×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

どっきょう

獨協大学

私立大学 埼玉県

大学トップ

ここに注目
  • 独自のプログラムによって、全ての学科で英語力がつく
  • 留学を全面サポート、留学中の授業料は免除される
  • オールインキャンパスで、学部・学科を越えて交流が広がる

大学の特色

21世紀に世界各国で活躍できる国際人をめざす

「語学の獨協」として136年。外国語重視の教育理念は、創立以来の本学の特色です。カリキュラム、各種施設、外国語講座、学術交流協定締結校は16か国・地域52大学(うち15か国・地域46大学に学生を派遣)にわたり、外国語を習得するための環境が整備されています。
さらに、全学生が4年間1つのキャンパスで学ぶ「オールインキャンパス」、全学生必修の「ゼミナール」「全学共通カリキュラム」などにより、21世紀の国際社会で活躍できる人材を育成します。

閉じる

英語以外にも14言語が学べ、留学制度も整い学校内での国際交流も楽しめる

●語学の獨協として136年
英語を主専攻とする学科はもちろん、全学科で英語を効率的に身に付けられるプログラムを用意しています。

入学時から2年次修了までに、TOEIC®Listening and Reading Test(IP)を計3回、全学生が受験(受験料は大学負担)。スコアに合わせた習熟度別クラスで学べます。

また、英語以外にも世界の14言語(ドイツ語・フランス語・スペイン語・中国語・韓国語・イタリア語・ポルトガル語・ロシア語・タイ語・アラビア語・現代ヘブライ語、トルコ語、古典語として古典ギリシア語・ラテン語)を全学部・学科で学べます。

●留学制度とキャンパス内の国際交流
獨協大学の留学制度には1年間を基本とした「長期留学制度」と、4~5週間の「短期留学制度」があり、毎年約200名が留学しています。

長期留学中は、本学または留学先のどちらか一方の授業料が免除されます。
また、イギリス留学には欠かせない英語試験IELTSの学内会場での受験料補助制度、長期留学生を対象とした奨学金、長期交換留学生を対象とした留学に備えた語学研修費を支給する制度などもあります。

キャンパス内では、海外からの留学生との日帰りバスツアーなど多くの交流イベントが充実しています。

●交流が広がる、オールインキャンパスと全カリ
1年生から4年生、さらに大学院生までが同じキャンパスで学べる一番のメリットは、多くの人と出会えること。学部や学科にとらわれないネットワークが縦横無尽に広がります。興味や関心に応じて他学部の科目を履修できるのも、オールインキャンパスならでは。経済学部生が外国語学部の科目を、外国語学部生が法律や経済の専門科目を学ぶこともできます。

また、学部学科を越えて自由に学べる全カリ(全学共通カリキュラム)により、国際社会で活躍するために必要な幅広い教養が身に付きます。

閉じる

アドミッションポリシー

今後の複雑な国内および国際情勢に対処できる実践的な独立の人格を育成する

「教育基本法に則り学校教育法の定めるところに従って大学教育を施し、社会の要求する学術の理論および応用を研究、教授することによって人間を形成し、あわせて獨協学園の伝統である外国語教育を重視して今後の複雑な国内および国際情勢に対処できる実践的な独立の人格を育成すること」という教育目的に共感する人物を求める。

閉じる

教育環境

自主的な学びを創造する「創立50周年記念館(西棟)」

2017年1月に完成した「創立50周年記念館(西棟)」は、本学が今後の50年を見据えた学習環境を具現化した学生の自律的な学習を促すための施設です。小規模教室から500名を収容する大教室まで完備。学生同士の交流を生む「オープンスペース」や「コミュニケーションラウンジ」、学生が自主的に学ぶことができる「ラーニング・コモンズ」などが充実しています。

閉じる

環境に配慮した教室棟(東棟)と全ての学生が利用できる学生センター

本学の教室棟(東棟)は、最先端の省エネルギー・環境技術を導入した地上5階建て三層構成で、環境にも配慮した建物です。本学のキャンパスでは、この建物を中心に「省CO2エコキャンパス・プロジェクト」を推進しています。
さらに、「全ての学生が利用できる開放的な施設」と学友会活動の「部室棟」の両機能を備えた、可能性豊かな施設として2012年10月に誕生しました。

閉じる

約96万冊を備え夜10時まで開館する図書館など充実の教育施設

●天野貞祐記念館
延べ床面積約3万平方メートルのさまざまな最新設備を整えた学内最大の建物です。図書館は、平日は朝8時30分から夜10時まで開館し自宅からでもインターネットを使って検索できる機能を備えています。そのほか、PCなどを駆使し外国語教育を行うCAL教室など、「知の創造拠点」「学生サービスゾーン」としてのさまざまな施設が設けられています。
●最新の外国語学習施設ICZ
天野貞祐記念館内にあるICZ (International Communication Zone)では、世界各国のテレビ放送、新聞、雑誌など最新の外国文化に触れることができ、また、外国人留学生との会話やネイティブ・スピーカーとのチャット、留学生との交流なども可能です。
●情報インフラの充実
学内には無線LANのスポットが整備されており、無線LAN機能を備えたノートパソコンがあれば学内でインターネットに接続が可能です。また、無線LAN機能搭載のノートパソコンは、天野貞祐記念館2階の教育研究支援センターで無料で貸し出しも行っています。
●人工芝グラウンド
総面積2万9000平方メートルにもおよぶ広大なグラウンドにはプロの公式戦でも多数使用されている最新の人工芝を全面に敷設しています。
●模擬法廷教室
実際の雰囲気さながらに模擬裁判を行うことができます。追尾カメラなどの最新設備も完備しています。
●35周年記念館
体育館アリーナ、小講堂、学生食堂、多目的スペース、トレーニングルームから、書店やコンビニ、理容室までそろっており、本学生の「憩いの場」となっています。

閉じる

学部

【2019年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2019年度実績】

入学金/270,000円 授業料/760,000円
施設・設備費/280,000円
その他/42,800円
合計/1,352,800円(全学部共通)

充実した奨学金制度で経済的に支援

学生生活を経済的にサポートするため、多数の奨学金制度があり、本学独自の「獨協大学一種奨学金(給付型)」は、返還不要の奨学金です。
新入生の出願者のうち、4割以上が本学独自の奨学金の受給者です(2018年度実績)。経済支援目的の奨学金として同規模の私立大学ではトップクラスの実績を維持しています。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2018年)

学生数、教員数

【学生数】8828人
【外国籍の学生数】159人
【教員数】506人
【外国籍の教員数】142人

昨年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 88人
1か月以上3か月未満 146人
6か月以上1年未満19人
1年以上66人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】3
【大学独自の奨学金】有
【奨学金給付人数】20人以下
【奨学金給付金額総額】500万円未満
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

留学プログラムについて

長期留学プログラム(交換・認定)

【留学先】アメリカ・ニューヨーク州、アメリカ・マサチューセッツ州、アメリカ・コネチカット州、アメリカ・カリフォルニア州、アメリカ・ハワイ州、アメリカ・その他の州、カナダ、メキシコ、中国、韓国、台湾、香港、オーストラリア、イギリス、アイルランド、ドイツ、フランス、スペイン、スイス、フィンランド、オーストリア、ブラジル、チリ、エストニア
【留学期間】その他
【対象人数】94
【留学開始時期】申請時期による
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】TOEFL iBT(61)、英検(準1級)、IELTS(5)、TOEFL ITP 500
【問い合わせ先】
URL:http://www.dokkyo.ac.jp/kokuse/kokuse03_02_j.html
部署:国際交流センター
電話番号:0489461918

短期留学プログラム(協定校・認定)

【留学先】アメリカ・ニューヨーク州、アメリカ・カリフォルニア州、アメリカ・その他の州、カナダ、メキシコ、中国、韓国、台湾、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、アイルランド、ドイツ、フランス、スペイン、マレーシア
【留学期間】その他
【対象人数】229
【留学開始時期】申請時期による
【奨学金】無
【単位認定】有
【応募資格】特になし
【問い合わせ先】
URL:http://www.dokkyo.ac.jp/kokuse/kokuse03_01_j.html
部署:国際交流センター
電話番号:0489461918

English for Global Business Program at UC Davis

【留学先】アメリカ・カリフォルニア州
【留学期間】1か月以上3か月未満
【対象人数】15
【留学開始時期】2019/08/01
【奨学金】無
【単位認定】有
【応募資格】TOEFL iBT(41)、TOEIC(530)、TOEIC IP(530)、IELTS(5)、TOEFL ITP 435
【問い合わせ先】
URL:http://www.dokkyo.ac.jp/kokuse/kokuse03_01_j.html
部署:国際交流センター
電話番号:0489461918

閉じる

住環境

敬和館
本学キャンパスの最寄り駅と大学の中間に位置し、どちらからも徒歩2、3分の場所にあります。
ワンルームタイプで、管理者が24時間常駐、IC付きキー、寮の入口はオートロックで防犯カメラを完備しています。

閉じる

クラブ・サークル活動

獨協大学にある公認クラブ・サークルは体育会、文化会、愛好会、合わせて123団体あります(2019年3月現在)。大学入学を機に初めて始めるクラブ・サークルに所属する学生も多くいます。

【2019年11月 雄飛祭(大学祭)開催】
詳細は本学ホームページでご確認ください。

体育会系クラブ

【部活動】
アーチェリー部、合氣道部、アメリカンフットボール部、空手道部、弓道部、剣道部、硬式庭球部、硬式野球部、ゴルフ部、サッカー部、山岳部、自転車部、柔道部、準硬式野球部、少林寺拳法部、スキー部、スケート部、ダイビング部、卓球部、チアリーディング部、軟式庭球部、軟式野球部、バスケットボール部、バドミントン部、バレーボール部、ハンドボール部、舞踏研究会、フライングディスク部、ボウリング部、ボクシング部、ユースホステリング部、ヨット部、ラグビー部、ラクロス部、陸上競技部、ワンダーフォーゲル部、馬術部(同好会)
【愛好会】
ローン・テニスサークル、スマッシュ・テニス愛好会、グリーンウッドテニスサークル、ドルフィンズ・テニスサークル、アップル・テニスサークル、ウィンディー・ラケットチーム(テニス)、ローラン・テニスチーム、サッカーサークル Ferse Fallen、DEF FC(フットサル)、ESPERANZA-UNITED(フットサル)、Keshikas(フットサル)、Elpayaso(フットサル)、FC RebeLde(サッカー・フットサル)、エカール基礎スキー愛好会、基礎スキー愛好会シュビンゲン、EVIAN(スノーボード)、ダンスフリースタイル、YERBA BUENA(フラメンコ)、ABORN(ダンス)、獨協シャークス(軟式野球)、Avengers(軟式野球)、ヨット愛好会ココナッツ、オータムレインズ・スイミングチーム、マリンスポーツサークル FLAT、バスケットボール愛好会ブレイカーズ、LYNX(バスケットボール)、アミティー・バドミントン愛好会、バレーボール愛好会ラディッシュ、獨協大学武道空手鷹鸇、Groovy Company(オールラウンド)

文化系クラブ

【部活動】
映画研究会、英語会(E.S.S.)、演劇研究会、管弦楽部、企業経営研究会、軽音楽部、広告研究会、国際親善倶楽部、古典ギター部、混声合唱部、茶華道部、写真部、将棋部、商業英語部、書道研究会、社会福祉研究会 (白鷺会)、聖書研究会、環境・国際団体Deco、点字・手話研究会「光の音」、ドイツ研究会、ドイツ語会話研究会、同時通訳研究会、美術部、文芸部、放送研究会、漫画研究会、マンドリンクラブ、モダンジャズ研究会、被服研究会(同好会)
【愛好会】
D. I. G. (軽音楽)、Singing Club(軽音楽)、New Folk Union(軽音楽)、MUSIC COMPANY WITH(軽音楽)、ピアノ・フォルテ・ソシエッテ(ピアノ)、OLFM(アカペラ)、HI-FIVE ROJECT(イベント)、LANKA(フェアトレード)、お笑いサークル ルナジリオ、ジャグリングサークル カクタス、April Year Project(イベント)、La Girafe(フランス文化研究)、SIESTA(ヨーロッパ文化研究)、アイドル研究会、韓国文化研究会Hana、グルメ研究会 merci、獨協大学UNI-BLOCKS(ボランティア)、ICPC Lab(情報処理)、現代□研(アニメ)、獨協能楽会、鉄道研究会、天文研究会、獨協模擬国連、ボードゲーム研究会、獨協かるた会

閉じる

大学院・併設の大学

それぞれに博士前期・後期課程を開設。高度な知識を持った専門家および研究者の育成をめざす

法学研究科
外国語学研究科
経済学研究科

閉じる

パンフ・願書

本学をよく知るためには、「大学案内」を取り寄せよう。大学案内には、学部・学科ごとの詳しいカリキュラム、在学生の学び方や将来の希望、キャンパスライフなど知りたい情報がのっています!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●埼玉県草加市学園町1-1
東京メトロ日比谷線・半蔵門線直通 東武スカイツリーライン「獨協大学前〈草加松原〉」駅西口より徒歩5分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒340-8585
埼玉県草加市学園町1-1
入試課

電話番号

(048)946-1900

URL

http://www.dokkyo.ac.jp

その他

【FAX】(048)943-1320

閉じる

みんなのQ&A

閲覧履歴に基づくオススメの大学

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ