボット産業で求められる知能化技術のプロを育成します。

■めざせる進路
工作機械・ロボットなどの機械メーカー、自動車・航空機・船舶などの輸送機器メーカー、介護・福祉・医療機器メーカー、システムエンジニア、ソフトウエア開発技術者、航空整備士、情報サービス産業、公務員(技術系)、教員(工業・情報)、大学院

【授業・講義】
音エネルギーと機械工学の融合

人の耳で感じ取れる音は、ほんの一部。たとえば犬笛などが「聞こえない音」、超音波の部類です。そんな音エネルギーと機械工学を融合させ、超音波で障害物を自動でよける車などを考えます。

閉じる

環境土木工学科

社会の土台をつくり、環境にも配慮できるエンジニアを育成

「都市空間の設計」「環境再生・共生」「構造物の設計と施工」の3分野を修得します。橋や道路など社会インフラの核となる土木工学を学び、環境面にも配慮できるシビルエンジニアを育成します。

■めざせる進路
大手・中堅建設会社、建設コンサルタント会社、設計・設備会社、計測・計量会社、鋼・コンクリート二次製品などのメーカー、環境保全・リサイクル関連企業、環境管理・分析会社、造園・農業技術者、電力・鉄道会社、道路・橋に関係する機関、物流会社、公務員(技術系)、教員(工業)、大学院

【授業・講義】
空間創造実習

具体的な課題に沿って安全で快適な都市空間を、学生たち自身が計画・立案します。工学の立場から、都市のかかえる諸問題を解決していく力を身に付けます。

閉じる

建築工学科

安全で快適な建物を創造できる、建築のプロを育成

「構造」「生産・維持管理・材料」「計画・環境・設備」の3分野を修得します。建築の計画・設計から、安全に施工するのに必要な力学・材料の知識などを実験・実習を交えながら学び、建築のプロを育成します。

■めざせる進路
大手・中堅建設会社、住宅メーカー、建築設計事務所、設備工事会社、各種製造業、不動産業、公共団体、卸売・小売業、公務員(技術系)、教員(工業)、大学院

【授業・講義】
日本が誇る耐震技術で歴史を守る

日本各地で頻繁に発生する地震。世界的にも日本の耐震技術力は高いですが、寺や石垣など歴史的建造物への備えは不十分です。そのことから、歴史的建造物の耐震性を高める方法を検討します。

閉じる

アドミッションポリシー

工学部のアドミッションポリシー

工学部では、工学に関するものづくり関連知識と技能に深い関心を持ち、その課題発見と解決の意欲に溢れ、人間力豊かな人材を育成するために、次のような入学者を求めています。

<知識・技能>
工学を学ぶ上で必要な数学、理科、英語などの基礎科目について、高等学校の教科書レベルの基礎的な知識を有し、主体的な学修に意欲を持つ人。
<思考力・判断力・表現力等の能力>
工学を志向し、物事を多面的に思考して判断した上で、自分の考えを論理的に表現し、伝える能力を持つ人。
<主体性を持ち多様な人々と協働して学ぶ態度>
工学技術における様々な問題に関心を持ち、課題を解決するために、他者と協働しながら、身に付けた知識を役立てたいという意欲を持つ人。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】広島市佐伯区三宅2-1-1
 入試広報部
 フリーダイヤル 0120-165215
 【URL】http://www.it-hiroshima.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ