×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

ちばこうぎょう

千葉工業大学

私立大学 千葉県

大学トップ

ここに注目
  • 工科系単科大学で最も歴史ある私立工業大学で最先端の技術を修得
  • 学びの環境が整う新習志野キャンパスで基礎を固める
  • 都心に近く駅前の津田沼キャンパスで最先端の設備を使って学ぶ

大学の特色

現存する国内最古の私立工業大学でグローバル社会を生き抜くための力と技術力を培う

千葉工業大学は、2020年、創立78周年を迎え、⼯科系単科⼤学で最も⻑い歴史を有します。欧米先進国に負けない工学教育を行う大学をつくり、日本だけではなくアジア全体の工業力を高めようという使命をもって創立されました。本学の設立趣意書には、「燃える愛国心と広く世界に知識を求める好学心とを兼備し、国家のみならずアジアを背負い世界文化に尽力する人物を養成する」と書かれています。この理想は「世界文化に技術で貢献する」という建学の精神として今日まで脈々と生き続けてきました。そして今では、工科系単科大学で最も長い歴史を有する私立工業大学として確固たる地位を築いています。
また本学は、日本の大学としていち早く約40年前から海外の著名大学との交流を盛んに行ってきました。この伝統を生かし、英語による授業やネイティブスピーカーといつでも会話ができるグローバルラウンジ、キャンパス内にある学生寮での海外の学生との交流など、キャンパスにいながら世界を身近に感じることができる空間が形成されています。創立以来常に世界と向き合い、人々のネットワークを築いてきた本学で国際社会を生き抜くための力と友情を培ってください。

閉じる

支援講座や学内企業説明会で学生をバックアップ

学内企業説明会には約750社の企業が参加するため希望の就職が実現できる

本学では、それぞれ希望に沿った職業に就けるよう、就職や資格につながる多彩な支援プログラムを設けています。特に、学内企業説明会や就職に向けた各種の講演会、企業セミナー、卒業生を招いて話を聞くOBOG懇談会など、就職関連のイベントが充実。支援講座は年間1309回行われたほか、学内企業説明会は年間146回開催(2018年実績)。また1年次からキャリア教育を必修化し、自分に向いている仕事や自分が何をしたいのか考える機会を多く設けています。

閉じる

アドミッションポリシー

高度な専門知識と豊かな教養で、世界に貢献する技術者をめざす

本学が求める学生

本学の建学の精神及び教育目標等に示す教育基本理念を理解し、本学の教育研究に強い関心を持ち、自らを向上させ技術者としての知識を身につけようとする意欲あふれる学生、高度な専門知識と豊かな教養を兼ね備えた技術者に成長できる資質を持った学生を求めています。
建学の精神
世界文化に技術で貢献する
教育目標
師弟同行、師弟共生の教育を以て、
・広く世界に知識を求める好学心を持つ人材の育成、
・自ら学び、自ら思索し創造する人材の育成、
・自由闊達、機智縦横な人材の育成、
・善隣及び協力をつくり上げていく人材の育成、
・高度な専門知識と豊かな教養を持つ、学理及び技術に優秀な人材の育成、
を目指す。

閉じる

教育環境

「はやぶさ2」の原寸大模型

先端技術を体感できる、東京スカイツリータウン(R)キャンパス

東京スカイツリータウン(R)の8階にあり、研究活動を通じて生まれた先端技術を応用した数々の体験型アトラクションを設置。ロボット技術や人工知能、惑星探査プロジェクトまで、本学が誇る科学技術を、一般公開しています。

閉じる

駅が目の前という抜群にアクセスのよい「津田沼キャンパス」の充実した施設で学びを深める

駅を出てまず目に飛び込んでくる高層の校舎は、1号館と2号館のツインタワーです。1号館・2号館とも地上20階、高さ約100メートルで、20階の展望ホールからは東京スカイツリー(R)などの絶景を見ることができます。それぞれ各学科の研究室や実験室、約600名収容できる大教室を設置しています。ほかにもコンピュータ演習室や図書館、自由にものづくりができる工作センターなど、研究活動と学生生活を支援する施設・設備が充実しています。

閉じる

自然に囲まれたアカデミックなキャンパス

1・2年次が学ぶ「新習志野キャンパス」では、リフレッシュできる施設も充実

幕張新都心にほど近い新習志野キャンパスには、広々とした敷地内に学びはもちろん、余暇の時間も充実させる設備が数多く配置されています。正門から正面に見える地上8階、高さ約43メートルの12号館には、東京湾や富士山が展望できるラウンジを備えた学生ホールがあります。そのほか、学生談話室、学生自由工作室、アスレチックジム、スカッシュコート、ミニバスケットやフリークライミングを楽しめるスペースや本格的なフットサル場・野球場・テニスコートなどがあり、学生たちに活用されています。

閉じる

学部

【2020年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2019年度実績】

全学部・全学科
入学金(入学時のみ)/250,000円
授業料(年額)※2回分納可/1,390,000円(2年次以降、授業料が毎年50,000円増となります)
学生共済会費、PPA会費、同窓会費/34,500円

多彩な各種奨学金

〈給付型〉(返済義務なし)
千葉工業大学家計急変奨学金
勉学意欲があるにもかかわらず、家計支持者の死亡・生別・失職・長期療養などにより経済的に困窮した学生に対し、選考のうえ、奨学金を給付します。
[対象]全学生
千葉工業大学経済的支援奨学金
勉学意欲があるにもかかわらず、経済的困窮により修学の継続が困難な学生に対し、選考のうえ、奨学金を給付します。
[対象]学部3・4年次、大学院2年次以上
千葉工業大学災害見舞奨学金
学生自身が居住している家屋または家計支持者が生活の本拠として居住している家屋が火災・風水害・地震などにより被災し、損害を受けた場合に見舞金を給付します。ただし、罹災証明書により証明できることが必要です。他の奨学金との併用が可能。
[対象]全学生
日本学生支援機構
経済的理由で修学に困難がある優秀な学生に対して奨学金を貸与します。
[給付額(月額)]
第I区分 自宅通学:38,300円 自宅外通学:75,800円
第II区分 自宅通学:25,600円 自宅外通学:50,600円
第III区分 自宅通学:12,800円 自宅外通学:25,300円
※対象者は最大で年額約700,000円の授業を料免除・減額を受けることができます。

〈貸与型〉(返済義務あり)
千葉工業大学 学生共済会 学生納付金貸与
学費支弁者が死亡・生別・失職あるいは病気や災害により高額出費があった場合に学費の一部を貸与します。
[貸与額]原則として当該学年次の学費相当額の2分の1。
千葉工業大学 大学院奨学金
大学院入学予定、または在学中の学生に対し、学費相当額を貸与します。
日本学生支援機構
経済的理由で修学に困難がある優秀な学生に対して奨学金を貸与します。
[貸与額(月額)]
第一種奨学金(無利子)
自宅通学:20,000円、30,000円、40,000円、54,000円から選択
自宅外通学:20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、64,000円から選択
第二種奨学金(有利子)
20,000円〜120,000円から選択(月額)

閉じる

住環境

新習志野・津田沼の両キャンパスとも、駅にほど近い便利な立地。周辺には、学生向けのマンションから比較的家賃の安いアパート、下宿・間借りなど、さまざまなタイプの物件があり生活環境も整っています。新習志野キャンパス内には男子寮、女子寮も設置。共に個室でエアコン・無線LANなどが完備されています。

閉じる

クラブ・サークル活動

本学の体育会には、個人から団体まで、多彩な競技内容の38団体が所属。文化会も、理工系専門分野から芸術・趣味系まで、幅広いジャンルの36団体が活動しています。同じ目標や趣味を持つ仲間とともに、好きなことをとことん追求して感動し合おう!

体育会系クラブ

合氣道部、躰道部、陸上競技部、二輪部、軟式庭球部、卓球部、少林寺拳法部、柔道部、射撃部、自動車部、山岳部、航空部、硬式野球部、硬式庭球部、剣道部、空手道部、弓道部、ラグビー部、よさこいソーラン風神部、フォークダンス部、ハンドボール部、バレーボール部、バドミントン部、バスケットボール部、サッカー部、サイクリング部、ゴルフ部、ウィンドサーフィン部、アメリカンフットボール部、應援團、第二テニス同好会、スキューバダイビング同好会、サバイバルゲーム同好会、水泳愛好会、ワンダーフォーゲル愛好会、フライングディスク愛好会、フットサル愛好会、ビーチバレーボール愛好会

文化系クラブ

囲碁部、演劇部、環境科学研究会、機械工学研究会、ギタークラブ、電子工学研究会、天文研究部、動画制作部、陶芸研究会、東洋学術研究会、美術部、フィッシャークラブ、生物部、機密ロボット工学研究会、総合工学研究会、ソフトメディア研究会、TRPG研究会、鉄道倶楽部、電気研究部、建築都市環境研究会、航空工学研究会、茶道部、自動車技術研究会、写真部、書道倶楽部、吹奏楽部、フォークソング研究会、フォトクラブ、放送研究部、マンガ研究会、民俗音楽研究会、軽音楽部、手芸倶楽部、将棋倶楽部、ゲームサークル、ハワイアンクラブ

閉じる

大学院・併設の大学

高度な専門知識を基に実践的な行動力と創造力を兼ね備えた高度専門技術者、研究者を養成

【修士課程】
●工学研究科/機械工学専攻、機械電子創成工学専攻、先端材料工学専攻、電気電子工学専攻、応用化学専攻、情報通信システム工学専攻
●先進工学研究科/未来ロボティクス専攻、知能メディア工学専攻、生命科学専攻
●創造工学研究科/建築学専攻、デザイン科学専攻、都市環境工学専攻
●情報科学研究科/情報科学専攻
●社会システム科学研究科/マネジメント工学専攻
【博士後期課程】
●工学研究科/工学専攻
●情報科学研究科/情報科学専攻
●社会システム科学研究科/マネジメント工学専攻

閉じる

パンフ・願書

本学をよく知るには、「大学案内」や「受験ガイド」を取り寄せましょう。学部・学科ごとの詳しいカリキュラム、在学生の体験談や、卒業生の社会での活躍、キャンパスライフや入試についてなど知りたい情報が載っています!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

津田沼キャンパス

●千葉県習志野市津田沼2-17-1
JR総武線「津田沼」駅南口駅前(「東京」駅から快速で28分)/新京成線「新津田沼」駅徒歩3分/京成本線「京成津田沼」駅徒歩10分(「京成上野」駅から快速で38分)

新習志野キャンパス

●千葉県習志野市芝園2-1-1
JR京葉線「新習志野」駅南口徒歩6分(「東京」駅から31分)/JR総武線「津田沼」駅南口下車し、京成バス「新習志野駅行」で「千葉工業大学入口(所要時間約15分)」下車徒歩3分

東京スカイツリータウン(R)キャンパス

●東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン(R)8階
東武スカイツリーライン、東京メトロ半蔵門線、都営浅草線、京成押上線「押上(スカイツリー前)」駅下車徒歩1分

閉じる

問い合わせ先

住所

千葉県習志野市津田沼2-17-1
入試広報課

電話番号

(047)478-0222(ダイヤルイン)

URL

https://www.it-chiba.ac.jp/

E-Mail

cit@it-chiba.ac.jp

その他

【FAX】(047)478-3344
【Facebook】www.facebook.com/ChibaInstituteOfTechnology
【Twitter】https://twitter.com/chibakoudai_cit

閉じる

みんなのQ&A

閲覧履歴に基づくオススメの大学

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ