ひろしまこうぎょう

広島工業大学

私立大学 広島県

環境学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

建築デザイン学科(100名)
地球環境学科(80名)

所在地

1~4年:広島

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●日本で初めて設置された「環境学部」
●宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同研究を行う「地球観測ステーション」
●地元産業界や同窓会と連携した実践型教育で、技術力を磨く

建築デザイン学科では、快適な居住空間の実現をめざし、建築、デザイン、インテリアを地元企業との連携授業などを通し、実践的に学びます。地球環境学科では、観測衛星を用いた情報分析や、大気、水、生物、防災を複合的に学び、自然と人間の共生に必要な技術力を養います。

【キャンパス】広島市
【学生数】795名(2017年5月現在)
【専任教員数】30名(2017年5月現在)
【大学院】工学系研究科/電気電子工学専攻(M)、機械システム工学専攻(M)、建設工学専攻(M)、情報システム科学専攻(M)、環境学専攻(M)、生命機能工学専攻(M)、知的機能科学専攻(D)

建築デザイン学科

講義・学問分野

建築、生活科学、住居学、工芸・デザイン、設計、色彩・照明設計、バリアフリーデザイン、住居計画、造形デザイン、機能美、感性工学、植栽計画、環境共生

閉じる

地球環境学科

講義・学問分野

環境工学、地球科学、生物学、観測・計測技術、自然生態系保全、環境保全、環境共生型・循環型社会、地球観測衛星技術、気象観測システム、災害対策

閉じる

学部の特色

日本で初めて設置された「環境学部」

本学の環境学部は、地球規模の環境問題を解決するために、工学、自然科学、社会科学、人文科学をふまえ、人間の社会生活に密着した環境にかかわる学部として1993年に日本の大学で初めて創設されました。人間が生態系の一員として自然環境と共生し、恵み豊かな地球環境を保全・再生していくために、自然環境系、社会環境系および人間環境系を融合した新しい概念の上に立ち、物事を考察できる姿勢と能力を有した人材を育成します。

閉じる

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同研究を行う「地球観測ステーション」

本学が独自に保持している地上受信装置や衛星画像解析装置は、衛星画像分析の重要な拠点となっています。JAXAやヨーロッパ、アメリカなど海外の衛星データを利用して災害や環境の監視・分析技術の研究開発に取り組んでいます。衛星データを活用する独自の解析技術で、環境保全や災害対応、また農業などの分野でも活用が可能な「3次元衛星画像地図」を作成し、地球の変化を時系列で分析しています。

閉じる

地元産業界や同窓会と連携した実践型教育で、技術力を磨く

日本建築学会賞作品賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞、吉岡賞、日本建築家協会JIA新人賞、ひろしま街づくりデザイン賞大賞などの受賞歴を持ち、メディアにも数多く取り上げられている講師陣の設計教育を受けられます。
同窓会ネットワークを活用しながら、地元企業とコラボした実習・授業により地域の産業と環境に貢献できる技術力を伸ばし、全国各地で活躍できる技術者を育てます。

閉じる

学べること

建築デザイン学科

より質の高い居住空間を創造できるスペシャリストを育成

「住まい・インテリア」「計画・設計」「構造・生産・維持管理」の3分野を修得します。コンピュテーショナルデザインなど最新の設計手法を学び、「住む」を総合的にプロデュースし、デザインできる人材を育成します。

■めざせる進路
大手・中堅建設会社、住宅メーカー、設備工事会社、建築設計事務所、建材メーカー、コンサルタント業、建物管理会社、インテリアプランナー、公務員(技術系)、教員(工業)、大学院

【授業・講義】
安全・快適な空間を実現させる建築デザイン

企画・設計・製造工程の検討といった具体的なデザインプロセスに沿って、木材などの素材を用いて家具や生活道具を製作し、構造性、機能性、デザインの多様性を学びます。

閉じる

地球環境学科

地球環境問題に対応できる実践力を備えたプロを育成

「地球科学」「環境共生」「環境情報」の3分野を修得します。生態系のバランスを保ち、自然との共生をテーマに、地球環境の複雑な仕組を把握し、環境問題に結びつく観測・分析・評価・計画できる技術者を育成します。

■めざせる進路
環境コンサルタント会社、建設コンサルタント会社、リサイクル・産業廃棄物処理関連会社、環境調査・分析関連会社、情報システム関連会社、情報処理関連会社、建設会社、各種製造業、一般卸・小売業、金融・保険業、公共団体、公務員(技術系)、教員(情報・理科)、大学院

【授業・講義】
ストップ地球温暖化!氷河の危機

今、地球温暖化の世界影響で各地の氷河が縮小しつつあります。そこから起きる海面上昇などの問題解明のため、ヒマラヤ山脈などの氷河の調査データに基づき、温暖化の影響予測を行います。

閉じる

アドミッションポリシー

環境学部のアドミッションポリシー

環境学部では、自然環境、社会環境及び人間環境に関するものづくり関連知識と技能に深い関心を持ち、その課題発見と解決の意欲に溢れ、人間力豊かな人材を育成するために、次のような入学者を求めています。

<知識・技能>
環境学を学ぶ上で必要な数学、理科、英語などの基礎科目について、高等学校の教科書レベルの基礎的な知識を有し、主体的な学修に意欲を持つ人。
<思考力・判断力・表現力等の能力>
環境学を志向し、物事を多面的に思考して判断した上で、自分の考えを論理的に表現し、伝える能力を持つ人。
<主体性を持ち多様な人々と協働して学ぶ態度>
自然環境、社会環境及び人間環境における様々な問題に関心を持ち、課題を解決するために、他者と協働しながら、身に付けた知識を役立てたいという意欲を持つ人。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】広島市佐伯区三宅2-1-1
 入試広報部
 フリーダイヤル 0120-165215
 【URL】http://www.it-hiroshima.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ