九州看護福祉大学/大学トップ|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

きゅうしゅうかんごふくし

九州看護福祉大学

私立大学 熊本県

大学トップ

最新情報

2018/05/30NEW

ここに注目!
  • 保健・医療・福祉が総合的科学的に身につく公設民営の大学
  • 学ぶ意欲をバックアップする日本有数の施設・設備
  • 就職率99.7%! 親身かつ丁寧な就職支援で高い就職率を維持

大学の特色

「保健」「医療」「福祉」を総合的に幅広く学ぶ

高齢者や障がいを持つ人へのケアの質が問われる今、保健・医療・福祉を融合させたトータルな視点からの援助が求められます。本学は、そうした時代のニーズに応えるため、保健・医療・福祉の3つの分野を総合的に捉え、それぞれの領域を幅広く学ぶことにより、互いに協力しながら活動できる人材の育成を目指しています。
カリキュラムは、専門分野をより深く理解するために、基礎・教養科目の充実を図り、学生に期待される「学力」「人間力」「教養力」の育成に力を入れています。常に問題意識を持って主体的な学びを実現できる環境の中で、学生たちは幅広い知識・技術を身につけるとともに、広い視野と協調性、そして人を思いやり、支える心を育んでいます。

閉じる

希望に合わせて選べる柔軟な教育システム

本学は、看護学科、社会福祉学科、リハビリテーション学科、鍼灸スポーツ学科、口腔保健学科の5学科に加え、助産学専攻科や大学院を併設し、より高度な教育研究を実践しています。どの学科の学生も、専門領域のみならず保健・医療・福祉の基礎を学修し、幅広い視野と総合的な知識を身につけることができます。また、将来の夢や目標に向け、自分の希望に合わせて授業科目やコースを選択できる柔軟な教育システムを構築しています。学科に応じた複数の資格取得や教員免許取得を目指すことも可能です。

閉じる

「公設民営」だから豊富な就職先・実習先

本学は、熊本県や玉名市をはじめとする県内の旧2市10町から多大な支援を受けて設立された、全国でも数少ない「公設民営」の大学です。ここで修得した保健・医療・福祉に関する幅広い知識・技術は、熊本はもとより、全国で活躍するための大きな力となります。
また、公設民営である本学は、地域のために貢献したいという学生たちを学費の面からもサポート。同系統の保健・医療・福祉系の大学に比べて、その負担が軽減されています。実習先も地域の温かい支援を得て、病院や施設など数多く確保しています。

閉じる

アドミッションポリシー

九州看護福祉大学が求める学生像

1、人間の尊厳に共感し、人間愛を備えている人
2、保健・医療・福祉のチームの一員として協調性と積極性を備えている人
3、科学的探究心と学習意欲並びに行動力を備えている人
4、社会環境に適応し、多様な価値観を受け入れる寛容性を持てる人
5、保健・医療・福祉の仕事に熱意を持っている人

閉じる

教育環境

学生生活をサポートする充実した施設を完備

◎本館
吹き抜けのあるセンターコアを中心に、4つのウイングを配置しています。300人を収容できる大講義室から自己学習やグループ研究にも使用できる少人数用の演習室など、用途に合わせた教室や実習室を設置しています。また、1階には就職支援室をはじめ、コンピュータ室、学生自習室を設け、学生が行き交うスペースとなっています。特に学生自習室では、昼休みや講義の空き時間などを有意義に過ごす学生が数多く見受けられます。
〔主な施設〕
基礎看護実習室、在宅看護実習室、薬理・病理実験実習室、第1・第2コンピュータ室、ラウンジ、実習資料室 など

閉じる

運動療法室や動作解析実習室など実践的な学修環境を整備

◎2号館
リハビリテーションの臨床現場に、より近い形で実習体験が積める運動療法室や動作解析実習室、機能診断実習室などを備えています。その他、大講義室や小講義室、心理学に関連した集団演習室や観察室、実験室などの設備があり、より充実した環境を提供しています。さらに、コンピュータ室には40台のコンピュータを設置し、本館の100台と同様に多くの学生が活用しています。
〔主な施設〕
運動療法室、動作解析実習室、機能診断実習室、生活技術室(ADL)、多目的実習室、第3コンピュータ室 など

閉じる

附属鍼灸臨床センターを併設し、実践に役立つ最新設備を完備

◎3号館
1階には最新の設備を有するトレーニングルーム、 附属鍼灸臨床センター、鍼灸実技実習室、歯科臨床実習室、歯科模型実習室を配置しています。2階部分には、多目的に活用できるセミナー室、研究室を設け、3階部分に講義室のほか、コンピュータ室を設置しています。 主に鍼灸スポーツ学科、口腔保健学科の講義・演習で使用する専用棟です。
◎附属鍼灸臨床センター
学生の鍼灸臨床実習施設として、また、鍼灸医学に関する学術研究施設として設置。鍼灸治療による疾病予防や健康増進の優れた効果を、地域住民の保健・医療・福祉の向上に活用していただけるよう、鍼灸を啓発・普及する役割も担っています。併設のセンター共同研究室には最先端の研究機材を備え、鍼灸医学研究の拠点としての発展を目指します。
〔主な施設〕
トレーニング室、歯科模型実習室、歯科臨床実習室、第一・第二鍼灸実技実習室、附属鍼灸臨床センター など

閉じる

学部

【2018年度】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

公設民営ならではの低学費で学びの意欲をサポート

本学は、熊本県や玉名市をはじめとする地方自治体の拠出金および県内外の企業や個人の寄付、さらに多くの方々の長い運動が実を結んで誕生した「公設民営」の大学です。そのため、他の保健・医療・福祉系大学と比較すると、初年度納付金を約18万円~40万円も安く設定しています。
【2018年度入学者対象】
(入学金20万円を含む)
◎看護学科/145万5000円
◎社会福祉学科/106万5000円
◎リハビリテーション学科/150万円
◎鍼灸スポーツ学科/145万5000円
◎口腔保健学科/106万5000円

学生一人ひとりの状況を考慮した経済的サポートを実施

【2018年度入学者対象】
◎選べる各種の奨学金制度
保護者の負担を減らし、充実した学生生活を支援するため、本学独自の奨学金制度や日本学生支援機構奨学金、地方自治体、財団法人、民間団体などの奨学金制度を利用できるようにしています。中でも日本学生支援機構奨学金は幅広く利用されています。

◎特待生制度
一般入学試験(前期日程)の得点上位者に対し、在学中の授業料を免除する入学特待生(約20名)や、2年次以上の成績上位者に対し20万円を給付する学業特待生制度(計33名)を設けています。また、2年次以上の学部学生で特に経済的困窮度が高い者(所得上限・成績基準あり)に対する修学支援授業料減免制度(25名程度)を新たに設置。学修意欲の高い学生を経済面からバックアップします。

◎充実した学修支援制度
保護者の経済的負担に配慮した「初年度納付金の延納・分納制度」、兄弟姉妹に卒業生や在学生がいる場合の「兄弟姉妹の入学金返還制度」、親元から遠く離れて暮らす学生の帰省を支援する「遠隔地出身者の帰省旅費支給制度」など、ユニークな支援制度を設けています。

閉じる

住環境

九州看護福祉大学は、九州の真ん中、熊本県玉名市にあります。九州新幹線も全線開業し、交通アクセスの選択肢も増えました。自宅から都合の良い交通機関を選んで、快適通学が可能です。
キャンパス周辺は、美肌の湯として知られる玉名温泉、夏目漱石ゆかりの地など、自然の恵みと文化の宝庫です。風情ある町並みを散策したり、食べ歩きを楽しんだり、リフレッシュできるスポットがたくさんあります。

閉じる

クラブ・サークル活動

体育会系クラブ

サッカー部、軟式野球部、男子バスケットボール部、剣道部、弓道部、短艇訓練部(カッター部)、バレーボール、硬式テニス、バドミントン、水泳、陸上競技、ヨガ など

文化系クラブ

吹奏楽部、飛羽隊、ボランティア、華莉踊子(かりゆし)エイサー隊、ピア・カウンセリング、手話、フラワーアレンジメント、MAP、Σソサエティ・らいふ、RCY など

閉じる

大学院・併設の大学

専攻科・大学院

●専攻科
助産学専攻科

●大学院
◎看護福祉学研究科
看護学専攻(基礎看護学分野、実践看護学分野)
精神保健学専攻(発達精神保健学分野、社会精神保健学分野)
健康支援科学専攻(口腔機能支援科学分野、身体機能支援科学分野)

閉じる

パンフ・願書

大学案内を請求しましょう!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

JR「玉名」駅・九州新幹線「新玉名」駅からバスで約8分
九州自動車道「菊水」インターから玉名方面へ車で約15分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒865-0062 熊本県玉名市富尾888 
入試室

電話番号

TEL.(0968)75-1850 FAX.(0968)75-1853

URL

http://www.kyushu-ns.ac.jp/

E-Mail

nyushi@kyushu-ns.ac.jp

閉じる

みんなのQ&A

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ